みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

障害年金を貰いながら働いている人

障害年金を貰いながら働いている人について。知人にかなりいますが、聴覚障害1級の方車いすの方がいますが、みなさん正社員として働いています。
車も高価なものに乗っていてかなり裕福な暮らしをしているという噂を聞きました。
障害があって思うように働けなくて無職の人もたくさんいると思います。年金は生活を保護する一種だと思います。それなのに、障害年金を満額貰いながら上記のように正社員として働いている人達がいます。
労働が困難だからという条件があるのにかかわらず、矛盾しているなととても思います。
重度障害者であろうが正社員として働いているのだから障害年金を受給するのはどうかと思うのですが、私だけでしょうか?中には年金受給を隠してまで働いている人がいるとか・・

投稿日時 - 2017-02-14 20:51:46

QNo.9293860

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

「労働に著しい制限」がある場合でもその「制約の下に就労は可能」ですから、傷病手当金と雇用保険は併給調整はされます(傷病手当金は就労不能が支給要件)が厚生年金3級になると「就労可能とされる」為に雇用保険の受給期限延長が終了して併給可能になります。
車椅子生活でもデスクワークは可能ですから事務職内勤で働く事は可能です。この場合障害者手帳は1級(両下肢不随)でも年金は3級です。
2級になると「日常生活に著しい制限」がある為に、就労により症状軽快・等級改訂とされる可能性はありますが、就労により厚生年金の保険料納付をさせたいから診断書更新迄はそのまま就労可能です。
聴覚1級だと工場でも手作業は可能ですから違法ではありません。
因みに従業員の1.6%は障害者を「雇用しなければならない」との法的規制があり、寧ろ不足分を月額4万円強政府に納付している会社も多いです。聴覚1級だと2人分に換算される為会社に手帳のコピーを提出している筈です。

投稿日時 - 2017-02-15 14:28:28

ANo.1

企業は従業員の数パーセントは障害者を雇用しなくてはいけないので会社の義務です。

投稿日時 - 2017-02-14 21:10:41

あなたにオススメの質問