みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

減価償却費について

個人事業主です。
店舗併用住宅を新築した場合の「減価償却費」について、初歩的な質問をさせていただきます。
現在は家賃を按分して経費に計上してますが、いずれ親と同居する住宅を建てて住む予定でして、それ以降は家賃が発生しない代わりに「減価償却」なるものがあると聞き、調べてるところです。

建築費用はすべて自己資金(自分の貯蓄と親の負担)で賄います。
仮に店舗(仕事場)部分面積を30%、共有持ち分を50%とした場合の減価償却費は、
建物の取得価額の30%で計算し、得られた金額(減価償却費)の内50%(自分の持ち分割合)が実際に経費に計上できる部分、と考えてよろしいでしょうか?

投稿日時 - 2017-02-11 04:05:48

QNo.9292463

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.2です。

減価償却費、固定資産税とも 30%可能です。
また、火災保険(掛け捨て部分)があれば、
火災保険も同じですね。

今回は自己資金のようですが、
ローンがあれば、支払利息も同じです。

投稿日時 - 2017-02-13 07:38:17

お礼

ご丁寧にありがとうございました。

投稿日時 - 2017-02-13 11:09:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

2世帯分離型の家なら そうですかね。
サザエさんのような同居の場合は違いますよ。
建物全体を減価償却して、事業割合を掛けるだけです。

同居している親族は、特に反証がなければ「生計を一にする」ものとして扱います。
生計を一にする親族との関係では、
(1)家賃などを払っても、経費にならない
(2)そのかわり、減価償却費や固定資産税などは経費に算入する
となっています。


【参考】
http://www.cs-useful.com/keiri/003700.html

投稿日時 - 2017-02-11 16:06:48

お礼

回答ありがとうございます。

>2世帯分離型の家なら そうですかね。
サザエさんのような同居の場合は違いますよ。
建物全体を減価償却して、事業割合を掛けるだけです。<

あくまでも同居です。(生計を一にする)
建物の建築費負担割合とは無関係なんですね。
つまり事例の場合ですと、減価償却の3割を経費に算入で良いと・・。
「生計を共にする親」が建てた家で同居することになり(あるいは同居しなくても)自分がそこで事業を営む場合は「減価償却」として計上可能で、
その他にも「親が収めてる」固定資産税も、そのうち3割(按分)を自分が営む事業の経費に算入可能、ということですね?

投稿日時 - 2017-02-13 05:35:37

ANo.1

それでよいです。

投稿日時 - 2017-02-11 15:33:33

お礼

回答ありがとうございます。

どうやら持ち分割合は関係なさそうで、100%親の家であってもそこで事業を営む場合には、その割合に応じた「減価償却」が可能のようです・・。
また親が収めてる固定資産税も一定割合で経費とみなすことが可能だとわかりました。(その理屈がいまひとつ理解できませんが・・)
その代わり、単に家賃を収めたところで経費にはならないと・・。

投稿日時 - 2017-02-13 05:41:55

あなたにオススメの質問