こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

快楽と幸福は違うということ

他の質問にて「快楽と幸福は違う」という文言を回答文にていただきまして、少し考えました。

別の質問にて今後の目標として挙げたことを、この観点でもう一度冷静に振り返ります。

1、地方転勤となったので、生誕の地である東京か、育ちの地である横浜に返り咲く。

これは快楽でしょうか。
快楽というか見栄のようなものかもしれません。
地元には両親はいますが、両親以外に、帰りを待ってくれる者がいないのであれば、それは快楽でしょうか?
仮にfacebookで「東京転勤となりました!そして10年ぶりに横浜市民になります!」とか投稿したら、多分5人くらいは「いいね」押してくれると思いますよ。
でも「じゃあ記念に飲むか!」とか誘ってくれる人がいないのであれば、それは幸福ではないということでしょうか。

2猫を飼いたいということ。

ペットを飼ったことがなく、また猫が好きなので飼いたいと思っています。
これも快楽でしょうか。

3 人生を賭けてファン活動を行っている歌手がおり、全国を飛び回ってライブに参加する。
また、それに伴い全国を旅行し観光地や食事を楽しむ。

これも快楽でしょうか?
でもその活動を通じてその場だけとはいえ交流が生まれたり、会社の女性に顔が売れたというエピソードはあります。

例えば、ライブにおいて隣の女性が向こうから肩を組んでくれたり、ライブが終わった後に演出のテープを複数本もっていたところ、若い女性から「下さいませんか?」と声をかけてもらえたこと。
あるいはチケットを所有していない状態でうろついていたところ、「今日のライブ一緒にいきませんか?」と大体同い年の男性から声をかけてもらったことなど。
また会社の女性に「私もその歌手が好きで、ライブにいきました」と連絡をもらい、話の種になったこともあります。

これは、半分くらいは幸福なのではないでしょうか?
継続的な付き合いは全くありませんが・・・。
幸福を求めるなら、この路線なら芽がありそうですか?

各地の美味しいものを食べるというのは、一人で食べているなら快楽、家族や友人などと食べているなら幸福ということですかね。

4 株の配当金や優待を充実させて、会社とは別の収入源を持つこと。
これも快楽でしょうか。

5、あと、できるだけ高性能のPCが欲しいと思います。
これも快楽ですかね。

まとめると、一人でやっている限りは、食事だろうが旅行だろうが、それが快楽に過ぎないということですかね?

しかし、30歳になるまでそうやってきた人が、今あるものを最大限に活かして幸福につなげるには、どうすれば良いでしょうか?

やはりファン活動の路線しかないのかなとか思います。
私もファンですと女性から言われるのは、やはり嬉しいものです。

ご意見お待ちしております。

投稿日時 - 2017-02-08 23:51:44

QNo.9291608

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

快楽は途中経過でしかない。何事も快楽だけではない。時には苦痛を感じることも多い。その苦痛でさえも時に幸福感を感じることがある。人は理由を求める。それに明確な答えなど無く何故幸福になれなかったのか?どこで間違ったのか?そのうち自分の考えていた幸福というものの概念を曲げる。ひどい一日でも、コンビニで綺麗な女性を見かけるとそのことに少し幸福を感じるが、順調な日はそれを幸運と感じる。一人で気ままに美味しい物を食べる。それを幸福ととる時もあるし、友人達と楽しく食事しているのをみて孤独を感じて不幸に感じるときもある。自分の嫌いな人の不幸を幸福だとは思わない。それこそ快感といえるかもしれない。そこには自分を誇れる物は全くない。

副収入やパソコンなどを手に入れる為に自分が頑張ったこと、自分で誇れる時に幸福を感じる
と思う。抽象的で申し訳いないけれど幸福とは求める物ではなく、妥協であろうと自分を褒めれる時に感じる物ではないでしょうか?

投稿日時 - 2017-02-09 01:21:04

お礼

自尊心を高められるよう頑張ります。
ありがとうございました

投稿日時 - 2017-02-09 23:17:14

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

快楽というのは一時的なモノですが、幸福、という
のは永続的なモノをいいます。
これは心理学の用語ですが。

美味しいモノを食べて幸せ♪
これは快楽です。
一時的なモノに過ぎないからです。

人生において、おれは満足している。
これが幸福です。
永続的だからです。

人間、独りでは幸せになれない(エーリッヒフロム)
これは幸福の問題です。



一人でやっている限りは、食事だろうが旅行だろうが、
それが快楽に過ぎないということですかね?
   ↑
独りかどうかではなく、永続性があるか否か
だと思います。
食事を極めれば、幸福に繋がるでしょう。



30歳になるまでそうやってきた人が、今あるものを最大限に
活かして幸福につなげるには、どうすれば良いでしょうか?
   ↑
どんな道でも極めてしまえば、幸福に
繋がると思いますよ。
70歳ぐらいになって、俺の人生、満足だ、と
言えるモノであれば幸福でしょう。

ワタシ的には、追っかけが、そうした人生の満足に
繋がるとは思えませんが。

投稿日時 - 2017-02-09 12:27:11

お礼

追っかけそのものが目的ではなく、それを通じて旅行、グルメ、土地勘をつけること、そういったことを会得したいと思っているのです。
ありがとうございました

投稿日時 - 2017-02-09 23:14:44

ANo.4

ご質問者さんが挙げているのが、目標で、そこまでの具体的な実現可能なステップがあり、いま、実行に着手しているのか、
それとも単に考えているだけなのか、
によります。
どちらも夢とよぶことがありますが、後者だと、単にそれを思い描くときに得られる快楽を求めているだけとなります。

例えば株式優待の話。
具体的にどの会社の株を何株持てばどういう優待が得られるかを、何社くらい調べました?
この2月が優待の権利月の株も多いですが、ひとつは買われました?
今いくつ持っています?

私はご質問者さんほど大それた夢は持たないので、20歳代では8社くらいしか持てませんでした。
10万円切って買えるものもありますし、半年で数千円くらいの価値のある優待は多いので、少しでも早く手に入れないとモトがとりにくくなりますよ。

計画のない夢、計画しても絵空事で着手していない夢は、快楽のためなんじゃないかなぁ。
快楽のためでないなら、との株を買うかなどの相談を周りの人やことサイトでしてると思うんですよね。
その気配が他の夢を含めてないみたいなので、快楽と思われるんじゃないかと。

描かない漫画家 って漫画家あるんだけど、その主人公に近いかもって思われてるかも。

投稿日時 - 2017-02-09 09:11:09

お礼

具体的に追求していきたいと思います。
ありがとうございました

投稿日時 - 2017-02-09 23:15:29

ANo.3

わが身の安全を感じることが幸福なのでは。幸福かどうかを考えるのは、たとえ幸福の状態にあっても、もう幸福ではない。

投稿日時 - 2017-02-09 04:37:32

お礼

深いですね。ありがとうございました

投稿日時 - 2017-02-09 23:15:48

ANo.2

快楽の解釈があまりにも広範囲すぎ。
確かに煩悩の中には様々な快楽があるけれど、自分の希望が叶ったことが「快楽」だとするのか?単にちょっと良い事があったとするのかは、人によって違うと思う。
もっとも私的に考えたらそれは「快楽」ではないと思う。
同じく幸福もそういう点で究極に考えたら、全て幸福であるし幸福だと認定するには至らないものまで入っているように思う。
もう少し語彙を増やせば、もっと自分の心境を丁寧に的確な言葉で表現できて、尚且つそれが今後の生活に生かしていけるのであれば、そこに意味はあると思う。

30歳なんてまだまだ。これ60過ぎてもまだ!っていう人だっているんだからね。
30代はまだ素材集めの段階だと思う。だからこれで快楽だとかこれで幸福だとか満足してしまわない方が、先があると思う。

日々のちょっとうれしい事・・・・がいろいろな快楽や幸福につながると思うの。
しかもなんとなく「快楽」っていうのとは違うように思えてきている。

地元ラブなのは分かったけれど、その狭い範囲でなければ自分が快楽を得られず幸福度が少ないと感じているのならば、考え直すべきでは?
新天地で新たな人脈や新たな自分の能力の発見が出来て、そこが終の棲み処になるというのであれば、まだ話は先に進めることが出来ると思う。

結局は井の中の蛙大海を知らずなんだと思うよ。

投稿日時 - 2017-02-09 01:51:54

お礼

今の住所は寒いですからね~。広島とかだったらまだ良かったんですが。。
ありがとうございました

投稿日時 - 2017-02-09 23:16:49

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-