みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

荒川静香はなぜ金メダルを取ったのでしょうか

荒川静香はなぜ2006年トリノオリンピックで、金メダルを取ったのでしょうか。
真面目な質問ですので、茶化したりしないで回答してください。

投稿日時 - 2017-01-13 17:26:04

QNo.9280748

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

トリノオリンピック時の,金メダル候補の,女子シングルの選手は,ロシアのスルツカヤ(ツルスカヤ?)選手だったようですが,フリーの演技で,ジャンプが不調で,精彩を欠いたようで,日本の荒川静香さんが,『トゥーランドット(姫)』という,開催国イタリアの作曲家の,有名なオペラ音楽を使用した,華麗な衣装や,華麗な,音楽にあったゆったりとした演技などで,観客を魅了し,開催国の観客や拍手などを,味方につけた形で,優勝したようです..当時は,現在のフィギュアスケート界のように,三回転-三回転や,トリプルアクセルなどの,難易度の高いジャンプを,演技中に,多く跳ぶことなどは,あまり主流ではなく,ミスが無く,音楽にあった,表現力のある演技をした,荒川静香さんに,審判員の評価が集まり,得点が伸び,後に滑った,日本の村主章枝選手も,頑張りましたが,インパクトなどが劣ったのか,得点が伸びず,四位となったようです..やはり,開催国を意識した音楽にあった,華麗な衣装や演技などが,観客の称賛を呼んだように思えます..それ以降,しばらくは,荒川静香さんのような,優雅な表現力を有したフィギュアスケート選手が,女子シングルでは,人気を博し,バンクーバーオリンピックまでは,どちらかというと,難しいジャンプの連続技よりは,ミスが無く,表現力のある,完璧な演技が,評価されていたのか,難しいジャンプ構成などでは,なかったものの,完璧な演技を見せた,韓国のキム(金)=ヨナ(妍兒)選手が,優勝し,男子シングルでも,難しい四回転ジャンプなどを跳ばない選手が,優勝しました..しかし,バンクーバーオリンピック以降は,フィギュアスケート王国の一角を占める,ロシアの若手選手の台頭や,全体的なジャンプの難易度の上昇などにより,以前の金メダリストだったキム=ヨナ選手自体の,ジャンプの難易度や,柔軟性などの低下などもあり,ロシアの若手の,躍動感のある選手が,ソチオリンピックでは,優勝したようです..羽生選手の場合は,フリーの演技では,ジャンプに,転倒などのミスは,多かったものの,もともとの,ジャンプの難易度などが高かった為,イナバウアーは,余興のような感じでしたが,優勝しました..イナバウアーの技は,長洲未來選手など,たくさんの選手が,取り入れるようになったようです..トゥーランドットの音楽や,浅田真央さんの使用した曲なども,よく使われていますね‥

投稿日時 - 2017-02-10 14:00:26

ANo.5

旧採点方式の王者の意地でした。
採点方法が変わり、かつての世界王者荒川静香は代表落ちするところでした。
しかし、浅田真央は年齢制限で選出できず、運も味方して代表に入れました。
オリンピックでは、ライバルが転んだことも金メダルの要因です。
荒川自身は、旧採点方式で評価されていたイナバウアーが、新採点方式では得点にならないので、どうするか悩み意地でやっていたが、モロゾフコーチがジャンプの前にやることでジャンプの得点UPに使えると発見したことにより、再び荒川の必殺技に復活したのが大きいです。
そして、奇しくもその技を真似た、キムヨナがイナバウアーを披露して浅田真央に勝ったのも象徴的です。
その後、またしても羽生結弦もイナバウアーで金メダルを取りました。
http://news.livedoor.com/article/detail/8650833/

投稿日時 - 2017-01-14 10:23:47

ANo.4

ライバルの成績が伸びなかった。
もちろん荒川さんが最高の演技をして1番になったのですが、真央ちゃんのように良くてもライバルも最高の演技をしていたらどうなっていたか?

投稿日時 - 2017-01-13 23:05:54

ANo.3

圧倒的な技術力、表現力、ジャンプの成功率じゃないですか。

投稿日時 - 2017-01-13 18:00:19

ANo.2

渡部絵美や伊藤みどり、浅田真央などは、どちらかと言えば、難易度の高いジャンプ主体のスタイルであるのに対して、荒川静香の時代には、卓越したジャンパー不在ということもあり、華麗で表情豊かなスケートがスポットライトを浴びたのだと思いますよ。

かつて、ジャネット・リンが銀盤の妖精と呼ばれた時は、どんな状況であっても笑顔を絶さなかったことが、彼女の技術以上に評価され、人気の的になったことを覚えていますが、イナバウアーを武器に戦った荒川静香のスケートは、迫力こそ、ジャンパーにはかなわないものの、その完成度には、浅田真央に勝るとも劣らないものを感じたことを覚えています。

多分、ジャンプ主体のスケートとは、全く異質のスケートスタイルであり、芸術点に訴える性格のスケートだったのではないですか?

つまり、荒川静香と浅田真央のスケートは、全く違うものであり、競技会という現実を除けば、本来、比較対象には、ならないのかもしれませんね。

投稿日時 - 2017-01-13 17:57:16

ANo.1

WDY

>茶化したりしないで回答してください。
そう思うのであればちゃんと質問しましょう

がんばって練習し実力が付けばいろいろな舞台で試したいと思うのは普通だと思います。

投稿日時 - 2017-01-13 17:47:03

あなたにオススメの質問