みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

医療保険の仕組みについて

本来はアクチュアリーの方にお聞きすることと思いますが、
ご回答頂ければ幸いです。

医療保険のことについてお聞きしたいことがございます。

保険に加入する際、保険会社からは健康状態の確認や健康診断書の
提出を要求されます。
ですが、毎年ではなく、加入する際のみ確認し、それ以降肥満や要検査の
状態になったとしても申告する必要はないことになっています。
肥満になれば、糖尿病になり易くなったり、成人病の原因になることは
随分と知られています。
会社員であれば、毎年健康診断を行ってもらえるため、健康診断書を提出する
ことは問題はありません。

現在ですと、健康を維持している人と健康状態が悪化している人が
同額の医療保険料を払っています。

そこでお聞きしたいのですが、保険料の計算には被保険者の毎年の健康状態
を考えることはないのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2016-12-31 23:04:06

QNo.9275470

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

終身の医療保険に30歳の健康な男性が契約をしたとします。
保険会社は、どうして、契約後の、その男性の健康状態に
関心がないのか? 情報を集めようとしないのか?
というご質問だと思います。

それは、「30歳の健康な男性の全員」が死ぬまでの間に、
何日入院するか、何日通院するか、何回手術をするか
ということを計算するからです。
もちろん、30歳の健康な男性の全員が契約してくれるはずが
ありませんが、多数の契約を取れれば、男性全員の計算結果と
契約者の計算結果がイコールになります。
ですから、個々の契約者のその後の健康状態というのは、
すでに「全体として」計算上は織り込まれているのです。
だから、個別の問題には、関心がないのです。

投稿日時 - 2017-01-05 08:25:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

NO3 訂正です
現在生保会社全体では、収入保険料に対しての経費
(事業費)の割合は、14%程度だそうです
*生保協会調査によります
http://www.dir.co.jp/research/report/capital-mkt/20140227_008274.pdf

投稿日時 - 2017-01-05 12:14:27

ANo.3

毎年の健康状態を確認するとして
書類を利用するとして、問題は多数あります
(1)かんぽ生命の保有件数は、3.200万件あります。  
 往復の封書切手代金 82円×2×3.200万件
 なんと、毎年 52億4800万円かかります
 生保の管理費用(事務所費用・職員報酬・その他運営費)は
 保険料収入の10%程度に過ぎません。
 どこからねん出するのでしょうか?
(2)対費用効果は別として、毎年の健康状態の告知は被保険者の
 申告です、非常に自己勝手な内容で不正確です。
 生保会社は、契約者間の平等をモットーとしています
 告知が正確かどうかを1件・1件確認しないといけません
 1件あたり何万円もかかります、対費用効果としても問題です。
他の回答者が答えているように、加入時の被保険者のなかで
加入後何年以内に入院、死亡し、満期を迎えるかは、厚労省などや
生保会社の過去何十年のデーターで、ほぼ正確に予測できます。
一人ひとりの事情は変わりますが、何万人、何十万人が集まれば
ほぼ、一定の数字を示します。(大数の法則)。生保の基本です。

投稿日時 - 2017-01-05 12:11:11

ANo.1

こんにちは
その考えも一理ありますよね。
しかし、保険の大元の考え方は相互扶助でそのいわば胴元のような存在が保険会社と考えると払えなくなる事態は避けなければならず、あまりコストのかかる方法は保険会社の経営を圧迫します。
毎年の健康状態で保険料が変わるのでは契約者も大変ですし、そもそも健康診断を受けてない人もいる訳なので、ある程度現状のままでいくのではないでしょうか。 最初の入口の告知である程度標準と条件付きを選別し、間違った告知にペナルティーを与える現在の形が良いのではないでしょうか。
例えば国民共済や県民共済も20代と50代では本来病気や死亡のリスクが全く違いますが、それでも60歳や65歳までは同じ保障で同じ料金です。

投稿日時 - 2017-01-03 09:54:20

お礼

ご回答して頂きましてありがとうございます。

個人的には、大手保険会社の保険には「積立金」という、人のお金で勝手に貯金をしているものがあるので、毎月100円位割り引く制度でも計算が可能と思っています。
ジムに行ったりランニングをする努力が少しでも報われるのであれば、健康になる人が増えるのではないかと思っています。

現在、そのために個人的にアプリを作成しておりまして、完成しましたらネット生保にでも当たってみようと考えております。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2017-01-03 11:38:43

あなたにオススメの質問