こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

名古屋の社寺

前の、バスの質問に続き
名古屋で、ここは行っておけってオススメありますか?
熱田神宮の次郎太刀展示で名古屋に行きます。後。徳川美術館と、大須観音は行く予定です。(美術館入れるとあんまり回れませんかね~)

因みに12時前に到着して、帰りのバスが16時半なので時間的に行けるところは限られると思いますが…

後、オススメのご飯屋さんも有ればよろしくお願い致します

投稿日時 - 2016-12-24 15:22:45

QNo.9272437

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

移動時間を考えると大須観音も難しいのではないかと思いました。

4時間30分ですが 移動時間で1時間30分ぐらいかかりそうです。それに徳川美術館や熱田さんの展示物を見る時間がありますので食事の時間も削るような感じになるのではないかと思います。
 熱田さんからはJRないし名鉄が近く、電車に乗れば10分ほどで名古屋駅ですので最後が良いかと思います。
 名古屋駅のバスセンターとすれば新幹線口からすぐ下の地下街エスカには名古屋飯の店がひと通りあります。

投稿日時 - 2017-01-03 11:47:21

こんばんは!
先日の「名古屋人」です。「日泰寺」は一応「日本で唯一の『仏教超宗派』の寺院」、
「釈尊の遺骨がある日本唯一の寺院」と「自称」しています。日本の皇室、タイの王室とも
縁が深く、先日のラーマ9世プミポン国王崩御の際は大変な騒ぎでした。
また、あなたが法華講の方なら岩倉市の興道寺様に行かれるといいでしょう。
興道寺様はたしか「尾張の三道寺」と云われた正宗寺院です。有名な「尾張法難」の記録も
残っています。またいろんな話しを聞きなりたいのなら西区の妙道寺事務所へお伺いするのをオススメします。御住職の高橋粛道御尊師は「御宗門で五本の指に入る論客」です。

投稿日時 - 2016-12-27 00:42:50

こんばんは!
小生、「生まれも育ちも『名古屋』です。
おっしゃった時間配分だと難しいですねぇー‥‥。
「名古屋」と云う町はもともと「観光都市」でないので、「見るべきもの」が「ない」
んです。あえて云うと池下の「古川美術館」、市役所の「市政資料館」ぐらいです。
‥‥あとは「日泰寺」ぐらいですぇー‥‥。
お役にたてずに申し訳ありません。

投稿日時 - 2016-12-26 18:00:29

ANo.2

滞在時間4時間半ですよね、もう少しほしいような気もしますが・・・
熱田神宮と大須観音はともに地下鉄沿線で、駅のすぐ横にある上に案内板も充実してると思うので問題ないのですが問題は徳川美術館ですね、地下鉄だと名城線となるのですが駅から歩くと1Km 以上ある上にあの辺りは名古屋では珍しく道路が東西南北の碁盤の目になっていなくて一旦迷うととんでもない場所に行ってしまいます、その上、駅から近道を行こうとすると(有料の)徳川園という公園の中を通ることになります、いっそのこと地下鉄名城線を「市役所」で降りて道路の中央のバスレーンを走る基幹バスに乗り換えて「徳川園・新出来」で降りた方が早くて確実かもしれません。
各訪問場所でどれぐらいの時間を確保するかのい問題もあるのですができれば大須観音を外した方がいいような気がします、理由としては
1.観音様をお参りして終わり(別に特別な展示等はなかった覚えです)
2.名古屋名物になりつつある大須の商店街を散策するとそれだけでかなりの時間を浪費してしまう
3.地下鉄での移動となると思いますが、途中で乗り換えが発生するので時間的なロスが発生します

ほかの方が挙げられている名古屋城の本丸御殿の再建現場もいいですよ、現在二期工事までが終わって公開中です、うまくスケジュールが合えば三期工事の建築現場も見学できます、私は再建済の御殿よりも工事中の現場を見る方が好きです、場所は地下鉄市役所駅から徒歩10分?です。

投稿日時 - 2016-12-24 17:13:39

ANo.1

時期的には、名古屋城なんてよいのではないでしょうか?
現在は本殿を復元するプロジェクトが始まっていますので、その様子を見ることが出来るかと思います。場所はちょうど大須観音からは北に、徳川美術館からは西に行ったところにありますので、回るルートとしてもちょうどいいかもしれません。

徳川美術館はそこまで広くないのですが歴史的資料が多いので時間がかかる人は非常にかかると思います。熱田神宮、大須観音は距離が近いですが、徳川美術館は少し離れるので、朝から夕方まで回るだけの時間が必要になるかもしれません。

社寺であれば熱田神宮・大須観音以外に一か所おすすめの場所がなくはないのですが、名古屋市の西の方でかなり離れており、さらに交通の便もよくないので名前だけ挙げておきます。
七所社:日本武尊が腰をかけたと伝わる腰掛岩があります。

投稿日時 - 2016-12-24 16:57:05

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-