みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

トランプ、「一つの中国」に縛られず

トランプ次期大統領が台湾国の蔡英文総統と電話会談したことに対し中国が反発してましたが、これに関連しトランプはTV番組内で「一つの中国」にとらわれず政策を進める考えを示しました。

■ 「一つの中国」に縛られず=貿易や外交政策次第
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016121200013&g=int
・中国本土と台湾は不可分の領土だとする「一つの中国」原則を米国が維持していくかは、中国の貿易や外交政策次第だと述べた。
・「貿易関係などで合意が得られなければ、なぜ『一つの中国』に縛られないといけないのか」と疑問を呈した。
・為替操作、南シナ海の大規模軍事施設建設、北朝鮮への対応の点で中国には問題がある。
・蔡英文総統と電話会談については、電話を取らないのは失礼だとした。

このトランプの談についてどう思いますか。
電話会談以後、米国内の一部に「台湾カードを中国との取引材料にするのは極めて危険だ」との論調が出てましたが、トランプはこの危険性を熟知してるのでしょうかね。本人は「一つの中国」問題については熟知していると言ってますが。
沖縄海兵隊の目的の一つが「台湾紛争に備える」というものですが、台湾紛争発生時には沖縄米軍基地がミサイル攻撃されますか。

ちなみにこれらは難しい問題なので、
1、 分からない。
という回答でも結構です。参考にします。

投稿日時 - 2016-12-12 15:31:32

QNo.9267320

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

今回のインタビュー談話はタイミング的に言うと、少し前の台湾総統・蔡英文氏との電話での会話の後、一悶着ありそれが一段落してからなので、改めて台湾を交渉カードに使えると思った可能性がありますね。恐らく最初の電話の時には深く考えなかった。ところが騒ぎが大きくなっていろいろ勉強した。結果利用できると感じた。
表面的には、新台湾、南シナ海での中国の動きの牽制など、台湾、日本に取って好ましいようにも見えますが、トランプ氏の深い信念からの発言でもなさそうなので、中国との経済・貿易
の話の行く末によってはころっと態度を帰る可能性貼りますね。その意味では台湾はどう動くかわからない人の手の上で転がされているようで気持ち悪いでしょうね。

中国が今後どう動くかですが、可能性としては台湾に対する軍事圧力をかけるようなことはありうると思います。ここまで独立主義として警戒してきた蔡英文体制に対して、軍事行動に出てこなかったのは南シナ海の件を決着する必要があり他国の理解を得ておく必要があったからでしょう。そこにトランプ氏の今回の発言はちょうどよい理由を与えたことにもなります。
ただ、もともとアメリカのミッションは台湾有事の際には何らかのアクションを考えているはずで、中国も過激な行動には出ないでしょう。
それに付随して考えられることは、トランプ氏の東アジア戦略の強化。地理的には沖縄。そして日本に対しての費用負担要求の実施。南シナ海の作戦も強化する可能性が高いですね。そして、同盟国としての日本の積極的役割の要求。

あんまり良いことは想像できません。何か起こりそうで日本としても受け身の対応は避けたいところですね。

投稿日時 - 2016-12-12 16:27:43

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-12-18 08:27:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問