みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

第2種電気工事士に出来る事

私は第2種電気工事士の免許を持っています。
キュービクルの入ったマンションや事業所の工事は変圧後もやってはいけないのでしょうか?
普通にお部屋の100vコンセント増設や機器の設置など当たり前にやっていました。
電気工事工事士の資格で作業ができる範囲が決まっていたと思いますが、
その範囲は何処で別れるのでしょうか?
6600vで受電していても変圧後は第2種電気工事士でも仕事して良いとしたら、
電気工事士免許で範囲を決めているのは、キュービクル内の作業なのでしょうか?
教えてください。

投稿日時 - 2016-11-20 13:22:05

QNo.9258014

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

定義によれば 二種電気工事士の、作業ができる一般用電気工作物とは、
主に一般住宅や小規模な店舗、事業所などのように電気事業者から低圧(600ボルト以下)の電圧で受電している場所等の電気工作物をいいます
 
一般の家庭での、200v100vの工事は問題無く 可能です
一般の団地 アパートに設置されているキュービクル内の
低圧側の工事も問題無いと 理解していますが
遮断機 開閉器を開放する必要も有ると思いますので
キュービクルを管理している、電気主任技術者等に確認をおすすめします

投稿日時 - 2016-11-20 17:43:08

お礼

回答ありがとうございました。
キュービクルを管理する電気主任技術者に確認取らなければ、作業はやはり無理なのでしょうか?
やはり事故等の問題が起きた時にその過程は必要なのでしょうね。

投稿日時 - 2016-11-20 21:00:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

電子工学・電気工学・変圧機器全般製作・情報工学・ドローン・ヘリコプター・・

投稿日時 - 2016-11-20 22:03:53

あなたにオススメの質問