こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ブレーキとアクセル踏み間違い?

車の事故でブレーキとアクセルを踏み間違えたという事故がありますが、
本当に踏み間違えるのでしょうか?
高齢者だから?尋常じゃなく焦っていたから?

通常、右足はアクセルを踏んでいて何かあるとブレーキに移動しますよね。
手前に足をおいていて左か右か間違えたというのではないでしょう?

30年も運転していますが、信じられません。

投稿日時 - 2016-11-20 09:37:55

QNo.9257942

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ブレーキを踏まなければいけない状況なのに、(実際はアクセルを踏んでいるのに)踏んだのがブレーキと思い込んでいるということでしょう。
通常でも、思い込みとか判断が鈍るとか正しいこと、間違っていることの理解能力が落ちることで、焦っているとそういう部分が助長されて咄嗟の判断が出来ないんだと思います。
>右足はアクセルを踏んでいて何かあるとブレーキに移動しますよね
それは常人の考えであって、上述の高齢者がそういう状況になった時には当てはまりません。

投稿日時 - 2016-11-20 09:48:39

お礼

思い込み、判断、理解能力、焦り、。。。ですか。
そういうふうな人は免許を持つ資格はないですね。

投稿日時 - 2016-11-20 09:52:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

シートとペダルの位置関係が車種によって異なる事は意外と知られていません

特にセダンとミニバンなど車のタイプが異なるとペダルの位置が変わってきます

ミニバンやワンボックスなどはセダンに比べてタイヤハウスの室内への張り出しが大きく、ペダル全体が車体中心にオフセットされています

極端に言えばセダンでのブレーキペダルの位置はミニバンやワンボックスではアクセルペダルの位置だったりします

こんな感じで、体に染み付いた感覚でペダルを踏むと踏み間違いや踏みそこないを起こす事も有ります

特に車を買い替えた直後は踏み間違いの注意が必要です

投稿日時 - 2016-11-20 10:11:46

ANo.6

高齢者だからと片付けてしまうと、簡単に解決するからでしょう。
しかし、高齢者ではなくても踏み違いを起こしています。
そんなに単純な問題ではないと思います。
   
私は一度病院内の駐車場で軽トラックが暴走して、次々と駐車車両に衝突しているところを見ました。幸いけが人はいませんでした。
少し向こうの方でキーというブレーキの音、ドンというぶつかる音、エンジンの空ぶかしの音が交互にしていました。
行ってみると軽トラックが前進、後退を繰り返し駐車車両に次々ぶつかっていました。
運転していたのは確かに高齢の男性でしたが「ブレーキが利かない」と叫んでいました。
多分アクセルをブレーキと勘違いして思いっきり踏みつけ、それでも何とかしようとギヤを前進、後退と切り換えていたのでしょう。
    
一旦ブレーキだと思ってアクセルを踏み、挙動がおかしくなるとパニックを起こして更にアクセルを踏み続けるのではないかと思います。
きっかけはともかく、パニックになれば誰でも起こす思い込みです。

投稿日時 - 2016-11-20 10:11:11

ANo.5

餅を喉に詰まらせて、飲み込めない。
飲み込む為の筋力がない。

僅かな段差に躓いて転ぶ。
1~2cmだけ、普通に足を持ち上げることができない。意識して筋力を使わなければならない。

ブレーキとアクセルを踏み間違える。
つま先を右から左へ移動するだけの事。

高齢者は、それまで無意識にこなしていた行動が、徐々に意識しなければできなくなってしまう。

つま先の移動は、ブレーキとアクセルの位置の確認という学習がありますが、飲み込む動作に学習も前提もない。

学習や前提のない本能に近い行動すら危ぶまれる状況からは、高齢者によっては、ブレーキとアクセル、案外、意識と連動する筈の運動との間に大きな開きがあるのかもしれませんよ。

つまり、脳の指令に筋力が従えない。或いは、脳の指令が届かない。さらには、認知症などを含めて、脳が指令自体しない。

一部の高齢者には、あり得るということでしょうね。

投稿日時 - 2016-11-20 10:03:15

ANo.4

高齢者だから、が一番合っていると思います。

それと、女性だから、もありうる。

後ろをみようとしたり、横に注意をむけようとしたとき、頭だけ動かす場合もありますが、腰ごと骨盤ごと回す人がいる。
こういうひとは、意識では体は北に向いているという考え方で、実際には北西のほうに全身が動いていることがあります。
あるいは、30度動かしているつもりで45度体が回ってしまっている場合もあります。

高齢の場合、末端のフレキシビリティというのが劣ってきますので、クビだけ横に向けたはずなのに両足も椅子の左に来ているなんていうことはあります。
これは、おそらく女性の生理的なこととかかわっていると思いますが、それほど高齢でなくても、おばちゃんがよくやる動きです。

もちろん完全に無感覚なわけではないから、自分が体も含めて角度がずれていることは意識しています。
ただ、その角度が何度かというのがきっちり把握できない。
そこで、ブレーキを踏もうとしてその調整差分の角度をふまえて踏もう、と思ったとき、別のペダルを踏んでしまう、ということだと思います。

3つあって、真ん中のペダル、というなら、足先でさぐりながらブレーキを引き当てられますけど、オートだったらペダルは2つしかないから、その間違いは大きくなる可能性があると思いますよ。

投稿日時 - 2016-11-20 09:59:03

ANo.3

発進直後、停車直前、バックや料金支払い等で姿勢を変えた時、踏み替え頻度が増えた時などに起こる傾向があるようですね。

そもそも足の踏み替えだけで操作する自動車のブレーキとアクセルの造り自体に事故を誘発する要因があると考えます。

投稿日時 - 2016-11-20 09:58:05

ANo.2

 高齢者にとって、アクセルとブレーキの踏み間違いは、低齢者にとってまともなサイトと思って、アダルトサイトに全く本当の純粋の間違いで、覗き見をするようなものです。

投稿日時 - 2016-11-20 09:51:13

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-11-20 10:16:56

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-