みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年金受給の資格について

零細会社の事業主で、60歳になり決して高額所得者ではないものの、普通のサラリーマンくらいの所得がある父は、すぐに年金を受給することができなかったそうです。
65歳だか70歳だかになれば、働いていて収入があっても、満額ではないながらも年金を受け取れるようになるらしい、と聞いてきたみたいですが、詳しいことはわかりません。

所得がある場合、何歳になったら、年金をどのような形で受け取れるようになるのか、教えてください。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2016-10-23 20:23:17

QNo.9246660

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

父上は事業主ということですが、60歳以降も「給与」所得者で、厚生年金に加入していたかどうかで違ってきます。

もしそうであれば、在職年金制度という仕組みで、給与収入額によっては、年金の支給額の一部または全部が支給停止になります。
https://www.nenkin.go.jp/pamphlet/kyufu.files/0000000011_0000027898.pdf

65歳からは、老齢基礎年金は支給停止の対象になりません。老齢厚生年金のみが停止の対象です。70歳以降は厚生年金の加入者とはなりませんが、給与を受け取っていれば支給停止の対象になります。

給与所得者でない場合には、所得があっても支給停止の対象にはなりません。

投稿日時 - 2016-10-24 08:45:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問