みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

生姜の種イモ(?)親芋(?)の利用法は有りますか?

今年初めて生姜を育て、我ながら立派な出来ばえでした。
ところで、「芋?」を植えて、そこから20センチくらいな大きな生姜が出来ましたが、
その最初に植えた「芋?」はなんとなく固そうで筋ばかりな感じがしたので捨てました。
しかし、捨てるだけではもったいない気がしたので以下質問です。
1、来年また植えたら「生姜」が出来るのでしょうか?
2、何か料理法はないのでしょうか?
3、何か害虫除けか何かになりませんか?

投稿日時 - 2016-10-16 14:29:34

QNo.9243435

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

子どもの頃の記憶でちょっと曖昧です。
  薄く切って天日干しする。
  乾いたら、同じく天日に干した新聞紙に包んで密閉容器に保存する。
 ・冬にすりつぶして、砂糖を混ぜてお茶請けにする。
   粉状のものを掌にとって舐めるように食べました。
    カンショウガといいました。
 ・煮魚するときに、細く短く切ってふりかけて臭みをとる。
 ・その他、切り干し大根や他の野菜・根菜の煮物に加えました。
  酒飲みが、新芽の生姜に味噌をつけて食べたり、薄く切って酢漬けにしたりも
  しましたが、
  ヒネショウガと呼んで、古い堅い生姜の方がメインだったと記憶します。
    現在とは逆ですね。   
   

投稿日時 - 2016-10-19 16:03:32

お礼

ありがとうございました。ご記憶通りであれば、私が求めていた回答だと思います。早速ですが一度確かめてみたいと思います。

投稿日時 - 2016-10-24 19:42:36

ANo.2

最初に植えた種生姜は新聞紙に包んで寒すぎない家の中(15℃位が適温といわれています)に保存し、来年桜が咲く頃植えると種生姜として使えます。
なおたぶん食べてもおいしくないでしょうね。また害虫除けにもならないでしょうね。

投稿日時 - 2016-10-16 15:02:23

お礼

ありがとうございました。来年春ごろ植えてみます。

投稿日時 - 2016-10-17 15:56:52

ANo.1

まず利用出来る部分は子芋の部分だけです。親芋の部分は子芋を育てる
ために必要な部分で、子芋が出来た時点で役目は終わり食する事は無理
です。新しく出来た子芋が翌年の親芋(種芋)となります。

1.上記でも説明した通り、子芋を植付ければ親芋となり子芋が出来ま
す。現在の親芋は役目が終わっていますから、植えられても子芋は出来
ません。ここで注意しなければいけない事があります。作物(野菜)を
栽培すると必ず連作障害を起こします。作物の種類によって障害期間は
違いますが、短くて2年とか長くて5年間は障害を起こしやすくなると
言われています。連作障害とは生育不良になったり、病害虫の被害に遭
いやすくなる現象の事を言います。これを防ぐには同じ場所には続けて
植えない事です。ショウガの場合は4~5年と言われています。

2.子芋であれば幾らでも料理方法はあるでしょうが、親芋に関しては
上記に書いた通りで料理方法はありません。

3.ショウガの絞り汁を使った害虫回避剤を作る事は出来ます。親芋は
硬いだけで食は出来ませんが、含まれる成分は親芋も子芋も同じですか
ら、回避剤を作られるなら親芋を利用されると良いかも知れません。
あくまで一時的に回避させるだけの効力しかありません。死滅させるだ
けの威力は存在しませんので、その点は注意して下さい。
回避剤の作り方は検索すればヒットします。

投稿日時 - 2016-10-16 15:00:19

お礼

ありがとうございました。詳しく解説していただき助かりました。回答2の方からは種イモになるとの解説がついておりましたので、ダメもとで一度来年春ごろ植えてみます。連作障害の無い様気を付けます、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2016-10-17 16:02:30

あなたにオススメの質問