みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

iPodとウォークマンに未来はある?

 最近近くの家電量販店の売り場を見ていて思ったのですが、ipodやウォークマンの売り場が縮小しているようです。数年前ガラケー時代は盛況でしたが、スマホが流行りだしてからスマホで音楽や動画が見れるので、iPodやウォークマンはだんだん影が薄くなってきた気がします。
 これからスマホの機能も充実するだろうし、そう考えるとiPodやウォークマンに未来はあるのか疑問に思います。あと数年したら生産中止になるような気がします。iPod classicはすでに生産が中止されてるし、nanoやshuffleはずっと新型が出ないままです。かろうじてtouchが3年おきくらいに新製品を発表してる感じです。
 iPodやウォークマンは将来的にどうなるのでしょうか。スマホに駆逐されてしまうのでしょうか。iPodファンの自分としては寂しい限りですが、ご意見をいただければありがたいです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2016-10-10 22:46:13

QNo.9241028

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

電車とかだとけっこうスマホで音楽聴いている人が多いですね。マニア向けの商品になっていく可能性はありますね

投稿日時 - 2016-10-12 17:33:16

ANo.6

定期的に新製品も出ているみたいですし、当分大丈夫ではないかと思われます
http://ascii.jp/elem/000/001/244/1244547/

投稿日時 - 2016-10-12 16:03:25

ANo.5

スマホがもっと高性能化したら、あまり売れなくなってしまうかもしれませんね。一つで済ませたいという人も多いと思います

投稿日時 - 2016-10-11 18:01:50

ANo.4

バッテリーや音質のクオリティで専用プレーヤーが欲しいという需要はあると思います。ただ、減少はしていくかもしれません

投稿日時 - 2016-10-11 15:03:57

ANo.3

iPhoneとiPod touchを隔てるものは、電気的には多くありません。
Mobile Networkと呼ばれる携帯電話向け通信機能に絡む要素が殆どで、これには制御部となるIC、無線モジュール、そして筐体の一部となるアンテナ、SIMスロット、それとGPSアンテナが含まれます。
そしてバッテリー容量が1.5倍(筐体厚の違いの理由だと思われ)、RAMが2倍違います。
製品として出荷するには、これらの組み立てコストが加わりますが、それも大差はありません。
更に製品として出荷するのに必要なのは、Mobile Network絡みの電波試験にかかる時間とコストです。

これらはすべて技術の進歩によって区別の必要がなくなっていく要素と言えます。
残るはMobile Network利用のための契約の必要のみで、SIMがないと何かと困る作りになっているiPhoneですが、近い将来にソフトウェアSIMに置き換わっていく事になるでしょうからこの作りも変わるでしょう。
そうすると契約しないiPhoneとiPod touchに差がなくなり、iPod touchの存在理由はそう遠くないうちに消えていくと想像できます。

Appleが音質に拘りがないのは、ノイズだらけのBluetoothのままiPhoneやtouchを出荷してきた過去を含め音楽向け製品の作り込みの程度からもわかりますし、iPhone7のイヤフォンの音質クオリティなどからもわかります。
iPod nanoなどはApple Watchに吸収されて当然の位置付けにあると言えますから、iPod touch以外のiPodもバッテリー技術の進歩によって消えていくと想像できます。

音質に拘る設計のWalkmanはそういう意味で残るでしょう。
但しSONYが作り続けていくだけの製品出荷が見込めるか次第です。
もしかしたら分社化され専業メーカーになるなり売却されていくのかも知れません。

投稿日時 - 2016-10-11 12:26:52

お礼

詳しい説明をいただき、ありがとうございます。
確かに音質や製品の仕様次第で残るか残らないか決まりそうですね。
音質にこだわるウォークマンの方が長生きしそうな気もします。なんといっても日本の製品なので、日本人には安心感があると思います。私も随分たくさんiPodもウォークマンも使用してきましたが、iPodの方がすぐ壊れてしまう感じがします。iTunesが読み込まなくなったり、通電すらしなくなったり・・。いろいろと参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-10-11 23:19:28

私は未来がないはずがないと思います。
スマホでも音楽は聴けますが、音質にこだわるなら専用機の方が有利ということもありますし、スマホは常に電波の送受信をしているから、ノイズも出やすくなるでしょうし。
それに、中古のiPhoneを買うより、新品のiPod touchを買う方が安いのが現実です。
日本人に関して考えると、若者の車離れとも言われますが、それだけ貧しくなっていると言えると思います。
スマホを使い続けることができなくなれば、ガラケーに戻って、iPodやウォークマンを使うのが当たり前になるということも考えられます。というか、それが現状の経済力から言えば健全な姿だと思います。
人間がきちんと物を考えて行動すれば、iPodやウォークマンには未来があります。
一方で、考えることなしに流されてしまうようだと、未来がないということにもなるでしょう。

投稿日時 - 2016-10-11 06:11:59

ANo.1

はじめまして♪

時代の流れ、、、としては衰退すると考えて良いでしょう。

もう、音楽データを記録した媒体を持ち歩くよりは、通信環境が充実して来ているので、データ購入よりも利用したい(聞きたいときだけ)の低額通信サービス、ダウンロードじゃない、ストリーミング形式が主流に成るだろう。。。と言われ、あれこれ数年が経過しています。

ただ、通信環境が無い部分での利用はなk成る事は無いと思いますので、「主流」で無くなったとしても、需要が有ると思えますから、そういうユーザーが一定以上存在する限り、iPodやメモリーWalkManという現行形式の機器も少数派と成ったとしても生き残ると想像します。

iPod nanoやiPod shuffle、超小型機器としては単体存在意味が稀薄で、イヤホンのコントローラー等に組み込まれてしまう時代が来ると思います。
画面表示を重視四t場合は、スマホなどの方が優勢になると思っても良いかと思います。

私自身は古くからオーディオ好きで、MDが登場する以前はマイクロカセットなども楽しんだ人間です。

Apple社のMacintoshは今世紀になる直前、2000年末に初購入し、気に入ったんで今でもプラベートユースではMacを愛用し続け、iPadも2台所有はしていますが、iPodはまだWindowsに対応しない時代から知ってはいますが購入経験はアリマセン。
WalkManはカセットテープ、CD、MDというタイプは購入利用経験が在ります、(もう壊れちゃったけれどね、、、)

インターネット通信がドコでもある。というユキビタス思想から将来発展を憶測する限り、欧米ではすでに「データ購入(ダウンロード)」よりも非常に安価な「見たり聞いたり」したい時だけの「データ転送(ストリーミング)」が主流化してきていますので、日本国内市場もおそらくそういう方向で移行して行くのでは無いでしょうか。
(*注意:あっくまで、個人の予測?予想?妄想?? に過ぎません。)

投稿日時 - 2016-10-10 23:21:07

お礼

詳しいアドバイスをいただき、ありがとうございました。大変よくわかりました。確かにデータを購入する時代からストリーミングの時代に変わるんでしょうね。私が子供の頃は音楽を買うといったらレコードを買うしかなく、それもシングル版(たった2曲しか聞けない)が700円、LP版だと2800円だったと思います。それを考えると隔世の感がしますが、考えてみればそれもまだ30年くらい前でしかないんですね。今から30年経ったら、現在では考えもつかないような時代になってるのかもしれません。iPodファンの自分としてはclassicもnanoもtouchもshuffleもすべての世代を使いましたが、
いずれ全部消滅するとなると寂しい気がします。
ご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-10-11 00:23:54

あなたにオススメの質問