みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

文章中の括弧とふりがなの使い方

文章中に括弧内にふりがなを書くものと、意味を書くものが混じっており、
わかりにくい文章が出来上がってしまいました。
これらはどのように書けばわかりやすくなりますか?

意味のほうは括弧内に書くのでなく、※などを書いて、文章の下に意味などを書いたほうが正しいのでしょうか?

例)
樽(たる)・・・括弧内にふりがな
下肢(あし)・・・括弧内に意味

投稿日時 - 2016-10-08 13:05:13

QNo.9239837

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

もし、Wordのようなソフトを使っていらっしゃれば、難しい読みの場合は括弧ではなく、 「ルビ」 を振ればいいと思います。(漢字の上なので邪魔にならない)

意味はそのまま括弧を利用すると混同を避けられるのではないでしょうか。

(※手書きであっても同じようにすることが可能です。)

投稿日時 - 2016-10-18 12:03:40

ANo.2

論文などでは詳しい説明や出典を章末に注として列挙する方法が一般的でしょう。

それほどで大仰ではない文書であれば、下のように実際にふり仮名を振る方法も含めていくつか考えられます、

投稿日時 - 2016-10-09 06:23:53

ANo.1

意味のほうは括弧内に書くのでなく、※などを書いて、番号をふり、例えば(※1)というようにしておいて、章のおわりに(※1 「あし」のこと)というように註をいれてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2016-10-08 13:24:35

お礼

回答ありがとうございました。
やはり、わかりにくいですよね。

投稿日時 - 2016-10-08 13:46:18

あなたにオススメの質問