みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

同棲中の食費

同棲開始して約三週間。ご飯ですが最初の一週間は彼が後に仕事が終わるので彼に買って来てもらって食べてましたが。なんだか申し訳なく自分で作るようになりました。ですが食費は私が払っており8割、彼が食べてるので負担になってます。食費の事もなんも言ってきません。
全て折半にしようとは言ってましたが、食費などどうしたら良いでしょうか?
彼はお金にルーズな事があり財布の中にお金がいくら入ってるか忘れてたり、家賃の引きおとし日も知らない位でした。
取り敢えず、家賃の引き落とし日を管理人に確認して貰ってる状態です。
彼に、光熱費払って貰っていい?私が食費出すからといったら、そしたら〇〇が損するよ!と言ってはくれてるのですが、どうする気なのか全く分かりません。
>晩御飯のことを聞いたら、強要はされてませんがやっぱり作ってくれると嬉しいと言われましたし、晩御飯の残りを詰めた弁当を手渡すと嬉しそうにしてました。
私が少食なので余計にイライラしてるのかもしれません。
結婚前提ではあるので、お金のことをちゃんとしたいのですがなんて言えばいいでしょうか?
ここ数日間、家賃の引き落とし日いつ?としつこく聞いたのでお金にうるさいイメージはついつるかと思いますので、何度も言い出しづらくなりした。
もしくは生活費財布を作ろうか悩んでるのですが、生活費財布は家賃半分は予め彼に渡して、大まかな食費+日用品+光熱費を彼と半分ずつ合わせたものでいいでしょうか?
残ったお金はどうしたらいいなど、コツなどあったら教えて頂きたいです。

投稿日時 - 2016-09-09 12:55:54

QNo.9226607

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

厳しいようですが、相談者様は彼とは無理でしょうね。 
まあ、それは別として…

相談者様の考え方では、同棲でも、結婚でも文句が出ますよ。

例えば…
(1)食材は彼の方が量を食べるのに、折半。
(2)飲料も彼の方が量を飲むのに、折半。
(3)光熱費は、〇〇の方が多いのに、折半。
(4)生命保険料は、□□の方が高いのに、折半。
(4)遊行費は、△△の方が多いのに、折半。
等々…。

同棲でも、結婚でも、2人が一緒に生活しても平等に利用する、消費するモノなんてありませんよ。お互いに数万円ずつ出し合っても、結局は、「※※の方が損している…」に成るのです。それを自然に許容できる相手と結婚するのが幸せです。

自分の金銭を把握して相手に頼ることなく計画的に生活したい相談者様と、金銭にルーズでも何とかなると生活して来た彼は、根本的に合わないのです。

相談者様が、ご自分で『回答』が出るまで悩むことです。
そして、ご自分にとって最善の回答を見つけることが解決です。

投稿日時 - 2016-09-12 09:19:13

ANo.6

 結婚が目的の同棲なら、彼の全額負担。もしくはお金の管理方法を決めているのであれば、二人の収入は共有し金銭の管理者が管理するのがベスト。別れる場合は、折半すれば公平。

 単なる同棲なら、同居を誘った本人が家賃を支払うのは当然だと思い産ますが、ライフラインの支払いは折半。食費は個別もしくはかかる費用をその場で折半するのが当然でしょうね。


 記載では結婚前提のこと。

 結婚後の収入管理をどうするか。生計を同じにし、生活の根拠を共有するわけですからどちらがでは無く、普通は主婦が管理支払いをすると思います。

 男女が同棲して、結婚が目的であれば、内縁関係です。つまり、あなたは内縁の妻。

 恋人の単なる同棲は、相手はルームメイトです。大きく違います。

 それを基準に考慮すればどうでしょう。

 私は同棲したとき、全額私が負担しました。女性を同居する以上、男の努めだとしんじてますから。
損得では無く、家族を養う義務が有ります。そう信じているから。同居の女性を愛すればそうなるでしょう?



 と色々書きましたが、収入金額の差は考慮せず、

 おおよその1ヶ月の収支は解っていると思いますので、

 お互いが個別で自由に出来るお小遣いを決めます。あくまでもプライベートです。(通信費を含む)

 残ったお金が、共同の支払いに充てられる資金。生活費の全てです。(自宅の電話は共通)

 1ヶ月やりくりの結果、お小遣いで残ったお金はそれぞれの所有。(残ればご褒美。不足は当然我慢)

 生活費で余れば、折半すると良いでしょう。

 
 1ヶ月もすれば、お互いの妥当なお小遣いが算出できるはず。妥当な金額を決めると良いと思います。
但し、同じ金額の設定で、経過したお小遣いの個別の過不足は精算時に考慮しません。余ればご褒美です。

 お小遣いの設定は、1ヶ月の生活費に余裕を持たせて不足しないように予算を立てます。その後、昼食をどうするかでお小遣いを決めていきますが、外食を念頭に1日あたりの昼食費を設定します(共通)昼食費は共通なので、通信費を検討します。その二つ以外は個人的な収支なので考慮せず定額を決めます。


 二人の収入       400,000 収入差は考慮しない

 生活費 家賃      150,000
     ライフライン     20,000
     電話(固定)     3,000
     食費        100,000        
     合計  273,000  残金   127,000

 お小遣い
     昼食費      1,000x2x30=60,000
     携帯電話     8,000x2 =16,000
     プライベート   20,000x2 =40,000
     合計  116,000  (一人分58,000)

     収支残 11,000 です。

 あくまでも予想です。

 返金は 5,500ずつ。これを生活費に繰り越すか、分けるかは話し合いで決めると良いでしょう。多く残したい場合はお小遣いを検討しなければならないと思います。

 結婚後もついて回る事なので、収支とお小遣いと残金の話し合いはキチンと決めるのが良いと思います。あなたが専業主婦になったり、お弁当等節約できるものが有ればお小遣いも大きく変わります。頑張って下さい。

投稿日時 - 2016-09-09 17:06:25

ANo.5

相変わらずですね。

不思議に思うのは、何故、彼と腹を割って言いたいことが言えないのでしょうか?

同棲は基本的には夫婦と同じです。

お互いにに気を使いすぎる状況に、本当にカップルなのかという感覚さえ覚えます。

「彼に、光熱費払って貰っていい?私が食費出すからといったら、そしたら〇〇が損するよ!と言ってはくれてるのですが、どうする気なのか全く分かりません。」
「ここ数日間、家賃の引き落とし日いつ?としつこく聞いたのでお金にうるさいイメージはついつるかと思いますので、何度も言い出しづらくなりした。」

こんなことでは、しょうがないでしょう。

彼もそれなりに穏やかな印象もあります。

言いたいこと、聞きたいことは、直接ガンガン話さなければならないでしょう。

悩んでいても仕方がないでしょう?

次の休みは、お金について二人でちゃんと分担を決めたらいいですよ。

なんか、ヤレヤレですね。

投稿日時 - 2016-09-09 16:47:15

ANo.4

生活する上で必要な出費は全て折半にすれば細かいことに悩む必要性はありません。

・家賃
・光熱費
・食費
・雑費

これらは嫌でも必要な物であり出費します。
家賃も折半してるんですよね?

でしたら、家賃も含めたお金を出し合いましょう。
食事は食べる・食べない・作る・作らないは関係ありません。

少食だろうと大食いだろうと食べるんですから。
ただ、貴女が本当に一切食事を取らないのであれば
食事だけは個々で自由にでもすればいいのでは?

一切作らない事を再度彼に申し出て納得してもらいましょう。
でも、結婚しても作らないの?だとしたそれはちょっとね・・・。

残ったお金は又別の財布なり貯金箱を用意してそこに「貯金」と言う形で入れましょう。
貯まったら2人で旅行に行くとかたまには外で贅沢するとか2人で楽しめる事に使えばいいんじゃないですか?繰り越しちゃうとそれも又折半なんてややこしくなるし。

投稿日時 - 2016-09-09 14:20:41

ANo.3

家賃は誰が払ってますか?そして光熱費も。それが半々なら全て食費も半々、でも彼が家賃とか払ってるなら食費ぐらいいいのでは?結婚の保証がなく同棲するのは女性にとって損しますよ

投稿日時 - 2016-09-09 14:03:04

ANo.2

男性です。
私の場合ですが、家賃を折半した金額以外は基本的に貰ってませんでした。なので光熱費や食費はほぼ私持ち。
ただし食事はほとんど彼女に作ってもらってました。
役割分担として、
・食べたいものを想像してそれっぽい材料(適当に野菜とか肉とか)を1週間分くらい私がまとめて買ってくる
・彼女は家にある材料で何が作れるか考えて料理を作る
という感じにしてました。
時間が経つにつれて、私はなんとなくどんな材料があればどんな料理が出てくるか解ったので、まとめ買いの内容も向上しました。
また、彼女のほうも作りたい料理に足りないものがあれば買ってくることもありました。

投稿日時 - 2016-09-09 13:32:42

ANo.1

全部折半なら月5万ずつなどきめればいいとおもいます。
すべてその財布から支払って残ったお金を半分ずつ返金するか、
次月にさし引いた金額を請求するかです。

損得を感じ始めたらすべて気になります。
そういう余計なことにストレスをかけないために必要なことだと思います。

投稿日時 - 2016-09-09 13:29:15

あなたにオススメの質問