みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Bluetoothキーボードについて

ideaPad Miix2 8を使用しています。
Tabletなので、持ち運びには良いのですが、どうしても文字入力などには不便を感じます。
そこで、持ち運び可能な小さなキーボードを探したところ、同じLenovo製品で「ThinkPad Tablet 2 Bluetooth キーボード(0B47358)」と言うものを見つけました。
Bluetoothなので問題ないとは思いますが、ThinkPad Tablet 2 用と言うのが気になっております。
問題なく使用可能かどうか、どなたか情報をお持ちではないでしょうか?

※OKWaveより補足:「Lenovo:アクセサリー・周辺機器」についての質問です。

投稿日時 - 2016-07-11 10:49:42

QNo.9200067

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ThinkPad的には、ThinkPad Tablet 2は、まがい物なので
それ用のキーボードもまがい物ということになります。

ThinkPadはIBM社が1992年に発売したノートPCのブランドです。

IBMは、現存最古クラスのコンピューター企業の一つで
銀行の口座情報を保管しているコンピューターや、軍事用など
非常に重要性の高いコンピューターの事業から、パソコンまで展開していました。
長野冬季オリンピックまでは、ずっとコンピューターによる記録と配信のシステムを
IBMが一貫して引き受けていました。

現在は、IBMはそういった大規模なコンピューター製品や
ソリューションやサポートなどの事業への注力を進めていて
ノートパソコン事業は売り飛ばされて
ブランド力強化を求めていた中国Lenovo社が、その事業を買い取って今に至ります。


ThinkPadの特徴はいくつかありますが、現在に至るまで
ThinkPadはThinkPadとしての魅力を維持していて
Lenovoのブランド力は上がりましたが、ThinkPad以外の製品は
ThinkPadよりも信頼性や品質などで劣ると言われています。
(実際設計をやっている組織も別々です)

ThinkPadの外観的な特徴の一つが、GHBの間の位置にあるトラックポイントです。
指先の圧力でマウスポインターを移動させることができて
キーボードホームポジションから離れること無く、さまざまな操作を実現し
慣れれば、カーソルキーもいらなくなるほど役立つ機能で
類似品は各社製品での採用例があり、それらの総称はポインティングスティックとなっています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Pointing_stick


これに対して、ThinkPad Tablet 2がどうまがい物かという言えば
単純問題、このThinkPad Tablet 2用キーボードに付いているのは
ポインティングスティックではありません。

小さな光学タッチパッドを、GHBの位置に配置しただけで
ポインティングスティックが、圧力を感知するのに対して
光学タッチパッドは、指の実際の動きを感知します。

ですから、移動速度のコントロールについて不利ですし
それ以上に、継ぎ足し操作が必要になる場合があります。
(ポインティングスティックは、マルチモニターにしても、端から端まで継ぎ足し操作は不要です)

また、ある程度の圧力がかからなければ、つまり触れただけであれば
反応しないのがポインティングスティックの利点で
そのため、ミスタッチによる誤操作が起きにくく
また、指を離す瞬間に、マウスポインターがずれてしまう現象も起きにくくなります。

こういった特性は、特に揺れる車中、膝の上などで安定した操作に繋がります。

IBM時代は、ThinkPad=トラックポイント搭載でPC110のように
トラックポイント非搭載製品は、ThinkPadブランドからは売られませんでした。

Lenovoは、その原則を崩してしまっていて、いくつかの例外があり
光学タッチパッドを、トラックポイントの代わりに付けて
光学トラックポイントと称して売りだしたりもしていますが
外出先での使い勝手に響く、前述の特徴を考えると、まがい物と思うしかありません。


というわけで0B47358では無く、0B47181のほうがお薦めです。
http://review.kakaku.com/review/K0000551094/ReviewCD=836250/
価格.comやAmazonなどのレビューも目を通しておくことをお薦めします。

トラックポイントは、もともとノートPC用として考案されたものではなく
GUI時代に入り、 マウス必須のGUI OSで事務作業を効率化すべく
マウスに代わるポインティングデバイスとして考案されました。

そのため、かつてはデスクトップPC向けの
フルサイズのトラックポイント付きキーボードもありましたし

ずっと、ThinkPad用のキーボードコンポーネントを
独立した製品として仕立て直した製品が販売され続けてきています。

0B47181は、そのシリーズにおいて、初のBluetooth接続版です。

私は、通販で買えるようになって直後、13500円で買っていますけど
最近は、それなりには値引きされているようです。が、まぁ、安くは無いです(笑)

うちは、自作PC等も全部トラックポイント付きキーボードで使っていますし
Androidタブレットと組み合わせても
マウスポインターなどが出るので、重宝します。

まぁ、AndroidのUIに問題があるので
ThinkPad相当には遠く及びませんが
Android+ただのキーボードよりは、大幅に便利になります。

なお、実際の購入は、デバイスドライバーの対応などを確認してください。

0B47181は、初のBluetooth接続モデルであると同時に
初の、特殊なファンクションキー構成で設計された製品です。
そのため、適切なデバイスドライバーなどを用いなければ
ファンクションキーをただしく利用できない場合があります。

(Androidの場合は、追加ドライバー等が無く、もともとそういう万全の対応はできません)

投稿日時 - 2016-07-11 23:43:10

お礼

非常に詳しいご説明頂き、ありがとうございます。

単純にタブレットを立てるスタンドがあったので、使えるかな?
と思ったのですが、同じようなキーボードでも色々と仕様が異なるんですね。

トラックポイントを使ったことがないので、どのぐらい操作感が違うのか分かりませんが、0B47181のほうがお薦めだということはよく分かりました。

お値段にもよりますが、是非、検討したいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-07-14 10:06:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)