みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文翻訳をお願いします。

At Rossignol German casualties were c. 1,318 and French casualties were c. 11,277 men. The French 4th Division had c. 1,195 casualties at Bellefontaine against c. 1,920 German casualties. At Neufchâteau the 5th Colonial Brigade had c. 3,600 casualties against units of the German XVIII Reserve Corps, which lost c. 1,800 men. At Bertrix the artillery of the 33rd Division was destroyed and c. 3,181 casualties incurred, against c. 1/3 the number of German casualties, which were noted as greater than all of the casualties in the Franco-Prussian War. At Massin-Anloy, the French 22nd Division and 34th Division lost 2,240 men killed and the 34th Division was routed. German casualties in the 25th Division were c. 3,224, of whom 1,100 men were killed. At Virton the French 8th Division was "destroyed" and the 3rd Division had c. 556 casualties; German losses were c. 1,281 men. In the fighting around Éthe and Bleid, the French 7th Division lost 5,324 men and the German 10th Division had c. 1,872 casualties. At Longwy the French V Corps with the 9th and 10th divisions had c. 2,884 casualties and German units of the 26th Division lost c. 1,242 men. South of Longwy, German casualties in the 9th and 12th Reserve and 33rd divisions were c. 4,458 men against the French 12th 40th and 42nd divisions, of which the 40th Division was routed. In 2009 Herwig recorded 19,218 casualties from 21–31 August in the 4th Army and 19,017 casualties in the 5th Army. Herwig also recorded 5,500 casualties in the French 8th Division at Virton and wrote that at Ethe, the 7th Division had been "stomped". At Ochamps the 20th Infantry Regiment lost 1,300 men (50%) and the 11th InfantRy Regiment lost 2,700 of 3,300 men. The 5th Colonial Brigade lost 3,200 of 6,600 men.

投稿日時 - 2016-06-27 15:43:32

QNo.9193664

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ロシニョールでのドイツ側の損害は1,318名でフランス側は11,277名だった。
フランス第4師団はベルフォンティーニュで1,195名の損害を出し、対するドイツ側は1,920名の損害だった。ヌフシャトーの第5植民地旅団は3600名の損害を出し、対するドイツ第18軍団は1800名を失った。
ベルトリクスの第33師団砲兵は3,181名の損害を被って壊滅し、対するドイツ側は1/3の損害だった。これらは普仏戦争の全損害を上回る数値を記録した。マッシン・アンロイのフランス第22師団、第34師団では2,240名が戦死し、第34師団は敗走した。ドイツ側の損害は第25師団で3,240名で、うち1,100名が戦死した。
バートンのフランス第8師団は「壊滅」し、第3師団は556名の損害をだした。ドイツ側の損失は1,281名だった。
アースとブレイド周辺の戦闘でフランス第7師団は5,324名を失い、ドイツ第10師団は1,872名の損害を出した。
ローンジーのフランス第五軍団、第9、第10師団は2,884名の損害を出し、ドイツ軍第26師団の部隊は1,242名を失った。
ローンジー南部では、ドイツ軍の損害は第9、第12予備師団、第33師団(の合計)で4,458名に達し、対するフランスは第12、第40、第42師団のうち第40師団が敗走した。
2009年、ヘルビヒは8月21-31日に第四軍が19,218名の損害、第五軍が19,017名の損害を出したと記録した。また、バートンの第8師団は5,500名の損害、アースの第7師団は蹂躙されたと書いた。
オシャンの第20歩兵連隊は1,300名(50%)の損害を出し、第11歩兵連隊は3,300名のうち2,700名の損害を出した。第5植民地旅団は6,600名のうち3,200名の損害だった。

投稿日時 - 2016-06-28 01:09:55

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-06-28 01:20:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)