みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

美術科高校について

中学三年です。私は絵を描くことが大好きです。将来、美大に行って建築設計を学び建築士またはデザインに関わる仕事をすることが夢です。
普通科に通って美大を目指そうと考えていましたが、通える範囲に画塾はなく、見つけたのが美術科の高校でした。
美術の成績は5段階中ほぼ5です。
今まで、デッサンなどを本格的に描いたことがありません。今は、デッサンの動画を見たり調べたりして学んでいます。
最大限にできることをしたいと思っています。
何か対策がありましたら教えて下さい。

投稿日時 - 2016-06-15 22:30:55

QNo.9188197

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>通える範囲に画塾はなく、見つけたのが美術科の高校でした。

画塾などがない場合には、やはり高校での美術の授業、もしくは美術の教員に頼りがちになってしまいますね。よく分かります。
ですが、美術系大学でもファインアート系(たとえば絵画や彫刻)は、デッサンなどの基礎的な画力が入学試験でも重要視され学力はそれほどレベルは高くありません(中学レベルの勉強が危うい状態ではダメですが)。
しかしデザイン系、特に建築は学力がかなり重要視されます。
言い換えれば、建築や環境デザインに興味があり数学や物理の勉強がかなりできるようでしたら、デッサンは素人レベルでも建築科に入学することは可能です。
なぜかと言うと、建築の仕事で自分のデザインした建物や空間などの設計を行うためには「建築士」の国家資格の取得が必須であり、デザインだけしかできないと設計事務所のアシスタントで終わってしまい、おそらく質問者さまの夢は実現できません。
この資格取得のためには数学や物理・化学など理系科目の基礎知識が必要になってきます。

具体的に言えば、国公立の東京芸大や京都市立芸大などの建築の入試は、理系科目を中心にセンター試験で8~9割程度は得点できないと入学が難しく、逆にデッサンは付け焼刃的なものでも何とかなります。
私立美大の建築に関しては、むしろ物理などの学科試験だけで入学できる場合もあります。
センター試験で8~9割得点できるレベル…とは言っても中学生の段階だと想像できないと思いますが、例えるなら中学校の定期テストでクラス1~3位、または学年のトップ10に入るくらい、という感じです。

もしも、通いたい高校の美術科の学力が偏差値として60以上あるのでしたら、建築科の大学受験を目指し、デッサンなどの実技の習得と学力の向上も兼ねて入学するのでいいでしょう。
ただし偏差値60以下、特に50を下回っているのでしたらお勧めできません。
デッサンは独学で学んだり、夏休みや冬休みなどに都市部の画塾や美大受験予備校の講習会に通うのでも何とかなりますが、勉強の方は独学で行うにはかなり困難があるからです。
もしも現在の学力がそこそこ高く、自分のレベルよりも芸術系高校が低いのでしたら、学力相応の進学校などに通い、講習会と独学でデッサンを習得する方が苦労が少なくて済むと思います。


ただ、もしもそれほど学力に自信がない場合でも安心してください。
建築士の国家資格の取得に向けての勉強は何も大学だけでなく専門学校でも可能です。また、そもそも建築士の資格を取るには、アシスタントなどとしての実務経験も必要になります。
ですので、大学や専門学校を卒業すればすぐに建築士になれる、というわけではなく、大学でも専門学校でも、まずは自分の学力に相応の場所に入り、そこから建築士の資格取得へ向けての勉強や実際の建築や環境・空間デザインの技術や考え方・歴史を学ぶのです。


ひとまず、行きたい芸術系高校が、ご自身の学力と比べて相応であるかどうか、というところから考えてみるといいです。


なお、建築を除外して「デザイン」という分野で考えると、ポスターや広告写真・映像などを扱うグラフィックデザイン、家具や文房具・食器などから自動車などの工業製品を扱うプロダクトデザイン、またウェブデザインなど、大学によって複合的かつ細分化されている状況で、なおかつ入学試験のデッサンは建築科よりも高度の能力を求められます。

「建築士またはデザインに関わる仕事」と現在はお考えのところだと思いますが、建築士を目指すには学力がなければならず、その他のデザインに関わる仕事はデッサンができなければいけない、という感じで、それらは似ているようで一緒ではないのが日本の大学入試のシステムなのです。
よって、今の段階ではまだすべて決断できないとしても、建築(空間デザイン・環境デザインも含む)or その他のデザインのうち、どちらかと言えば興味が強い方に合わせて高校などの進路を考えてみてください。
建築であればまずは学力、その他のデザイン分野であればデッサンが重要、ということです。


不安な場合は、件の芸術系高校に直接電話などで問い合わせてみてもいいです。
建築科の受験を目指しているけれど、そのような進路に進んだ生徒はいるかどうか、というのを、芸術系高校だけでなくいろいろな高校に問い合わせ、またそのような生徒がいた場合、どのようにして受験に向けて取り組んでいたかなど、詳しい話も問い合わせれば丁寧に教えてもらえると思います。
ただ、高校への問い合わせに関しては、中学校の担任の先生などに相談して、学校を通じて行った方がいいかもしれませんね。

まあ、いろいろな人に相談してみれば、道が開けると思いますし、夢に向かって挑戦するためには、自分でいろいろ動いて相談したり情報を収集することが大事です。

投稿日時 - 2016-06-18 04:48:29

お礼

回答ありがとうございました。
もう少し調べて、よく考えてみようと思います。

投稿日時 - 2016-06-18 06:51:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

建築士になるなら、ちゃんと耐震構造とかがわかるように、物理法則に従って、どれだけの強度の柱や梁をどの長さ以内で使わないといけないか、とかいう工学的な知識が必要ですよ。

それを勉強できる高校も大学も通わないならば、デザイン一本で生きていくしかないです。美大で建築デザインは学べますが、実用になる強度を持たせるための建築設計は無理です。

投稿日時 - 2016-06-16 00:05:36

あなたにオススメの質問