みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

息子の頑張りを知って、気持ちがざわついています。

中3の息子がいます。
反抗期の時期で、沢山ぶつかったときもありました。
いうほど頑張っていないと思ってきました。
でも、部活の引退試合があって、
運動部の部長として、息子が一生懸命頑張っていたことを
顧問の先生から聞かされました。
親は全く知らない、前向きに生きる息子の姿を教えてもらいました。
大会前の大事な時期に、息子は体に異変が起きてしまい、
練習を休まざる得なくなりました。
大事な時にどうしてこうなるんだろうと、親としてやきもきしていましたが、
顧問の先生は息子を励ますために、同級生の部員を連れて、
家まで来てくれました。
息子がいかに頑張っていたか、それをとても理解してくれていました。
そして、部長代理をしてくれた副部長が、部員が自分の声掛けで
まとめってくれなくて苦労して、初めて息子が部長として苦労してきたのを
知ったようです。
それも顧問が話してくれました。

私の中では、息子はまだまだ頼りなくわがままなところがあると思っていたので、
意外な息子の姿を教えてもらいました。
大会当日も体の異変がありましたが、(アレルギー疾患)
薬で症状を抑えて、大会に出場しました。
結果はアレルギーの薬は眠くなるせいもあって、
動きに切れがなく、一回戦敗退してしまいました。
他の部員は勝ち進みましたが、
息子だけ部長なのに敗退してしまい残念でした。

帰ってきた表情はどこかさみしげで、
やっと部長をやめれる。もうこりごりだ!と言っていて、
文句ばっかりだなぁと思っていたのですが、
後ほど顧問とのやり取りで、
終わった後に、後輩に声をかけたり、周りに気づかいをして、
責任を果たそうとがんばっていた。
彼が部長でよかったと言ってくださいました。

それを聞いて、親に見せる顔と違うんだと知りました。
私は息子は頑張りが足りないと、どこかで思ってきました。
大会直前に体調を崩したことも、なぜこんな時にと思ってしまっていました。

でも、学校では激励会の頑張りを多くの先生に褒められ、
部活の顧問には認めてもらえていたのを知りました。

思春期の時期で、理不尽な態度や反抗もあったので、
ずっと私もストレスがあったのですが、
今の気持ちを、どう整理しようかわからないような
不思議な気持ちです。

でも、部活は引退してしまいました。
この先、部活でほめることは出来ないと思うと、
後悔するような気持ちもあります。

でも、息子は部長と兼任して、委員会の委員長にも立候補して、
他の立候補者とせって、選ばれた経緯があるので、
部長と委員長を兼任した2か月でした。
これからは委員長のほうだけになりますが、
家ではあまり多くを語らないのでよくわかりません。

今まで、厳しく言ってきたことも多く、沢山ぶつかってきました。
それは違うと思うことは、どんなに反抗してきても
こちらも言い続けてきました。
まだ中学生なので、この先にも色々あるとは思いますが、
親が思うよりも頑張っていた息子を知ったとき、
親としてどうしていくのがいいと思いますか?

あまり褒めすぎて、意識させすぎるのもどうかとも思うので、
今までどおりがいいのかなぁと思うのですが、
中学生より少し成長した子供がいる方の
参考意見を教えてください。

投稿日時 - 2016-06-03 14:56:15

QNo.9182196

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

子供の心理的な発達過程として、反抗期はとても大事です。
ただ、それは親の保護から自立したい、という単純なものではありません。

小学生くらいまでは、学校の先生も親もほぼ同格で、先生に褒められれば嬉しいし親に褒められても同様に嬉しいのです。
ですが、中学生くらいになると、無意識的に「親はいつでも自分の味方であって、正当な評価をしてくれない」という感覚になっていきます。つまり、反抗期の子供は、親からの評価では物足りず、学校の先生など親以外の大人や、友達などからの評価を強く求めるようになります。
親は自分の子供がかわいいですから、どんな時でもやはり味方でありたいと思うでしょうし、それゆえに子供への評価の基準が、親の視点からという主観的なものになりがちです。
対して、先生や友達などからの評価は複数のさまざまな視点のため差異があり、そのことが「他者からの客観的な評価」に相当すると感じ始めるのです。

要するに、親は良かれ悪かれ自分の子供のことを絶対的かつ最優先に考えて褒めたり厳しくしたりしてしまいますが、先生や友達からの評価は周囲の他の生徒らと相対的なもので、そこに親からの評価よりも公平性を感じるようになるのです。
もう少し心理的な成長が進めば、親も先生や友達などからも、すべての評価を相対化させることができ落ち着く(反抗期が終わる)のですが、いまはそのちょっと手前、というところなのでしょう。


「お母さんはね、あなたが自分で決断したことなら、何でも応援してあげるから、やりたいことを悔いのないように精一杯やりなさい」

…褒めたり厳しくしかったりするよりも、こんな感じの声かけをするようにしていくといいと思います。自分でいろいろと物事を決めていきたい時期なので、評価ではなく「承認してあげる」のが、反抗期の子供を持つ親に必要なことです。

まあ、かなり稀なくらい立派に成長している息子さんだと思うので、安心してくださいね。

投稿日時 - 2016-06-05 04:53:15

お礼

なるほど・・。思春期の心理的なことが分かりやすかったです。
私自身が、思春期時代があまりいい経験ができなかったので、
それが大人になり引きずる形になっていますが、
息子は部活に思い切り打ち込めた環境があり、
それは幸せなことなんじゃないかと思っています。
中高生の時期に、部活に打ち込める環境は親のフォローなくては成り立たないので、
息子には恵まれている中でできることに
感謝しなければいけないと思っています。

ちなみに。今は部活への気持ちは区切りがついていて、
好きなことに夢中になっています・・・。
来週、初めて一人で田舎から東京へ日帰り旅に行くそうです。
イベントがあるそうで、それを見に行きたいらしいです。
そのために、勉強より今はそちらの方が夢中でして・・・。
「なんでも応援してあげるから精一杯やりな」
と言うのが、親がやってほしい事とは微妙にずれているのが
子育てなんだなぁと思うのです。

投稿日時 - 2016-06-05 10:16:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

息子側の立場としてコメントしますが、親に認められるより、学校の先生や友達や先輩後輩に認められるほうがよっぽど誇りを持てるし自分の自信になりますよ。

「学校の先生からお前が頑張ってるって聞いたよ。お前もすごいんだな。見直したよ」
こんな程度でいいんですよ。

投稿日時 - 2016-06-03 17:03:19

お礼

それはそうですね。
親はいつも壁にもならざる得ない時もあるので、
褒めてばかりはいられないのです。
外で認められれば、親が認めるよりも自信にはつながりますね。

投稿日時 - 2016-06-04 11:20:46

ANo.3

学校では彼も頑張ったし、彼の周りの環境にも恵まれたのかなと思います。
親には恥ずかしくてその頑張ってる姿なんか見せたくないのでしょうと思います。

今後も変わらず接していくだけで良いと思います。もう少し素直じゃない時期が続くと思いますが、反抗してきたら返せば良いし努力が見えれば誉めればいいし。
男の子は単純なもので、もう数年したら親への感謝を形にしてくると思いますよ。そこからホントの自立がスタートします。
それまでは最後まで息子さんの味方でいてあげてください。

ティーンネイジを経験してきたアラフォーより。

投稿日時 - 2016-06-03 16:38:05

お礼

環境はけして恵まれてはいなかった気がします。
部内での分裂。言うことを聞かない後輩に、
色んな悩みがあったようですが、
自分の立場は最後までやり抜いたとは思います。
4月に顧問が変わって、厳しい先生で苦労もしたようですが、
その先生が、息子を認めてくれました。
仲間も色々ありましたが、最後は同じ気持ちでがんばったようです。
でも、引退して数日経ちましたが、
ちょっと抜け殻状態です。

投稿日時 - 2016-06-04 11:24:13

ANo.2

不言実行する男なんですね。
かっこいいじゃないですか、みんなが頼りにしてる人って感じが伝わってきます。
将来有望だと思います。
でもプレッシャーを与えることはしないで、今までどおりでいいと思います。

投稿日時 - 2016-06-03 15:16:30

お礼

そうですか・・・。
親としては全然だと思っていて、
有言無効だろうって腹の立つことも多かったのも事実です。
志望校を突然思いがけない上位高校を言い出したのですが、
偏差値が足りないし、統一模試も部活で疲れているといけなかったし・・・。
部活を理由に勉強がおろそかだって、
そう思ってきたので、
なんとも複雑な気持ちなのです。

投稿日時 - 2016-06-03 15:49:47

ANo.1

折角、息子さんの良いところをしったのだから、このチャンスを逃さずに、書かれたままの気持ちを伝えると良いと思います。
今後、大学受験、就職受験で、親子の信頼関係があると無いのでは、結果に違いが出てきます。素直になれるときに素直な気持ちを伝えたほうが、今後の相談でも息子さんの気遣う相手としての親の部分(親は気遣いの相手か、何でも相談できる見方か)が減るので実力を出しやすくなります。

投稿日時 - 2016-06-03 15:08:12

お礼

息子は部長としての苦悩は多く語っていましたが、
顧問の先生から聞いたことは、知らない面でした。

私に対して反抗的な態度で学校に行った時も、
塾が疲れていきたくないとさぼった時も、
腹は立ったのですが、
「お母さんごめん」と言ってくれていました。
でも、だったら反抗するなー
だったら塾いけーと思っていたので、
今思えば
うまくいかないことをもがいていたんだなぁと思います。
どこかで感謝が足りないと思っていたのかもしれません。
思いがけず、先生に褒めてもらえて、
嬉しいという気持ちと、
受験勉強にうまく切り替わるかなぁという気持ちがあります。

投稿日時 - 2016-06-03 15:46:47

あなたにオススメの質問