みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

わざと自己破産を申請したらどうなりますか?

新築のためにいろいろと揃えていたら、クレジットカード引き落とし口座の残金がわずかになりました。いそいで他行の口座から入金したのですが、いくつかある他行の口座も残りわずかです。もし、クレジットの支払ができなくて、そのとき自己破産しますと宣言したらどうなりますか?
真剣な相談をしています。
人生に疲れました。今、アラフォーなのですが、十八の頃からずっとしんどいです。結婚して幸せになるかと思いきや、そうでもないです。無責任ですが子育てにも疲れました。男です。シングルファーザーではありません。妻も健在です。
仕事もまったくつまらないです。家の新築のローンが一千万円あります。ただ、支払いは父親がしているので、払えない額ではありません。むしろ、一括で全額支払うと税務署等うるさいので、形だけローンしています。一千万程度すぐに支払えます。それと比べれば自分は貧乏そのものなので、身の丈を考えれば今回クレジットの延滞で自己破産してもおかしくないです。ネットを中心にいくつか口座があるのですが、数千円の預金しかないです。生活は常にぎりぎりです。今回新築で出費が重なり、ギリギリのラインを超えそうです。自分自身払えないのですから、自己破産に値すると思います。そのとき具体的にどうなりますか?(新築の土地や建物は自分名義です。また自分名義の定期預金や投資信託もあります。もちろん自分は一切それに関与できません。投資信託の場合はサインだけしていたはずです。定期預金の場合ははんこも証書もすべて父親が所持していますので、自分ではどれだけあるのか知りません)

投稿日時 - 2016-05-23 16:53:25

QNo.9176889

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず自己破産申請ができません。
自己破産の場合は一定期間借入がない場合にのみ行えます。次に財産がある場合は処分が必要なので、できません。

自分名義の財産などがある場合はすべて計算に入れなければなりません。自分名義の定期、投資信託などは自己破産の場合すべて勝手に売却されます。あなたには1ヶ月程度の生活が困窮しない最低限度の品物と金銭しか残されないよう民法上の規定でなっています。

また自己破産した場合は、以後借金はできず、ローンなども組めません。

自分が管理しているだけが財産じゃないですよ。自分名義ならすべてが財産で、それは自己破産時にすべて失われます

投稿日時 - 2016-05-24 10:14:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

なんだか・・・ ご自身の事は置き去りにして
お金の支払いをしたくないから自己破産する・・と
読み取りました。

お礼欄に「99万の預金がある」とお書きですよね?
また、新築の家(土地付き)・定期預金・投資信託への預け入れ
上記の事を考えれば、自己破産なんて考えずに
きちんと返済を考えた方がいいですよ。
また、どうあがいてもこの状況では自己破産は無理ですよ。
ご自身の足元をしっかりと見つめなおされてはいかがでしょう。

投稿日時 - 2016-05-24 18:31:54

ANo.4

まず一度くらいの支払い失敗は、よくあることであり、これをもって、「残債全部支払え」というようなことにはなりません。例えば、当方は末日給与なのですが、引き落としはそれ以前です(27とか28とか)。預金残高不足→振込票郵送→コンビニ支払いで、別に不自由なく過ごせています。

さて、それをも超越した場合(具体的には、次の引き落とし時までに支払えなかった/あるいはカード会社の指定日時までに入金できなかった)、カードは停まり、恐ろしい「残債全部一括で支払え」文書がやってきます。自己破産をもし仮に申請するなら、すべてのカード関連の支払いを一切停めてしまい、ブラックリストに載った段階で行うのが本筋です。

ところが、ほかに自身名義の資産がある/しかも支払い継続中の不動産があるとなると話は変わります。当然自己破産させてもらえません(負債<資産なので)。カード関連の支払いがいかほどかは文面からは推し量れませんが、ブラックリストに載り、以後の生活がさらに苦しくなるだけのことです。「名義だけで俺はどうにも触れない」と主張しても名義の方が優先されますので、どのみち認めてもらえません。

回答:
自己破産は、最終にして最悪手。資産もないのに負債が多額に陥った場合で、尚且つ裁判所の判断が出て初めて破産状態と認められる。質問者のように資産を残した状態(自分名義の財産がいくらあるか知らなかったとしても)での自己破産は受け入れられない。
逃れる手立てとしては、定期預金の一部取り崩し。8割程度までは現金化できるはずであり、解約せずとも「定期預金を担保にお金を借りる」感覚で当座はしのげる。ただこの手も封じられると、ブラックリスト入りは確実。お父様にご相談されたほうがよろしいかと。

投稿日時 - 2016-05-23 17:25:02

ANo.3

仕事はつまらないことの方が多いと思います。
それでも家族を養っていくために、子供の将来のためにあなたは稼がなければいけません。
クレジットの支払い程度なら、日々の生活を倹約することで捻出できるはずです。
それでもできないと言うなら、今まで贅沢をしたツケが回ってきた、もしくは無計画にあれこれ買った代償と受け入れてください。

自己破産について詳しくお調べでしょうか?
借金をしている人が返済の目処が立たず債務に苦しんでおり、その人が経済的な再生の「機会」として自己破産が存在します。
借金の帳消しにはなりますが、所有資産の処分や郵便や旅行など日常当たり前にできることのほとんどが制限されます。

あなたのようにたかがクレジットの支払いが苦しいだけで自己破産を選ぶ人間は、自己破産後の生活には尚耐え難いことと思います。
守らないといけない家族やお世話になっている職場の方に対してあまりに無責任だと感じます。根本的に考えが甘いです。
自己破産なんてくだらないことを考える暇があれば、真面目に働くか、どうすれば出費を抑えられるか考えることをお勧めします。

投稿日時 - 2016-05-23 17:23:30

ANo.2

御自分名義の資産がある以上、自己破産は難しいと思います。
自己破産をする場合は、自宅や預貯金など清算する必要があります。そのうえて当面の生活費現金99万を除いた分が清算の原資となります。
確認ですがお金の管理はご自身でやられているのでしょうか?
内容からすると父親がお金の管理をされているのだと思いますが?
家族に話をしてみてはいかがでしょうか?
クレジットの引き落としが1回できなかったからといって自己破産は少し話が飛躍していると思います。
まずは、書かれている内容からして、心療内科にかかられた方が良い気がします

家族に現状を話し、診療内科に行かれるのが良いと思います

投稿日時 - 2016-05-23 17:16:39

お礼

ありがとうございます。
心療内科の心配をしていただき感謝いたしますが、いたって健全です。要件を飲み込んでいただき助かります。現在99万程度の貯金です。しかし、エアコン冷蔵庫等、また家具等買い揃えたので、かなり厳しいです。
自己破産して、専門家がやって来ても隠したものはないので、状態的には自己破産に当たると思います。家の資産については知りませんし、勝手にしてくれと言えます。誰かが請求に来たとしても、父親も自分のお金は自分の物だといえばいいと思うんです。それが通じるはずもないですが、父親は自分の名義にしてしまっているので困ると思います。

投稿日時 - 2016-05-23 17:29:04

ANo.1

世の中を舐めてはいけません。
自己破産とは借金の踏み倒しですよ。
当然その人名義の財産一切は没収です。
すべて没収して借金の返済に充て、それでも尚多額の借金があれば・・・という事です。
> 新築の土地や建物は自分名義です
これらを売り払えばクレジットカードの支払程度簡単でしょ。

投稿日時 - 2016-05-23 17:01:49

お礼

ありがとうございます。
むしろ、すべて没収されてしまえという心境です。
ただ、たとえ数百万の借金でもすぐ支払えてしまいます。
自分自身の生活は苦しいのですが。
聞きたいのは財産があるのに、自己破産できるのかということです。
何度もいいますが、自分はお金がありません。四苦八苦しています。
なので、新築で物入りになったら足らなくなるのは当たり前なんです。

投稿日時 - 2016-05-23 17:12:45

あなたにオススメの質問