みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

つまらないな、大学も将来の夢も

こんにちは!自分は国立大学に通う学生です!法学部で公務員を目指してます!最近、自分の人生これでいいのかな?と感じるようになってきました

僕の旧友が芸術系の私大に行きました
彼は高校時代あまり勉強ができる方ではなく、入試は筆記ではなく論文で通りました

将来は報道カメラマンになるんだと言ってました
新聞社は高偏差値じゃないといけないんじゃないのかな?
彼大丈夫なのかな?

だが、彼は大学入った瞬間みるみるうちに生まれ変わって行きました
大学の勉強を楽しい楽しい言いながらやるようになり、バンドサークルに入ってそこつながりでいろんなバンドのアー写の撮影をするようになり、
最近では教授のコネで某大手広告代理店のとある女優のポスター撮影の研修にいかせてもらったとか

今まで勉強も運動もできず、なんもできなかった内気だった彼が夢に向かって大きく成長し、たくさんの個性的な仲間に囲まれ、人脈開拓し、最近はコネまで手に入れて

非常に羨ましいです
同時に僕の人生こんなんでいいのかなとも思い始めてきました

公務員目指してるのも安定がほしいだけ
夢も希望もない
友人も彼女もいるがどこか冷めていて大きな壁を感じる
教授からのコネはない
よくよく考えたら大学そんなに楽しくない

こんなんでいいのかな
なんも面白くないな僕の人生
かと言って将来の夢はまだわからないし
公務員目指すしかない

あと高校の先生が言っていた「がんばって入った国公立大学は楽しいに決まってる、簡単に入れる私立とか推薦はいかんわ」ってセリフが気になります
これじゃまるで真逆じゃないか
彼は高校でがんばらなかったのにすごく楽しそうだし

正直なこと言うと
僕も彼のように夢がほしい
個性的な仲間がほしい
彼女も個性的になってほしい
教授と仲良しになりたい

僕も彼のように仲間、彼女、教授と共に夢に向かってがんばれるキラキラした大学生活が送りたい

それが無理でも、夢のある職業を見つけて、彼のように楽しみながらがんばりたい

どうすればいいんでしょうか?

投稿日時 - 2016-05-12 22:45:12

QNo.9171707

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

その友人は高校でがんばらなかったのではなく、「良い高校に入れば良い大学に行って安定した就職先に…」というレールに実力的に乗れなかっただけで、友人にとっては『期待していた高校生活が大して面白くもなく周りで勉強もスポーツもできている同級生が羨ましくて仕方がなかった』という3年間を過ごしてきたのかもしれません。

隣の畑が羨ましく見えるだけ、と言えばそれまでなのですが、単純に現状に不満足、もしくは期待していたものと現実が異なるという状況に質問者さまが絶望感を持ってしまったことが原因で、結局、夢に向かって進んでいる友人の方が「良い大学生活」を送れているわけではありません。ともすれば、先々プロのカメラマンや広告代理店、はたまた出版社などに就職した友人が「大学生の頃に考えていた仕事への期待と現実のギャップが大きい…」といったことで悔やむ場合もあるかもしれません。

ゴールは一定ではなく、人生のその都度で、ゴールや目標は流動的に変わっていくのですから、現状が期待とは違うものであれば、次のゴールを探して進んでみればいいのではないでしょうか。
たとえば現段階では国立大学を経て公務員としての採用がゴールだとしても、そのことに夢を持てないとしたら、それとは違う夢を探すという考えもありますが、公務員としての採用をステップに、その先に新しい夢を想像してみる、という考えもあります。
ともすれば公務員としてさまざまな「コネ」をつくり、それをステップに30代でベンチャーなど起業するという夢を抱いてもいいかもしれません。

もっとも重要なのは、夢見ていたものが期待とは違ったとしても、そのことで諦めてしまうのではなく、それでも『次の夢』を探せるかどうか、要するに、形を変えながら夢や期待を抱く力を持ち続けられるかどうか、という思考の柔軟性、向上心や好奇心なのです。
冴えない友達や彼女、つまらない大学生活でも、柔軟な思考と好奇心を持ってさえいれば、そのようなありふれたものも全く異なる面白い物事として再発見できるかもしれませんし、そのことが次のゴールを探す向上心につながるかもしれません。
人とは変わった生き方をする人や、珍しい職に就く人などが個性的なのではなく、全くのありふれた日常でさえも新鮮なものとして捉えることのできる柔軟性のある人の方が、真に個性的だと言えます。そのような人になることを目指してみてはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2016-05-17 03:30:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

ご質問を拝見して、私は森鴎外が百年以上昔に書いた「青年」という小説の一節を思い出しました。

「一体日本人は生きるということを知っているだろうか。小学校の門を潜ってからというものは、一しょう懸命にこの学校時代を駈け抜けようとする。その先には生活があると思うのである。学校というものを離れて職業にあり附くと、その職業を為し遂げてしまおうとする。その先には生活があると思うのである。そしてその先には生活はないのである。
現在は過去と未来の間に劃(かく)した一線である。この線の上に生活がなくては、生活はどこにもないのである。」

この小説の主人公は、旧制中学を卒業後独学で勉強を続けながら作家を目指して上京したという設定なので、当時の同世代の男子のなかではエリートともいえる若者ですが、そうした恵まれた境遇の下でもこのような悩みが百年前から存在したのです。

質問者様も、国立大学の法学部の学生で、今風に言えば「リア充」の若者のように見受けられますが、ご質問のように「立ち止まって振り返り、将来を考えること」は、若者の特権のようなものです。(少なくとも回答者の世代からみれば羨ましいと思います)

もちろん成績は悪いよりは良い方がよく、一般的には、成績がよい者の方が高収入や安定した職業に就ける可能性が高くなり、不幸にならない(幸福になるとは限りませんが)可能性が高くなるだろうという期待は持てるかもしれません。しかしこれは、あくまでも確率論であって、すべてそうなるわけではなく、また本人が幸福に感じるかどうかは、さらにこれとは別の問題です。

学校時代、特に高校までは上級学校の入学試験、大学であれば就職試験を意識するあまり、成績の点数や序列に過敏になり、漠然と成績の良し悪しが、その後の人生の幸不幸を決定してしまうのではないかと考えがちですが、数年前に郷里の九州の中学校の「還暦記念同窓会」などに出席して旧友の近況を知り、回答者は必ずしもそうではないことをいっそう実感しました。

回答者は大学である種の方向転換をしましたので(入学したときは理科だったが、文学部に進学して歴史関係の学科を卒業した)、偉そうなことは言えませんが、その際の経験で学んだことも含めて「□□したから○○しなければならない」と自分を追い込んだり、「他人と比較して優越感や劣等感を持つ」ことは、人生であまり得にはならないと感じています。

他人は他人、自分は自分であって、その時点その時点で自分で納得できる選択ができたのであれば、多少回り道をしたように感じられても、それはそれで良いのだと思います。長い人生の中では、「回り道」がかえって役立つ機会も少なくありませんし、幸不幸は自分の心の中で作られるものであって、他人と比較して決められるものではないと考えるからです。

投稿日時 - 2016-05-21 09:36:14

ANo.8

 公務員は食べていく上で必要な物。後は趣味として夢を持つことが大切でしょう。

 仕事だけが夢じゃない。生活基盤があるから趣味も楽しめますよ。ただし、ほどほどに趣味を楽しまないとトラブルもあるけど。趣味で生活できるぐらい活躍出来れば公務員を辞めても良いのですよ。

 

投稿日時 - 2016-05-17 18:00:56

昨日からどうも気になっていますので,加筆しておきます。

ぼくが書いた「現場で一所懸命に腕を磨くしかない」に並列すべき内容です。ぼくは報道や広告の業界がどういう採用人事をしているか知りませんが,この友人が「人脈開拓し最近はコネまで手に入れて」いるのは,そういう立ち回りをしないと就職できないからとも解せます。ぼくはそれへの【哀れさ】を感じます。

いっぽう,あなたが書いた「教授と仲良しになってコネを得たい」には,国立大学教授のひとりとして,その【卑しさ】に反吐がでますね。個人の実力で生きていきなさいよ。もし公務員になるのなら,公平に採用試験成績がよければいいんだから。その点でも,友人のほうこそ,あなたをうらやましいと考えているかもしれません。

投稿日時 - 2016-05-15 15:17:14

友人が将来の仕事であるカメラマン(※)を先取りした「実務」を経験していることが,あなたにはうらやましいように読めます。

※「スチル写真や動画を撮る職業」は英語ではカメラマンとフォトグラファーの2つがあります。「カメラマン」は監督などの指示でカメラ機材を動かす技術者,「フォトグラファー」は創造的な作品をつくる芸術家。

考えようによっては,「勉強も運動もできず、なんもできなかった内気」な人物は,法学部のような「つぶし」がきく学部は雲の上で,現場で一所懸命に腕を磨くしかないわけ。うまく才能が開花しなければ,生涯アルバイト暮らしになるかもしれない。友人のほうこそ,内心ではあなたをうらやましいと思っているかもしれない。

いまはあなたの国立大学でも,「村おこしなどを手伝う課外活動」を大学主導の学生団体でやっていたりするはずなので,参加すればいいでしょう。そういうことをやる意図は,「学生に<社会とのつながり>を認識させ勉学する意味を発見させる」というものです。あなたのような悩みをもつことは,それほど珍しい現象ではなく,大学も対処しているといえます。将来に公務員になるとすれば,それがあなたの「実務」になるでしょう。

投稿日時 - 2016-05-14 09:24:51

ANo.4

●小生も、芸大OR美大志望でした。・大学は、ご本人様”専攻カテゴリー&研究機関です。
大学は、社会貢献をしたい出来る自信を与える事が、目的です。・・・”光輝く”オーラは、まづ、投稿者様ご自身様が、”光源たらんと、ご努力だけなのでしょう。クリエーイティブ&ポテンシャル・アップこそが、人間でしょう。➡取り敢えずの、”中級公務員職でも、アカデミックなら、OKでしょう。・・・

投稿日時 - 2016-05-13 09:34:20

ANo.3

 考え方が贅沢過ぎませんかね。世の中、何もかもうまく行くわけではないですよ。

 テレビばかり見て、マスコミの話を過信している人ほど、将来は安定した職業に尽いて、幸せな生活が送れると信じ込んでいるようですが、果たして保障がありますかね。

 ある日、突然、巨大地震が起こって大都市が壊滅し、原発が爆発して放射能を撒き散らし、半径30km圏内が無人地帯と化す大事件が起こる御時世ですよ。

 あなたが住んでいる地域で巨大地震が起こって、夢も希望も一瞬で無くなるかもしれず、贅沢な夢を書いている場合では無いかもしれませんね。

 今の日本は債務が膨れ上がって返済不能状態で、このままで行けば財政破綻を起こしかねない状況です。公務員は大丈夫とは言い切れませんし、大企業がすでに2社も赤字経営で潰れかかっている状況です。

 安閑としていると危ないかもしれませんよ。

投稿日時 - 2016-05-13 01:10:31

夢は探すものや

ちなみに美大は就職が絶望的にないぞ
カメラマンはほとんどがフリーや雇われなんていないで
結果無理してイスラムに乗り込んで・・・しっているやろ?

公務員、楽じゃないぞ?
毎日苦情処理、世間では税金泥棒扱い
残業はサービスや超ブラックやな
5年の離職率トップが国家公務員ってのもうつ病トップも公務員なのも自殺率トップなのも公務員や。
言われた事だけやる毎日、自分の考え?生産性?効率?余計な事言わないで決議書作っとれ、公務員は政治家の駒やぞ!

そんな糞みたな人生にしかならんから安定した雇用でいかに楽して過ごすか、アフターに遊ぶかだけ考えるんや。

美大には夢はあるが職がない
公務員には夢はないが金はある

どっちか好きな方選ぶんや

投稿日時 - 2016-05-12 23:39:23

ANo.1

友人の彼は、新聞社に入るのが夢ではなく、報道カメラマンになるのが夢ですよね。
一括りに公務員になるのが夢、東証一部の大企業に就職するのが夢ということではなく、ハッキリとこういう職種で、こういう職業といって風に夢に具体像があります。

友人の彼は、報道カメラマンという目標を掲げながらも、現実には、色々な方向を探りながらも、カメラマンという職種には、執着しているようです。

いい大学を出て、安定性と将来性を見込んで公務員の道に進むことも、立派な選択です。

しかし、安定性や将来性は、夢や目標ではありませんから、初めから一点集中した執着心も、そこに向けた具体的な努力も自身が描く未来に向けたデザインも必要ありません。

つまり、公務員は、それ自体が目標であり、就職により、達成されてしまうのに対して、具体的な夢の実現に終着点などありません。
それを達成するための努力を常に継続し続けなければなりません。

新聞社に就職するのと、カメラマンになることとは、まるで意味が違うということですね。

ハッキリとした人生の目標があるからこそ、友人の彼は、生き生きとした毎日を送れるのではないですか?

投稿日時 - 2016-05-12 23:19:14

あなたにオススメの質問