みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

筋肉疲労の回復とストレッチは関係ありますか?

なまった体の筋肉を少しでも復活させたいと思い立ち、ジムで筋トレを開始したものです。

普段、箸より重いものを持たず、階段を上がることもない生活を長年続けてしまったので、インストラクターのアドバイスに従って軽い加重から始めました。

筋トレの後には、ストレッチをするようプログラムを組んでもらったのですが、先日、都合があってストレッチをせずに終了しました。すると従来と同じ筋トレメニューをこなしただけなのに、なんとなく筋肉疲労が残っているような感じでした。

筋肉疲労の解消のために風呂に入って、マッサージ器のマッサージを15分しましたが、いつものとの違いはストレッチをしなかった事だけです。

筋肉疲労はFF(Fatigue Factor)の蓄積という現象であり、筋肉疲労の回復はFR(Fatigue Recovery Factor)というたんぱく質を増やすことだ、と理解しておりますが、ストレッチとの関連が理解できません。(ストレッチがFRを増やすとは考えにくいですよね)。

質問1:筋肉疲労の回復にはストレッチが効果的ですか?
質問2:もしストレッチが効果的である場合、ストレッチがFRを増やすメカニズムは知られていますか?

筋肉疲労とストレッチの関連メカニズムをご存知の方より、解説をいただけるとありがたいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2016-05-10 14:17:47

QNo.9170438

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

1.
アメリカ陸軍で1000人の兵士を使って大規模な実験が行われました。兵士をストレッチをする組としない組に分けて肉体的な訓練を行い、その後の筋肉痛の残り方に違いが出るかを調べたのです。
この大規模な実験の結果は、「ストレッチの有無によって筋肉痛の出方に医学的に有効な差異は見られなかった」というものでした。
しかし個人的には「ハタチそこそこの兵士の結果を、中高年も含めた全ての世代に当てはめるのは無理があるのではないか」と思っていますが、中高年を対象にして同じような実験を行うと個々の体力差がありすぎて有効な比較検証は難しいのではないかと思っています。

2.
ストレッチにしてもトレーニングにしても、医学的メカニズムなんてほとんど分かっていないのですよ。よく「筋肥大に最も効果的なのは10回くらい持ち上げるのがやっとの負荷を10×3セット」なんていわれますが、それは何か医学的根拠に基づいたものではなくて、経験的にそれが一番いいとみんながいっている、ということに過ぎないのです。
ストレッチも、かつてはダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)がいいとされていてみんな運動前にラジオ体操をしていたのが、ダイナミックストレッチには意味がなくてスタティックストレッチ(静的ストレッチ)がいいといわれて世界中のアスリートがスタティックストレッチをやって、最近はスタティックストレッチは筋力の低下を招くから運動前は禁忌でウオーミングアップにはダイナミックストレッチだといわれているのです。この先また「・・・といわれていたが」ということはザラに起きると思います。一時期大流行した加圧トレーニングも、最近は筋肥大するだけで筋肉の能力は向上しないからボディビルダーなら加圧トレーニングは有効だけどアスリートはやるべきではない、という意見も出ているようです。

投稿日時 - 2016-05-10 15:39:02

お礼

貴重な情報を頂き、有難うございます。

そうですか、科学的な根拠が無いまま、経験則で言っているのですね。

まあ、個人的経験としは、ストレッチを遣らないと筋肉疲労が長引く気がしますので、自分の経験を大切にすればよいということですね。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2016-05-12 10:50:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問