みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

SSDのデフラグの必要性 Windows8.1

Windows8.1 のノートパソコンのデフラグについて教えて下さい。Windows8.1 128GB容量のSSDを使っているとして・・・。一般的なWindows8.1のパソコンではOSがHDDかSSDかを判断し、SSDならそれにあったデフラグ(トリムコマンドの実行)をしてくれているはずですよね?
確かWindowsエクスペリエンス インデックスで、ストレージの値が6.5以上だったらSSDと認識すると聞きました。フリーソフトで計測して見た限りでは私のストレージスコアは7.4 でしたのでOSはSSDと認識してくれていると思います。

私のノートパソコンは「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「ハード ドライブの最適化」で、スケジュールされた最適化、が全ドライブチェックが入っていました。月に1回のスケジュールでデフラグが行われる設定になっているようです
菅家はないかもしれませんが、システムの復元はとっておりません。

しかし色々なサイトを見てみると、
「自動デフラグは止めた方がいい、ReadyBoostやSuperFetchも無効にしないこと」と書いてあるサイトもあれば、
「ディスクに応じた“適切な最適化”がおこなわれる。これはHDDではデフラグ、SSDでは前述のTrimコマンドの発行だ。つまり、Windows 8以降では最適化のスケジュールから外してはいけないし、むしろONにする必要がある。また、Windows 8以降の場合は、PrefetchとSpuerfetchを両方有効化しておくこと」
とどのサイトを見てもバラバラなことが書いてあります。
私はなんとなく後者のほうが正しいと思うのですが、やはりWindows8.1以降でしたらOS設定のデフラグの自動実行はオンにし、PrefetchとSpuerfetchも有効にしたまま(つまり何も手を加えないまま)使えばよく、その上でたまにDefraggerのようなSSDの空き領域をデフラグしてくれるソフトを使えば良いということでしょうか?

また、システム領域(Cのレターのドライブ)やデータ領域(Dのレターのドライブ)は最適化が必要と出るのですが、起動用のOEMパーテション、EFIパーテション(PVR.DRV)、回復用パテションもデフラグツール(ドライブの最適化)に表示されますが、これもデフラグを有効にしてしまったままで良いのでしょうか?
別の質問で聞かせていただきたいとは思うのですが、どうも最近マシンスペックの割にPCが遅い(ブラウザーの起動など)を感じており、少し見直したいと思った次第です。
ご回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2016-04-28 14:11:28

QNo.9165064

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 HDDをデフラグするのは、シーケンシャルファイルの読み出し速度が速く、ランダムアクセスファイルの読み出し速度が遅いHDDの特性から来る作業ですが、SSDの場合はシーケンシャルファイルとランダムアクセスファイルの読み出し速度の差が大きくないので、デフラグしなくても大きな違いは出ないはずです。

 SSDでもデフラグしなければならないのは、細かく断片化したファイルの数が非常に多い為に処理速度の低下が大きくなった場合で、それ以外は特に必要ではないと思います。

 SSDのデフラグを繰り返すと、1回のデフラグで何回も書き込みを繰り返す為に、メモリーの劣化が進んでエラー率が増えるので、デフラグは極力やらない方が良いようです。

 SSDの場合、書き換え可能回数が2000~5000回ぐらいで、集積度が上がるほど書き換え可能回数が減少する傾向があります。SSDの寿命がHDD(10万回書き換え可能)に比べて短いのは、それが原因です。

 SSDは毎回書き込み領域を変えてアクセスする方法で、同時書き換え回数を減らしていますが、デフラグすると、それが無駄になるので、デフラグしない方が良いと言われるわけです。

 デフラグしては、いけないわけではありませんが、処理速度の低下が起こらない間は頻繁にデフラグしない方が寿命が延びます。

投稿日時 - 2016-04-28 15:19:03

お礼

ありがとうございます。やはり普段はデフラグを無効にして、年に1回位速度が遅くなってきたらやってみる、位が良いのかもしれないですね。空き領域のデフラグと含めてよく考えて使っていこうと思います。

投稿日時 - 2016-04-28 17:42:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

SSDではデフラグはやめたほうが良いです。
寿命を早くしてしまいます。
Trimコマンドにも触れているようですが、SSDのメーカーが独自のソフトを出している場合Trimコマンドをそのソフトから発行することが出来る場合もあります。
また最近遅く感じることがあるようですが、使用状況やタイミングにもよりますので、例えば起動直後であればWindowsが色々なサービスを起動していたりして動作が遅いとか、セキュリティソフトが裏でアップデートのチェックをしていたりとかあると思うので、タスクマネージャーとにらめっこしてみるのも良いかもしれません。
CPU使用率が高いのは何かとか。

投稿日時 - 2016-04-28 14:41:26

お礼

ありがとうございます。最近もっさり感じる一番の原因はFirefoxで、タスクマネージャーを見ると800M位プロセスをしようしてるのでまずはこいつをどうにかしたほうが良いかもしれないですね・・・

投稿日時 - 2016-04-28 17:39:36

ANo.1

SSDのデフラグは寿命を大きく縮める行為となるので避けた方がよろしいかと思います。

ご面倒でも一度初期化してクリーンインストールすればデフラグほどSSD本体を酷使せずに
健康な状態に戻せると思います、それで解決しないようならハード的な部分での問題の可能性と切り分けが出来ます。

投稿日時 - 2016-04-28 14:17:17

補足

それと、追記という形で補足をさせていただきますが仮にWindowsのコンパネのツールで無効にしてDefraggerのようなSSD対応のデフラグツールを通用にすれば、システムのデフラグは向こうにしてしまってもよろしいのでしょうか?

投稿日時 - 2016-04-28 14:25:17

お礼

ありがとうございます。しかし、Windows8以降のSSDデフラグはトリムコマンドを実行して調整するためのものでやったほうが良いのではないでしょうか?

投稿日時 - 2016-04-28 14:23:49

あなたにオススメの質問