みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

人種という概念はダーウィンの進化論によって生まれた

人種という概念はダーウィンの進化論によって生まれた。

ダーウィンの進化論が世に知られるようになるまで人種という概念は存在しなかった。

というのは本当ですか?

人種が1種類のアダムとイブから産まれたというキリスト教の童話に引きづられて真実を見失っている。

もし人類最初の段階に人種が2種類いたとしたら黒人、白人の辻褄が合う。

それをわざわざ嘘のキリスト教の話の1種類の人種のアダムとイブから人類がスタートとしたと錯覚する物事の考え方をするからおかしくなる。

猿だって色んな種類の猿が生息じている。

人間も同じでアフリカの黒人と同時期にヨーロッパに白人の人間がいたと考える方が妥当ではないですか?

黄色人種こそが色素異常の人種。または3種類の人間がいたと考えるべきか。

どうでしょう。

人種が1種類で黒人が人間の起源で、白人が産まれたという説はおかしい点が多い。

黒人だらけの集団に白人が産まれることはない。

あったとしても稀で、稀者同士が結婚して現在の白人の数になるのは不可能。

やはり最初の段階で黒人と白人の2種類の人種が存在していたと考えるべきではないでしょうか。

投稿日時 - 2016-03-17 00:10:04

QNo.9144225

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>ダーウィンの進化論が世に知られるようになるまで人種という概念は存在しなかった。というのは本当ですか?
どちらから得られた情報か存じ上げませんが、本当かうそかと言えば、本当ではありません。
ダーウィンは1809年~1882年の人です。
人間を皮膚の色などで区分することを書籍として発表したのはフランソワ・ベニエという人で1684年のことです。
学問的にコーカシア(白人種)、モンゴリカ(黄色人種)、エチオピカ(黒人種)、アメリカナ(赤色人種)、マライカ(茶色人種)の5種に分類したのはブルーメンバッハという人で1775年のことです。
概念というのであれば、少なくてもローマ帝国は広く交易をしていましたから、自分達と皮膚の色や人相風体が違う人がいることは知っていたでしょう。

>もし人類最初の段階に人種が2種類いたとしたら黒人、白人の辻褄が合う。
辻褄が合うというよりも説明がし易いというだけのことでしょう。

キリスト教云々は止むを得ません。だれでも自分中心に考えるものです。

>猿だって色んな種類の猿が生息じている。
この時に使う「種」と人種として使う際の「種」の意味といいますか定義が違いますので御注意願います。
猫の分類でも同じ種類の猫でも毛色や模様が違うものがいるときの区別が違うのと一緒です。
猿にチンパンジーやニホンザルがいるように、人類にも古くは色々な人類がいたとされています。
これを旧人と呼んでいます。
ネアンデルタール人や北京原人などは、現在の人類の祖先ではないとされています。

>黄色人種こそが色素異常の人種。または3種類の人間がいたと考えるべきか。どうでしょう。
日本人や中国人とアフリカ系のいわゆる黒人や褐色のインド人や中東の人達との皮膚の色が違うのはメラニンという色素の量が違うだけです。
色が薄いか濃いかの違いだけです。異常なわけではありません。
黒人と一言で言いますが、色が極めて濃い人も薄い人もいます。
白人とされる人でも比べると違いがあります。
日本人でも色黒の人も色白の人もいます。

日に焼けると黒くなるのは紫外線の影響を抑えるための人体の一種の自己防衛です
メラニンの量はビタミンDと関連があるとされています。
ビタミンDは紫外線を浴びると体内でも合成されますが、この合成作用が遺伝的に淘汰されて白人が生まれたのではないかと考えられています。
紫外線量のすくない北方地域では、合成作用が弱くても左程人体には影響がありません。
現在古い化石がアフリカ大陸から発見されていることから、アフリカ大陸が人類の発祥の地で皮膚の色は黒かっただろうと推定されています。

投稿日時 - 2016-03-17 12:41:48

お礼

みなさん回答ありがとうございます

投稿日時 - 2016-03-17 19:23:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

それと もう一つ・・進化論でも同じ事・・

何故 進化の過程で 人間はカラフルな色に ならなかったのか?・・

神が人間を創造してなくても その疑問は 同じなのです・・

投稿日時 - 2016-03-17 00:58:03

やはり最初の段階で黒人と白人の2種類の人種が存在していたと考えるべきではないでしょうか」←そうですね・・辻褄合わせなら その方が早い・・

だけど それならば 何故 もっと沢山の色の人種を創らなかったのか?

黒人と白人 そして黄色人種・・ これ以外にも赤い人種 青い人種 紫の人種・・等 色とりどりの人種が何故居ないのか?・・

蝶や鳥等には あんなにカラフルな模様があるのに 神は何故 人間には それを施さなかったのか?

投稿日時 - 2016-03-17 00:50:15

ANo.1

キリスト教原理主義では白色人種至上主義であるというのは事実です。

ただし、人類の色については環境要因が原因です。白色人種は日光の多くない(紫外線が少ない)場所に住んでいた可能性が高く、黒色人種は赤道付近の日光が多いところに住んでいた可能性が高いということが分かっています。

要は紫外線に対する防御能力が高い個体が生き残る(ダーウィンの進化説による自然淘汰の原則)という形です。従って初期段階から白人、黒人がいたわけではなく、人間の祖となる動物種が環境に合った形で白色~黄色~黒色様々な皮膚の遺伝的形質を形成していったと考えるのが一般的です。

投稿日時 - 2016-03-17 00:33:22

あなたにオススメの質問