みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海を埋め立てた土地に建てるマンションの耐震性

海を埋め立てて、タワーマンションがにょきにょき建てられています。横浜ですと、みなとみらいのあたりがそうです。
私は、地震の発生を考えますと、支持層もない、この間まで海だった上に建てられた建物に住む気にはなれません。でも、あれほど多くのマンションが大手業者により建てられ、堂々販売されているのですから、法的にも建築技術的にも耐震問題はクリアしているのだろうとは思います。
実際、ああいう海の埋め立て地に建てるマンションは、どのような工法で耐震性を確保しているのでしょうか。残念ながら、当方、建築の専門家ではありませんので、わかりやすい言葉でお教えいただけましたら大変ありがたいです。

投稿日時 - 2016-03-08 18:45:48

QNo.9139988

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

東日本大震災の時、千葉県の浦安市はそこらじゅうで地盤が液状化し、地域の上下水道などの地下埋設インフラや戸建住宅はかなりの被害を受けました。

しかし、超高層マンション本体は全く被害がありませんでした。
NO1の方の仰る通り、岩盤まで達する長い杭を打っているからです。
この杭は60m近くある長いものですが、支持層に達するまでは地耐力が殆どないため、もし現在問題になっている欠陥マンションの様に杭が短かったら、すぐさま傾いて大問題が発覚してしまうので、捏造はないと言っていいでしょう。

また、液状化地域では支持層へ達することとと同時に、液状化による杭への曲げ耐力による影響も検討されます。

さらに非常時にも作動する非常用エレベータも設置してあることがほとんどです。

一方で、免震マンションでない場合は、揺れの時間が10分も続き、居住者は大変な恐怖だったでしょう。

非常用エレベータの用途は、火災時の救助用のため、地震時には点検して動作確認をしないと使えません。ですから、食料の備蓄がない場合は20階の階段を昇り降りすることになってしまい、高齢者だとほぼ不可能でしょう。

現在は、こうした問題に対処するため多くの自治体では食料や水の備蓄を超高層マンションに義務付けたり指導を行っています。

生き延びられるかどうかという点で言えば、チンケな工務店が建てた戸建住宅よりはよっぽど安全だと思いますがどうでしょうか。

投稿日時 - 2016-03-08 20:39:07

お礼

非常に説得力のある、詳細なご回答をありがとうございました。岩盤まで達する杭を打っているとは。地震国日本の建築技術はすごいものですね。住むなら、免震、非常用エレベーターあり、非常食あり、のところがよさそうですね。

投稿日時 - 2016-03-10 19:47:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

横浜の埋め立ては、ふつうに土を入れているだけのようです。
新たに土を入れる場合は、好きなように入れる土を決められるので、強度は望み次第です。
(埋め立てでない)軟弱な地盤では、一度柔らかい土を取り除いて、強固な土を入れなおすことがあるぐらいです。

投稿日時 - 2016-03-09 12:24:29

お礼

そうですか、土の入れ直しというのもあるのですね。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-03-10 19:48:27

ANo.2

1981(昭和56)年に建築基準法の耐震基準が大きく改正されました。以降、新潟県中越地震や阪神淡路大震災、東日本大震災といったような大地震が各地で起きましたが、現在のところ1981年以降に建てられたビルやマンションで地震により倒壊した建物は1件も発生していません。阪神淡路大震災ではバッタリと倒れたビルがありましたが、あれは81年より前に建てられたビルでした。東日本大震災では、柱などに大きなひび割れが発生して「建て替えないと危険だから住めない」となったマンションはありました。しかし、倒壊したマンションやビルは一棟もなかったのです。
ですので今のところ日本の81年以降に建てられたビルやマンションは姉歯物件や先日の杭打ち事件のような不正が行われたものでない限りは世界一地震に強いと断言してよいかと思います。ですから東日本大震災を受けて地震に遭ったときの対策もそれまでの「すみやかに建物から外に逃げる」から「すみやかに建物の『中に』逃げる」になりました。ただ天井が高い建物だと天井板が落ちてくる可能性があるのでその注意は必要です。
東日本大震災のとき、浦安などの湾岸地区では液状化現象が起きて多くの一軒家が大きな被害を受けました。人間とは不思議なもので、液状化によって自宅がたった一度(たった一度ですよ!)傾いただけで「家にいると酔って気分が悪くなる」なんて状態になるのです。しかしマンションでは傾くほどの被害は起きず、補修程度で済んだのです。
東日本大震災で分かったことは、ああいう埋立地は一軒家を買ったらだめ、どうしても住みたいならマンションで、ということでしたね。実際に浦安辺りで一軒家を購入した人は、ローンは残る、自宅の改修が何百万円単位で必要、売却しようにも買う人が皆無で値段さえつかないという悲惨な状況になったのに対してマンション価格は全く影響を受けなかったそうです。

投稿日時 - 2016-03-08 20:25:57

お礼

詳細なご回答をありがとうございました。マンション、一戸建て、それぞれ善し悪しはありますが、地震の場合はマンションの方に軍配があがる点が多そうですね。もちろん、マンションのエレベーターが停止し、20階30階まで食料品を持って階段を上がる、とかは困りますが。
大変参考になりました。

投稿日時 - 2016-03-10 19:43:31

ANo.1

タワマンは埋め立ての上に立てて有るのでは無くて
埋め立て下の岩盤の上に立てて有るのですよ

この前の手抜き立て替え? の中層マンションは 手抜きで岩盤迄杭が届いて無かったから問題

しかし超高層建築の基礎の手抜きは怖くて出来ないから 割と安心

投稿日時 - 2016-03-08 19:04:35

お礼

「埋め立て下の岩盤の上に立てて有るのですよ」
そうだったのですか?存じませんでした。ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-03-10 19:44:19

あなたにオススメの質問