みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株を売却したいが決算時の配当金は受領可能?

株は完全に素人ながら雑誌をみてかなり以前購入した株を売却したいが、売却の時期を選択すれば売却したあとも次の配当金がもらえるとなにかの記事で読んだことがあるようですが、いつ売却すればこの範囲になるのかご教示いただけましたら大変助かります。 
 売却したい銘柄は: 6384 昭和真空 
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2016-03-05 14:01:01

QNo.9138265

kjf

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

昭和真空は、3月と9月が決算月ですから、3月31日、または9月30日が権利確定日といって、この日に株を保有していれば配当や株主優待を受ける権利があります。
株の売買には3営業日かかりますから、実際には、3月28日、または9月27日現在で株を保有していればその権利を得ることができます。
したがって、3月29日、または9月28日以降であれば、株を売ることができます。ただし、この日またはその直後に売ろうとしても、普通は株価は下がることが多いです。というのも、この配当などの権利がなくなった直後だからです。この株価のことを「配当落ち」または「権利落ち」と言います。
よくよく考えたほうがいいと思います。

投稿日時 - 2016-03-05 14:32:58

お礼

ご回答いただきありがとうございました。

なかなか購入した時の価格に回復してなかったので最近ようやく少し近づいた価格になってきたので売却したいが指摘して頂いたようになると、配当金権利日を待っていたら株価がまた下がっては意味がないですね。
よく考えてみます。大変助かりました。

投稿日時 - 2016-03-05 16:49:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

3月31日が配当の権利確定日だから,3月28日(3営業日前)の取引終了時に株を保有していれば,3月29日の朝に株を売却しても3月31日の権利は確保されます。

投稿日時 - 2016-03-05 14:20:36

お礼

ご回答いただきありがとうございました。

大変助かりました。

投稿日時 - 2016-03-05 16:44:34

ANo.1

3月31日の終了時点で株主名簿に株主として記載されていれば、その年の6月下旬に開催される株主総会で議決権を行使することができ、その総会で決議された配当を受け取ることができます。

投稿日時 - 2016-03-05 14:13:50

お礼

ご回答いただきありがとうございました。

お陰様でよく理解できました。 

投稿日時 - 2016-03-05 16:43:15

あなたにオススメの質問