みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

コンビーフのサンドイッチが少なくなったのは何故?

コンビーフのサンドイッチが少なくなったのは何故でしょうか?

**おねがい**

こういう質問をすると、え?普通にありますよ?とばかりに、
「コンビーフのサンドイッチ」でGoogle画像検索したリンク先を貼る人がいますが、
それは、わざわざ「コンビーフのサンドイッチ」だけを並べただけであって、
コンビーフのサンドイッチが、昔に比べて、サンドイッチの具の中でも割合が少なくなってませんか?というこちらの意図と噛み合ってないものです。

サンドイッチと表記した点で、サンドウィッチと言い換えたりしても結構ですが、
その違いは、今回はあまり重要でなく、その他言葉の使い方は好みもありましょうから、
違和感がある部分は、ご自分のそれとさりげなく置き換えて読んで下さい。

また、今回はコンビーフのことをテーマにしてるので、キュウリを具にしなくなってきた傾向など他の食材について話を広げられても、困るまではいきませんが、読み飛ばしてしまうかもしれません。

単に「売れなくなったから」というご回答でもいいですが、
正直、あまりそこから得るものは無く、
こちらが賢く省力でテーマをひっくり返されたかのように感じるかというと、そうは思わず、
むしろ、、いや何でもないです。

投稿日時 - 2016-03-03 07:37:16

QNo.9137143

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

コンビーフ自体が、そもそもいい肉ではないうえに保存食なのです。今ではコンビーフの材料になる肉よりいい肉をより新鮮でおいしい状態でかつ安く食べられるようになっているので、わざわざコンビーフを使うことが減ったという事でしょう。

「ノザキのコンビーフ」-基本は変えず、守り続ける伝統の味
http://j-net21.smrj.go.jp/develop/foods/entry/2012070401.html

>78年には年間販売量が最高の68万ケースを記録した。
>ただ近年では、流通網が発達し生肉を食べられる機会が
>増加したことや、健康志向の高まりから苦戦が続く。

投稿日時 - 2016-03-03 07:50:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

多分コンビーフ自体が具材として案外高いんでしょう。
原価的に合わない上にコンビーフ自体が高級と言うイメージがないので昔と違い価格とイメージが吊り合わないんだろうと思います。
どこもコストを下げてかつ見た目を良くする方向になってますから…

高級サンドイッチ店などで自家製コンビーフサンドとか非常に高価な物は見ますが、これは付加価値でしょうね。

投稿日時 - 2016-03-03 16:03:28

ANo.2

昔、世間がコンビーフと呼んでいた缶詰は、牛肉・馬肉が使われていたものが主流でした。

農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)が、2005年に改正されて、コンビーフは牛肉100%でなければ名乗れなくなってしまい、それまでの馬肉を使ったものはニューコンミートなどに名称変更されました。

その改正までは、コンビーフとして100円均一ショップでも販売されていましたが、改正以降は価格が極端に上昇して、今ではコンビーフと名乗る缶詰は1缶500円前後になっています。

ですから、コンビーフのサンドイッチは高価なものとなり販売が減少し、馬肉を食べる習慣の無い若者にはニューコンミートのサイドイッチも流行らないことから、コンビーフやニューコンミートのサイドイッチが流通しなくなったのですね。

投稿日時 - 2016-03-03 08:48:19

あなたにオススメの質問