みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

確定申告書Aの「給与 ア」と「公的年金等 イ」

確定申告の医療費控除のことで伺います
私は給与所得者で、親は年金受給者です。
給与所得者である私が申告書に書き込みます。
よって「給与 ア」欄に金額を書き込みますが、「公的年金等 イ」欄には金額を書き込まなくてよいのでしょうか?

一方で、年金受給者である親が書き込む場合は
「公的年金等 イ」欄に金額を書き込み、「給与 ア」欄には金額を書き込まなくて良いのでしょうか?

どちらが書き込むかで受け取る金額が変わってくるわけですが…
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2016-03-01 21:35:58

QNo.9136453

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そういう事です。税金は個人単独で計算されます。
給与と年金では控除が違いますもんね。

投稿日時 - 2016-03-01 22:24:00

お礼

「個人単独」で計算ですね。
回答ありがとうございした。

投稿日時 - 2016-03-02 00:44:05

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

質問者様は、給与。
親は、雑所得(公的年金)ですね。

所得が高い方から医療費控除を受けるのが
有利となります。

また、同一生計なら親の所得にもよりますが、
質問者様の扶養控除も適用できるか検討してみると
いいかもしれません。

投稿日時 - 2016-03-02 09:26:30

あなたにオススメの質問