みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文と日本語訳があります。和訳は適切でしょうか?

Among the many buzzwords we hear in Japan at the beginning of the 21st
century, two of the most common are “freeter” and “NEET.” These
terms refer to people who either work in temporary jobs (freeters) or those that
have no employment, education or training (NEETs). Although freeters are
working, most people have a negative impression when they hear these words.
One of the images that many foreigners have of Japanese people is that
they are diligent. How can it be then that this new breed of people, who appear
to have a casual attitude towards work, or are even lazy, came to exist? The
answer to this question is not as simple as it may seem.

和訳

多くの流行語の中で、私たちは21世紀の初めに日本で聞く最も一般的なの2つの言葉は「フリーター」と「ニート」です。  
これらの用語は、どちらも臨時の仕事(フリーター)で働く人または仕事を指し、教育またはトレーニング(NEETs)をしていないものについて言及しています。
フリーターの人は働いていますが、一般の人がフリーターと聞くと、大部分の人々には否定的な印象があります。
多くの外国人が日本人の持っていることのイメージの一つは、彼らは勤勉というイメージです。
新しい種類の人々(その人は仕事に対する何気ない態度をとるように見えます)は、今後どんな風に生活し、どんな風に怠惰でさえあって、どんな風に生きてきたのでしょうか?
この質問への答えは、単純にわかるようなものではないのです。

投稿日時 - 2016-02-21 01:20:16

QNo.9131411

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおりお答えします。原文・訳文・説明・添削訳文の順に列挙します。なお、引用に際して、原文・訳文を少し整理させていただきます。

>Among the many buzzwords we hear in Japan at the beginning of the 21st century, two of the most common are “freeter” and “NEET”. These terms refer to people who either work in temporary jobs (freeters) or those that have no employment, education or training (NEETs). Although freeters are working, most people have a negative impression when they hear these words.
>多くの流行語の中で、私たちは21世紀の初めに日本で聞く最も一般的なの2つの言葉は「フリーター」と「ニート」です。これらの用語は、どちらも臨時の仕事(フリーター)で働く人または仕事を指し、教育またはトレーニング(NEETs)をしていないものについて言及しています。フリーターの人は働いていますが、一般の人がフリーターと聞くと、大部分の人々には否定的な印象があります。

説明:内容はほぼ正しく把握できていると思いますが、誤植を訂正(「一般的なの2つの言葉」→「一般的な2つの言葉」、他)したり、二重に訳している部分を整理(refer「指し+言及しています」→「言及しています」)しましょう。
添削訳文:多くの流行語の中で、私たちが21世紀の初めの日本で聞く最も一般的な2つの言葉は「フリーター」と「ニート」です。これらの用語は、どちらも臨時の仕事で働く人(フリーター)、または教育やトレーニングを受けていない者(ニート)について言及しています。フリーターは働いていますが、人々がフリーターと聞くと、大部分の人は否定的な印象を持ちます。

>One of the images that many foreigners have of Japanese people is that they are diligent. How can it be then that this new breed of people, who appear to have a casual attitude towards work, or are even lazy, came to exist? The answer to this question is not as simple as it may seem.
>多くの外国人が日本人の持っていることのイメージの一つは、彼らは勤勉というイメージです。新しい種類の人々(その人は仕事に対する何気ない態度をとるように見えます)は、今後どんな風に生活し、どんな風に怠惰でさえあって、どんな風に生きてきたのでしょうか? この質問への答えは、単純にわかるようなものではないのです。

説明:casual「何気ない」→「無頓着な」、as it may seem直訳は「思われる(であろう)ほど」ですが、「思うほど」と意訳していいでしょう。
添削訳文:多くの外国人が日本人に対して持っているイメージの一つは、彼らが勤勉であるということです。(ところが)この新しい種類の人々、つまり仕事に対して無頓着な態度をとるとか、あるいは怠惰でさえあるように見える人々はどんな風に存在するようになってきたのでしょうか? この質問への答えは、思うほど単純なものではありません。

投稿日時 - 2016-02-21 12:28:01

お礼

回答有難うございました。

投稿日時 - 2016-02-21 12:44:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)