みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

住民税について

確定申告にて申告内容確認票Bの第一表の、課税される所得金額の㉖が50万円だった場合、
市民税の税率6%道府県民税の税率4%、市県民税均等割が5千円のケース。

市民税=500,000×市県民税(計10%)=50,000円
市県民税均等割=5,000

年額計=55,000円

上記で住民税の計算はあってますでしょうか?

投稿日時 - 2016-02-17 16:56:28

QNo.9129626

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

#3です。
所得税と市県民税の人的控除額の差については,たとえば
http://www.city.komaki.aichi.jp/zeikin/shiminzei/000979.html
調整控除についても書いてあります。

要するに,確定申告での課税される所得金額の㉖が50万円であっても,住民税では人的控除額の差がありますから課税される所得金額は50万円+x万円になります。これに10%を掛けた後,調整控除としてy円を税額控除するのです。
結局,住民税の所得割は5万円+0.1x万円-y円になります。
これに均等割りの金額を足せば,住民税総額が出てきますね。

投稿日時 - 2016-02-17 22:46:12

ANo.3

大体の金額はそうなるけど,所得税と住民税の人的控除の差と住民税の調整控除によって,正確には違います。

投稿日時 - 2016-02-17 17:13:11

補足

>所得税と住民税の人的控除の差と住民税の調整控除

これって何の事でしょうか?
だいたいでいいのですが、いくらくらいの調整控除がされるんでしょうか?

投稿日時 - 2016-02-17 18:12:18

ANo.2

住んでいる場所により多少違いますが、おそらく間違っています。
年額計=4,300円ぐらいかも。

投稿日時 - 2016-02-17 17:12:21

住民税は基礎控除が所得税とは違う
他にも違いがある

大体で良いならそんなもん

投稿日時 - 2016-02-17 17:09:36

あなたにオススメの質問