みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

貸したお金と自己破産

知人に200万円貸していますが、中々返してくれません。
当時、書いて貰った借用書がありますが、その返済期限は切れています。

先日、電話で「返せないものは仕方ない。詐欺でもなんでも良いから警察へ告訴してください。捕まったら自己破産します。」みたいなことを開き直って言われました。

とりあえず、借用書を公正証書にしようと思っています。
まず、どこに相談すれば良いでしょうか?
また、知人がいうように自己破産してしまったらどうなるのでしょうか?

投稿日時 - 2016-02-01 12:47:38

QNo.9120551

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

公正証書というものは、契約書を作成する際に、当事者だけでは無い、公正中立な第三者を交えて契約を結ぶものです。

当事者の二人が出向くか、公証人を呼んで、公証人の前で契約を交わす事です。
なので、契約書は3部作られ、当事者と公証人が一部を持つのです。

今ある契約書をあなたが公証人役場に持っていっても、相手が来て内容を認めなければ、公正証書は作成されませんが、その事は大丈夫なのでしょうか?

トラブルの当事者の相手が、その場に現れるとは思いにくいものですが。

現れなければ、公正証書は作れません。

投稿日時 - 2016-02-01 23:03:03

公正証書は、将来相手の財産を差押えるために作っておくものです。公証役場に行って作成しますので、相談はお近くの公証役場にすればいいでしょう。ただ、それには相手の協力も必要です。相手が作成に協力しない場合、裁判を起こすことになります。借用書があるのですから、判決はでるでしょうし、相手が出てきて分割払いの和解をすることもありえます。なお、自己破産して免責が認められれば、もう回収はできません。

投稿日時 - 2016-02-01 17:33:59

ANo.2

>とりあえず、借用書を公正証書にしようと思っています。

公正証書にするのは無意味です。費用を無駄にするだけで、なんの意味もありません。

「借用書」ってのは「手書きでハンコが無くても有効」ですから、公正証書にしても「効力は変わらない」です。

借金は「相手が債務の存在を認めれば有効」だし、時効も「債務の存在を認めた時点で中断」します(時効は「借金の一部を返した場合」も中断します)

なので、相手が「返せないものは返せない」と発言したのを録音するなどしてあって、その録音の日付が証明できれば、それでオッケーです。「返せない」という発言は「債務の存在を認めている」ので。

>まず、どこに相談すれば良いでしょうか?

弁護士会の無料法律相談センターへ。

>また、知人がいうように自己破産してしまったらどうなるのでしょうか?

債権者が集まって、債務者が残した資産(持ち家とか車とか家財道具とか)を、債権の額に応じて「山分け」します。

債務者の当面の生活費は残さないといけない(取り上げることはできない)ので、生活費くらいしか残ってない場合は、何も山分けできません。

投稿日時 - 2016-02-01 13:35:34

ANo.1

「捕まったら自己破産します。」これは言い訳ですよ。自己破産するにも金は掛かります。弁護士に頼めば数十万円、自己申請でも数万円は掛かります。そんなお金があるようなら「私に返して!」と言って下さい。200万円ですから地方裁判所民事に行けば、「貸金返還訴訟」の書式などを教えてくれますので、貴方が民事裁判で訴える方法もあります。相手が「詐欺でも何でも良いから警察へ告訴して、」と言われても事件性の無い限り警察は介入は出来ませんし、お金の貸し借りは民事事件ですから警察は手が出せません。「公正証書」を作っても相手がきちんと実行しなければ何にもなりません。この相手がサラリーマンなら、給料の差し押さえ、民事裁判をして給料の差し押さえ、これが貴方に取っては取り立てる確実な線かと私は思います。

投稿日時 - 2016-02-01 13:22:49

あなたにオススメの質問