みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

習い事をする子供たちの日常

習い事をする子供たちの日常


大学生の女です。

私は2ヶ月ほど前から絵画教室の授業アシスタントのアルバイトをしています。
その絵画教室は
4歳~小学3年生、小学4年生~中学生、高校生
の3つのコースに分かれています。

アシスタントと言っても、授業風景の写真を撮ったり、
教室にかかってくる電話対応などの事務作業、
一番下のコースだと、小学生の子と同じ作業が難しい子のサポート
などをするという仕事内容です。

授業の目的は、静かに行って絵などの上達というよりも、先生や友達とおしゃべりしたりして、コミュニケーションを取りながら、作業の楽しさを教える。
そして、「自分から作業した」等の成長が見れたら、お母さんお父さんに私たちが報告してお家で褒めてもらうという教育的なものの目的もあります。

絵画教室に通う子たちの家族は、簡単に言うと教育熱心な方が多いので、
「○曜日は絵画教室、○曜日と○曜日は塾、○曜日は英会話…」
等と幼稚園や小学校の放課後は習い事をしている子が多いです。

私は小学校の頃は親から楽器を習っていたくらいで、
きちんとした習い事はしていなく、放課後は友達と公園で遊んだり、家でゲームしたりと今思えば自由に遊んでいたと思っています。


絵画教室では、作業の楽しさをメインとしていて、時間内に作業が終わらない子もいます。
そのような子は、家で続きをやりたい子は持ち帰ってやっても良い。としています。

ある日、楽しい作業だったけど、終わらなかった子がいて、
「お家に持ち帰ってお母さんとやってもいいよ」
と声をかけると、
「私自由な時間ないもん。帰ったらすぐ寝なくちゃいけないし、○曜日は塾があって、○曜日は~があって、○曜日は…」
と全ての曜日が習い事で埋まっていて、その子はとても悲しそうにそれを話していました。


私は子供を育てたことが無いですし、私自身毎日習い事があった経験もありません。
とてもそれに関しては無知ですが、その子の様子を見てから頭から離れない疑問があります。


私の個人的なイメージですが、
習い事というのは、子供の将来のために親が与えた機会で、
(もちろん、子供がやりたいと言ってやったものもあると思いますが)
将来的にはプラスだと思いますが、
今回のように毎日毎日習い事で自由が少ないと子供が感じてしまうのはマイナスなのではと思いました。


放課後は友達と遊べないまま、毎日の習い事をして、
自由が無いと悲しく感じている子は、今後どうなるのでしょうか?


小学校の放課後は、自由に友達と遊んだりすることによってコミュニケーションだったり、自然と身につくものも多いのではと思っているのですが、
毎日習い事って、どうなのでしょうか。



文章がまとまらなく、長文で申し訳ないです。
毎日習い事をしている子の寂しそうな様子がずっと気になっているのです。
ここで知ったからといって、ただの授業アシスタントの私はその子にとってなにもできないかもしれませんが、
このもやもやを解消したいのです。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2016-01-26 00:59:21

QNo.9117191

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

もう子育てが終わりましたが、うちの子供が幼稚園の頃から習い事をしてないのは、
うちの子くらいでした。
外で元気に遊ぶことも少ないですね。みんなが習い事や塾があるので一緒に遊ぶ友達が、
いないので友達のいる習い事や塾へとか遊ぶのもゲームという感じでした。

それに安全に遊べるような場所もないですし。下校時ですら不審者の情報が、しょっちゅう
ありました。

さすがに毎日、習い事や塾という子は多くは、ないとは思いますが、外で元気に遊ぶは、
ないですね。
学校や地域で放課後、親が迎えに来るまで預かってくれるようなクラブとかに入ってる子は、
あるかもしれませんが。

そういう状況で育って大人になった人が周りにいますが高校まで友達が一人もいなかった
ようです。友達と遊ぶ時間がなかったと。
でも、コミュニケーションも問題なく大らかな人ですよ。

子供時代は大変で辛いかもしれないけど、だから全員がコミュニケーション能力に問題が
あるかと言えば一概には言えないと思います。

その子は、おそらく親にさせられているのだろうけど自ら、その道を選んでいる子もいる
だろうし。
学校にも行って集団生活もしているのだから、友達と遊んだことがないとは言い切れません。

短時間、短期間で良い人間関係を作るコツや能力が身につくかもしれません。

あなたの気持ちは、わかるし優しい人なんだろうなとも思いますが、あなたに出来ることは、
いっぱい話しかけるとか同じくらいの子と仲よくなれる、きっかけを作るくらいかと。
ただ、やり過ぎると本来のあなたのバイトの仕事から反れるので注意を。

環境に合わせ、より生きやすい方法を自分で考え実践するのも子供にとって学びになると
思います。

逆に、そういう細かい所に気付いて心を痛める、あなたの方が社会に出て問題を抱え込み過ぎて
ストレスでいっぱいにならないかと、おばちゃんは心配するよ。

投稿日時 - 2016-02-14 12:38:54

ANo.13

>放課後は友達と遊べないまま、毎日の習い事をして、
>自由が無いと悲しく感じている子は、今後どうなるのでしょうか?

 就職したあと一人で遅くまで残業しても平気っていう感じの人になるかも・・・

投稿日時 - 2016-01-26 16:42:29

ANo.12

小6の母です。ウチの一人娘は、ピアノと週一の塾です。

本当はもっと、遊んでほしいんだよね。
ウチの子に至ってはコミュ二ケーション障害になりかかってるとさえ思ってます。
だけど、公園や児童館に子どもがあまりいないんです。
一人だけでは遊べないし、たとえ遊べてもいろんな人がいて、
怖いじゃないですか。
行ってもいないから、行かないが高学年になればなるほど酷くて、
「じゃあ、習い事でも」っていうのが高学年ほど多いです。
で、うちの子はピアノをやっている訳なんだけど、
子どもが多い時代は、ちょっと位五月蠅くても「お互い様」で通りますが、
少ない事もあって、五月蠅くするとうるさく言ってくる人もいるので、
せめて明るい、早い時間に音を出すということで外に行かなくなるんです。
ピアノは、本気度にもより時間に差はありますが、毎日練習やるのが理想なんです。
しょうがないのかーってなってしまうんです。

で、貴方のような絵画教室が理想的だとおっしゃる親御さんもいるわけです。
ピアノも、小さいうちはグループレッスンが良いって言う人多いです。
ウチもそうでした。
親の自己満足でやらせている人もいますが
「やってみる?」と子供の意思を聞いているお母さんもちゃんといますよ。
友達と会えるなら、習い事でもいいという考えみたいですね。

投稿日時 - 2016-01-26 12:23:21

ANo.11

はじめまして

可哀そうという見方は否定はしませんが、
結局は後に、本人がどう受け止めるか?で
可哀そうであったのか、そうでなかったのかが決まると思います。
つまり、現時点では、どちらでもないと思います。

習い事からの可能性として一番大きなものは、「自信」だと思います。
何かに真剣に取り組み、周囲の同じ環境の人達とある意味 優劣を競う。
この中から生まれる「自信」。

個人的には、習い事はさせるべきと考えます。
但し、本気になれる環境が必要だと思います。
大抵 先生・コーチがつくと思いますが、ここが目的を持って本気のトコてことです。
親でもイイですが、親にスキルがあるものに限定されちゃいます。

習い事で失うものは、多分「多様性」です。
どうしても、習い事の狭い範囲での付き合いが多くなりますから、
考え方や価値観が偏る恐れがあります。
親がここをわかっていれば、ここをフォローすることは出来ると思います。
モチロン逆もしかりです。

個人的には バランスを高いレベルで持たせることが子供にとって良いと考えています。

投稿日時 - 2016-01-26 10:32:14

ANo.10

塾系だけじゃなく情操教育系統も習わせていることからも、勉強だけじゃだめだという意識はあると思うので、一概に保護者を責められませんね。
バブルがはじけたとき、最初に辞めさせる習い事は楽器系で、絵画は論外。スイミングはまだ継続させても塾を優先という状況でした。今は習い事も多様化していて、将来の趣味につながるようなものも増えた。
ものになるには時間がかかるのです。だから幼少期から始めなきゃならない。確かに遊ぶ時間も必要でしょうけれど、学校の休み時間も有効な時間なのです。
継続しなくてはならない習い事は面倒だと感じる家庭もあるようです。楽器は毎日練習しないと上達しないし、バレエなどもそうですね。逆にスイミングはそこにいかなくてはならないし、他のスポーツも自主練習は必要ですが、小学生ではその必要もないまま翌週の習い事の時間になるのでしょう。
逆に言えば、小学生が一番時間が取れるのです。中学生は部活必須な学校も少なくないし、勉強も小学生なみに宿題だけやればいいっていうものじゃなくなります。
件のお子さんは自分に合わない習い事があるのではないかな。それでちょとだけ辛いのだと思う。
幼少期に様々な体験をしておいた方が良いというのは間違いない。よって、一概に「かわいそう」というのは考えを改めたほうがいいのかなとも思います。
うらやましい。たくさんの経験の場があるってことは可能性も広がるということですからね。友達と遊ぶことも大切ですが、何より貴重な時間とお金を習い事に費やせるのはとてもうらやましと思う。そういう方向で考えていくと、かわいそうじゃなくなりませんか?

投稿日時 - 2016-01-26 09:49:40

 そうですねぇ、難しい問題ですよね。私自身、習い事盛りだくさんの子どもでした。月曜日は公文、火曜日は習字、水曜日はそろばん、木曜日はピアノ、それに加えて短期間ですが水泳も習っていた時期もあり、まさに自由時間のない平日でした。さすがにきつくなってきたのと、中学に入ったら学習塾に通い始めたのでピアノ以外は辞めてしまいましたが、それなりに楽しかったですよ。公文やそろばんは、お友達とわいわい通ってたので行くのが楽しみでしたし、習字もピアノも上達していくのが嬉しかったです。
 今になって、子どもたちに対してピアノを弾いてあげられるのも習っていたおかげだし、「字が上手ですね」とよく褒めてもらえるのも習字を習っていたおかげですから、通わせてくれた親には感謝しています。
 3~4歳の子どもには判断する力はありませんから、習い始めは親の判断で良いんだと思いますが、大きくなってからですよね。私のように、通うのが楽しくて自分から通い続けているなら良いですが、嫌々通っているのはちょっと・・・という気がしますよね。大体、嫌々通っても上達しないし身に付かないような気がします。それこそ、親の自己満足で終わってしまうのではお金ももったいないし、何より子どもがかわいそうですもんね。
 一定の時期になったら、子どもに判断させるのも良いのかもしれませんね。そこで、あまりにも嫌そうなら辞めさせたら良いんじゃないかと思います。
 放課後の時間をどう使うかは、基本的には子ども本人の自由だとは思いますが、親が子供のためを思って色々身につけさせようと習い事をさせるのも、私は悪いことだとは思いません。肝心なのはやはり、100%親の自己満足になっていないかどうかだと思います。

投稿日時 - 2016-01-26 09:39:18

ANo.8

教育ママが仕切ってる家庭の子供は
将来無気力になりがちです。
具体的には他人から評価されるのを怖がるようになり
実力を発揮する機会を避けるようになります。
実力が及ばず失敗したという経験をするよりも
最初からチャレンジしないほうが楽だという考えになっていきます。

子供にとって可哀相な環境ですが
これは他人にどうすることもできません。
習い事の数を減らしてあげることも、
両親の思い込みによる誤った教育を辞めさせる事も無理です。

ただ現在の段階で質問者さんにできることもあります。
できないことに思い悩むよりも
今できることに集中してください。

まずやるべきことは、自発的な行動について両親に褒めさせないということ。
成長の過程をわざわざ褒めるのをやめるということです。
というのも子供が楽しんで積極的に作業している姿を褒めるのは害になるから。
質問者さんは自分がただやりたくてやっていることを
他人に褒められたり干渉されたりしたくはないですよね?
子供だって親から褒められたくて新しい課題に挑戦してるのではないんですよ。

その代わりに子供にとって一番大事なことを教えてあげたらどうですか。
それは子供が楽しんでやっていることについて
両親がしっかりと聞いてあげること。
楽しい経験を色々思い出しながら話したり
やってみたいことを想像しながら話す時間は子供にとってとても大事なこと。
どういうことかというと、視覚的イメージを作り
それを言語化するという習慣を子供に持たせるということです。
こういう習慣はIQの上昇に顕著な効果があります。
なので教えてあげたら親御さんたちも喜ぶと思いますよ。

子供としっかり話す時間を作ることで
家族の絆も深まると思います。
情緒が安定し知性ある大人を将来増やすために
是非質問者さんも行動してみてください。

投稿日時 - 2016-01-26 09:29:19

ANo.7

地域性が関係していると思う母親です。

楽器も絵画もスイミングも公文も塾もある環境で我が子を育てました。
貴方が不憫と感じるように親は別方向から考えます、今の環境で何も習い事をさせないのは逆に可愛そうなのでは?と。

実際に放課後の学校は学童に解放されていますし、共働き家庭も多いのでお互いの家の行き来をする遊びは出来ません。
公園はボール使用禁止、小さい子も遊んでいますから。

そうなると働く親は家で留守番させておくよりは塾や習い事という「大人の目」がある方が安心します。
成長するにしたがってこれは辞めたいというものも出てきますし、スイミングなどは級を取と満足して辞める子がほとんどでした。
公文も辞めて受験用の塾に通うと不思議なことに、習い事というものがなくなります。

そして高校に行くと塾に通うよりも友人と図書館で待ち合わせて宿題するようになります。
毎日習い事している子は不満を口にしても「不安」にはなりません。
家庭の事情で何も習い事が出来ない、する必要が無いと考える親の子でも友人と毎日遊ぶことはありません。

うちの子の場合ですがスイミングや塾で知り合った子と、中学も別なのに同じ高校を目指して入学すると頻繁に遊んでいます。
小学生の子でも「不満なら全部辞めていいよ」と言ったところで、楽しい習い事や友達の居る塾を辞めるとは言いません。
貴方が不満を漏らせる「教室のお姉さん」であることは事実なので、今の子供達との関係は大切にしてあげて下さいね。

投稿日時 - 2016-01-26 08:34:14

ANo.6

>小学校の放課後は、自由に友達と遊んだりすることによってコミュニケーションだったり、自然と身につくものも多いのではと思っているのですが、
毎日習い事って、どうなのでしょうか。

逆に学校や近所のお友達との付き合いがうまくできない子にとっては
そこが心の逃げ場になっていることもあります。
それと子供が考えていることを大人に素直に話してくれているとは限りません。
親でさえ数年経って当時の本当の気持ちをあらためて知ることがありました。

かわいそうに思うお気持ちもわかりますが、
ただ一面だけを見て決め付けずしばらく様子を見てあげてください。
まずはそのお子さんがお教室の時間をできるだけ充実してすごせるよう
手助けしてあげることだと思います。

投稿日時 - 2016-01-26 08:31:06

孫の話しになります。
小中 どちらも習い事、塾無しです。

上が小学生の頃からクラスで、二人位しか 塾無しはいなかったと思います。

うちは二人とも
行きたがりません。
部活をやっていて
休みも週一だし
塾や習い事に行く子は 早めに部活を上がり
行くと聞きました。
うちの孫は
塾に行きたくないがために
勉強を自分なりに
やってる様です。
頑なに 行きたがりません。(笑)
習い事もしてませんが
家で裁縫したり
何かを手作りしたりしてます。

孫をみてると
集中力は感じます。
ケーキも 教えなくても
ネットで調べて
私達に 1個づつ
ありがとうのケーキを焼いてくれたり
ハムスターの家を作ったり
とにかく器用で
勉強もよくできます(笑)

家庭科の調理も
皆は何も知らないらしく
うちは 二人とも
お手伝いしてるので 何でも知ってますし。
娘もいってますけど
部活1つでも大変なのに
皆 よく塾や習い事通ってて感心するわぁって。
今はとも働きの家庭が多いので
塾等の方が安心というのも
あると思います。

うちの孫は
恵まれていると
思いますよ。

それでも 質問者さんの年齢でも
塾無し…も珍しい方じゃないでしょうか?

投稿日時 - 2016-01-26 08:26:44

ANo.4

毎日の習い事の上に学校の宿題。親は子供のスケジュールを埋めたことで満足しているのでしょうか。

食べ続けて消化の時間を取らないとパンクします。大食いできる子とできない子がいます。それを親が逐一見てあげているか、ですね。

子供が9歳くらいで自分の嫌なものは嫌と親に言える時期がきます。その時期に習い事を少しふるい落とす子どができるでしょう。それまでは親は習えるのは機会を与えているだけ、と簡単に考えているかもしれません。

13歳くらいで反抗期がきます。この時期には自分で習いたいものを選択できます。続けるかは本人が決めます。が、当初から始めていなかったら続けるも何も基礎が入っていないので親は幼少時から入れようと躍起になるわけです。

年少組は親のいいなりになります。ただ機会を与えて机に座らせても時間つぶしで終わることも多いです。お遊戯状態です。完全に親の期待過多。お遊戯ですから時間内に全て終わらせて子供に負担を与えない方がいいんじゃないでしょうか。

ピアノも語学も家でやってこようねでは貴重な遊び時間がなくなってしまいます。この子の寂しい顔は毎日の習い事ではなくて、さらに自由時間を奪おうとした宿題に向けられていると思います。家ではゴロッと寝転んでテレビを見ていいんです。多分家でも英語の教育素材を見せられてると思いますが。

投稿日時 - 2016-01-26 07:45:43

母親のコンプレックスと心配性が過度の習い事の原因として多いと思います。
家族や恋人であってもその解決は極めて困難です。

子供は保護者の努力や想いに応えようと元気や笑顔を装います。
保護者は子の演技に気付けず油断しがちです。
地域社会の希薄化、核家族化、共働きにより早期発見が遅れ
精神的な問題をこじらせる子供が増えている様子があります。
第三者の大人の方が子の闇に気付ける事はよくある事です。


>ただの授業アシスタントの私は
>その子にとってなにもできないかもしれませんが、
私にできる提案は1つです。

その子の親子関係は悪くは無い方ですから、
客観的な事実だけを伝えればバランス調整される可能性があります。

>楽しい作業だったけど、終わらなかった子がいて、
>「お家に持ち帰ってお母さんとやってもいいよ」
>と声をかけると、
>「私自由な時間ないもん。帰ったらすぐ寝なくちゃいけないし、○曜日は塾があって、○曜日は~があって、○曜日は…」
>と全ての曜日が習い事で埋まっていて、その子はとても悲しそうにそれを話していました。

この出来事だけを、
とても気になったからという理由だけ沿えて
客観的に手紙などで伝え、
あなたの感想や意見や考えは一切伝えなければ、

子の幸せが何か迷い悩む親であれば、
子と一度話し合うでしょう。
結果として形としての変化が無かったとしても、
それをその子が再度選んだのであれば、
以前の心持ちとは違う向き合い方ができうるでしょう。

ただ、
あなたの感想や意見や考えを添えて伝えてしまった場合、
・保護者自身が否定されたと感じ反感を覚えられうる。
・保護者が子を思想誘導されていなか過剰警戒しうる。
・価値観の押し付けだと思われうる。
・その子が保護者に詮索され嫌な思いをしうる。

など色々リスクが高まると思われます。
あくまで「こういう事がありました。」
とだけ伝える事でならば、
今件は多少の効果が期待できるのではないかと思います。

ただ、
あなたが何もせずとも長期的には自然解決されるものではないか
とも思えます。
しかし
子が本当に限界になって保護者をヒステリックに否定してしまうと
親子関係には暫く悲しい時期が生じる可能性もあるでしょう。
嫌われ役になってでも第三者が客観的事実を伝えておく方が、
保護者が子と対話しバランス調整をしやすくなるのではないか
とも思えます。

私の提案は以上です。
私は色々経験や考え方が偏っている面がありますので
1個人の意見として参考程度でお願いします。 それでは。

投稿日時 - 2016-01-26 01:55:19

ANo.2

小学生の子供がいます。
いまどきは放課後自由に遊んでいる子のほうが少ないかも。

ただいま~のあと、
今日は何曜日だから○○ちゃんとは遊べない。
明日は何曜日だから△△ちゃんとも遊べない。
だから家にいるっていいます。

習い事の日は試験は嫌だけど××ちゃんと会えるから絶対行く!
学校の友達じゃないけど□□ちゃんと会えるから習い事は行く!
と言う感じです。
つまり遊び場が習い事の教室に移っているのです。

寂しそうと言うのは確かにその子にとっては嬉しくないことなのかもしれませんが小学生は小学生なりにその場での楽しみや悩みを持っているのでしょう。
もしあなたにできるなら絵画教室の完成度は置いておいて、その教室内で楽しめるようにお友達との仲を取り持ったり、その子の良さを誉めてあげてはどうですか?

子供は親がどんなに成長させようとしても遊ぶものです。それが子供ですから。
絵画教室はその子にとってはわずかな時間です。それだけでその子のすべてが判るわけじゃありませんよね。わずかな時間だけでも楽しめるように気にかけてあげられれば十分だと思います。

投稿日時 - 2016-01-26 01:12:10

お礼

みなさんお返事ありがとうございます。

どの方も子供に対して真剣に考えてくださっている方ばかりで安心しました。
10年ほど前に教えてる子達と同じくらいの歳だった私の時でも習い事事情は変わったのだとわかりました。


今、質問した内容の女の子は辞めました。
その辞めた本当の理由はわかりませんが、
私が働いている絵画教室のよくある辞める理由は
「進学や引越しで通える時間がなくなる」
「行くのを嫌がるようになった」
があり、
もしかすると、その子は親にちゃんと自分の意思を伝えることができたのかもしれません。


ベストアンサーは、どの方も納得できたのですが、一番しっくりきた方にさせていただきました。


みなさんありがとうございました。

投稿日時 - 2016-02-07 00:29:40

中学生です。

私は、小学校のときにピアノと塾と新体操をやっていました。当時は、面倒だったし、休みたい時もありましたが、今となるとやっていて良かったと思いますよ!

未だに器械体操とか得意ですし。

投稿日時 - 2016-01-26 01:08:56

あなたにオススメの質問