みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

パチンコの借金返済のお尋ねです。

専業主婦です。
主人がパチンコでお金を借りていることがわかりました。
とてもまじめな主人のまさかの借金にショックを受けました。
主人も少ないお小遣いで返すのが大変みたいでバカなことをしたと後悔しているようです。
力になりたいけれど生活も一杯一杯で・・・どうやって返していったらいいのか、考えただけで不安です。
同じような体験をされたことがある方いらっしゃいますか?
パチンコの借金返済、どうされていますか?
相談できるところがあれば教えていただきたいです。

投稿日時 - 2016-01-24 10:05:06

QNo.9116252

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

どこでいくら借りているのか存じませんが、
私の場合まずはいくつか借金していた消費者金融を一本化してまとめました。
それだけでもかなり精神的に楽になるものです。
http://www.niego.org/
ここで色々調べることができると思いますので参考にしてみてください。

投稿日時 - 2016-02-04 18:44:42

ANo.6

銀行から借り換え

投稿日時 - 2016-02-02 04:18:32

ANo.5

難しい問題です、ギャンブルによる借金は自己破産や自己破産により免責も出来ません。
つまり全額返さなければならないのですが、法定外金利の場合は弁護士や司法書士、行政書士に依頼して法律で許される金利内にしてもらうことです。
まあ、貸してる方にしても、金融業法違反で逮捕されたくは無いでしょうから、金利は抑えられると思います。
生活も一杯一杯なんて言っているどころでは無いのですが、支払回数を伸ばせば、金利分が増えて、支払総額が増えますよ、無理をしてでも短期返済した方が得策です、また依頼した弁護士等が交渉するにしても、交渉次第で、金利を更に引き下げられる材料になるかもしれません。
場合によっては全額一括返済するから金利ゼロにしてくれと言う交渉も可能です。

投稿日時 - 2016-02-01 23:00:50

ANo.4

法テラスに相談してみたらいいかも。
無料で相談できるし収入によっては補助的ななにかあったはず、そんなに詳しくないので確実な事は何も言えませんが、まずは相談を。
http://www.houterasu.or.jp/

投稿日時 - 2016-01-24 19:56:14

ANo.3

普通は、遊興費(レジャー目的)で金融機関から融資は受けられません。

理由は、生活費ならある程度使う限度が存在しますが、遊興費(レジャー目的)ではそのような限度は存在しません。

つまり、お金を借りるときに、金融機関に使用用途を偽っている可能性が考えられます。
年収額や資産額や融資額が不明なので、やはり弁護士にご相談することをお勧めいたします。

投稿日時 - 2016-01-24 13:43:25

借金してまでパチンコに依存する問題は別に置いとくとして、消費者金融の借金について。

代わりに返すのはよくない、確かにその通りではありますが・・・返済総額や返済期間を考えれば、ご主人の稼ぎの中で小遣いのほかに生活費以外の余剰からも返済していくことを考えたほうがよいと思います。借金には利息がつきものですから。
少ない小遣いの範囲だけで返させることに無理にこだわると、借金がきちんと返せず一括返済を迫られたり、利息分だけしか返さないと借金が減らないなど、余計な事故を招きます。

もちろん、返済後は小遣いからその分は弁済させるというのはアリですよ。

金融会社が示す通常の返済方法では、返済額は安いのですが返済期間が長くなって結局は多額の利息を払うことになります。
たとえば、50万円を年利15%で借りているとして・・・途中での借り増しは一切ナシなら
毎月1万円の返済:79回くらい、総額約79万円
毎月1.5万円の返済:44回くらい、総額約65万円
毎月2万円の返済:31回くらい、総額約60万円
毎月2.5万円の返済:24回くらい、総額約58万円
毎月3万円の返済:19回くらい、総額約56万円

借金額が多すぎて到底返せないという話になれば、任意整理や個人再生、自己破産といった選択肢も出てきますが、デメリットもゼロではないので熟慮してください。
そういう話になると、借金問題に詳しい弁護士へどぞ。

投稿日時 - 2016-01-24 12:45:41

ANo.1

Q、主人の借金に関する相談先?
A、相談先は、借金の額によります。

 100万円以下であれば、地道に本人が返済していくしかありません。借金の総額が500万円前後ともなれば、しかるべき対応も考えなければなりません。いずれにしても、大事なことは<決して代理弁済しない>ことです。

投稿日時 - 2016-01-24 10:47:37

あなたにオススメの質問