みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

インフレについて

インフレがよくわかりません。
経済の本にインフレの説明が書いてあったんですが本には
「あなたは友達に100万円貸しました。
友達は来年利子を含めて200万円返す約束をした。しかしここでインフレが起きて、物価が一気に100倍になったとしたらどうなるでしょうか? 物価が100倍だから来年の200万円は今年でいうと2万円の価値しかなくなってしまいます。せっかく100万円貸したのに、返してもらうお金は2万円の価値しかない、こんな状態になったら誰もお金を貸さなくなります。これは困ります。」
ということが書いてあったんですが、
どうして物価が100倍になると来年の200万円は今年でいうと2万円の価値しかなくなるんですか?
なんかよくわかりません・・・
解説お願いします。

投稿日時 - 2016-01-07 00:17:41

QNo.9107351

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

大雑把に物の価格の決まり方について書きます。

物の価格はオークションのように競りで決まっています。
例えばスーパーで販売されているお肉は、スーパーが市場で競り落としたものを小分けにして一般消費者に販売しています。

スーパーsaiumalseiの手元資金は100銭で、スーパーBBの手元資金は110銭だったとき、競りに勝てるのは手元資金が多いスーパーBBとなります。ここではスーパーBBがお肉10kgを110銭を提示し落札したとします。

ここで世の中のお金が突如2倍になったとします。
スーパーsaiumalseiの手元資金は200銭となったため今度はお肉10kgを余裕で落札できると思い市場へ向かいました。しかし手元資金が2倍になったのはスーパーBBも同じで、スーパーBBの手元資金は220銭となっていました。ここでも競りに勝てるのは手元資金が潤沢なスーパーBBとなるでしょう。結果スーパーBBがお肉10kgを210銭を提示し落札しました。

このように物の価格、すなわち物価が決まるのです。
上記の例では物価は約2倍ということです。これは「物価が2倍になった = お金の価値が半分になった」ことを意味します。今まで1銭の支払いで買えていたものが、2銭支払わないと買えない、あるいは1銭の支払いでは半分しか買えないということになります。

投稿日時 - 2016-01-07 05:07:25

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

お金はただの紙切れであり、金属の塊に
過ぎません。

お金に価値があるのは、お金によって色々な
財やサービスが購入出来るからです。

今まで2万円で購入出来たエロDVDが、
物価が上がって200万になったら、お金の
価値は1/100 になった、ということに
なります。


「あなたは友達に100万円貸しました。
友達は来年利子を含めて200万円返す約束をした」
    ↑
これ、利息制限法と出資法に違反します。

投稿日時 - 2016-01-07 08:11:34

ANo.3

ジンバブエという国では、一日で物価が100倍以上になる時期がありました。
友達みんなで缶コーヒーを買おうとして、お店で150円の値札が付いている商品を手に取ってレジに持って行ったら、その間にも列に並んでいる間にもどんどん値上げがされていて、最初に買った友人は300円で、次に買ったあなたは400円で、あなたの後で買った友人は500円で買えたとします。
その缶コーヒーの価値は、商品を見た時は、150円、前の友人が買った時は300円、あなたが買った時は400円、あなたの後の友人が買った時は500円でしたが、これ、缶コーヒーだけが値上げされているのではなく、世の中のすべての値段が上がっていた場合、どう考えたらいいと思います?

こんなインフレだと、吉野家に行った時に、食べる前にお金を払うと300円なのに、食べている間に値段ごどんどん上がって後払いだと600円になるってわけですよね。
インフレ、物価が上がるというのは、お金の価値がどんどんと腐って減っていくということでもあります。
今日、300円で買えた牛丼が明日、30000円でしか買えないとしたら、今日の300円は昨日の3円分しか価値がないって言えませんか?
ちなみに、他国通貨は腐っていませんから、昨日、3ドルので食べられる牛丼屋は今日も明日も3ドルで食べられます。

ちなみに、ジンバブエですが、あまりのインフレで自国通貨を誰も使わなくなり、円や米ドルや先月からは中国元も「正式な」通貨として流通しています。

投稿日時 - 2016-01-07 07:07:39

ANo.1

例えばですが、今ペットボトル一本100円だとすると、200万円で買える本数は
200万(円)÷100(円)=2万(本)
よって2万本買えるわけです。

ところが、インフレになると物価が上がります。今まで100円出せば一本ペットボトルが買えたのが、物価が100倍ということは
100(円)×100=1万(円)
となり、1万円出してやっと一本買えます。ということは、インフレの状況下では200万円あっても
200万(円)÷1万=200(本)
となり、同じペットボトルを200本しか買えないわけです。

100倍に物価が上がったインフレ社会で、貸した時と同じだけ、つまり2万本のペットボトルを買うために必要な金額は
1万(円)×2万(本)=2億(円)
となります。200万じゃ全然足りず、損ですよね。

分かりにくくてすいません…

投稿日時 - 2016-01-07 01:11:01

あなたにオススメの質問