みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

全くもらえないなんてあり得るのでしょうか?

現在30才で毎月厚生年金を払っていますが、
65際になったときに年金が全くもらえなくなることはあり得るのでしょうか?

年金額が少なくなることや受給の年齢が遅くなることは想定できますが
全くもらえないなんてあり得るのでしょうか?

投稿日時 - 2015-12-31 01:07:10

QNo.9103845

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

厚生年金は、老齢年金は、基礎年金と厚生年金
の2つのことを言います。
厚生年金は、期間が短くてももらえます。
まったくもらえないということはない。
厚生年金の基礎部分=老齢基礎年金=国民年金は、
支払期間が短ければもらえませんが、会社員で、
厚生年金を支払っている(実際に支払っているのは、
半額で、もう半額は会社が払っている)のならば、
このまま払い続ければ、もらえないということはない。

年金の破綻が問題になっていますが、
破綻することが問題なのではなく、
絶対に、破綻させられないのが問題なのです。
何しろ、国の福祉政策の根幹です。
憲法25条の具体策が、この公的年金なのです。

投稿日時 - 2015-12-31 10:41:05

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-04 20:46:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

全く貰えなくなるということはないと思います。

おそらく最低?基礎年金額だは、保障されると小生は考えています。

ですから、無年金に陥りたくなければ、国民年金分を納付しないという愚は犯さないでください。

国も、選挙民の最低限の保証は考えているはずです。

しかしながら、我ら60代よりは、相当苦戦を強いられることは覚悟して下さい。

あとは自助努力あるのみです・・日本国は豊かでも何でもありません。肝に銘じてください。

投稿日時 - 2016-01-03 19:35:26

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-04 20:46:12

ANo.4

あると思います。

現状でも成り立っていない年金の収支ですから、今後は鬼のように1人あたりの受取額を減らさなくてはいけません。

最終的には、保険料の納付は税金のような義務として残り、支給については生活保護水準に近い貯蓄のない世帯に限定されるというような制度になることも想定しておいた方が良いかと思います。

投稿日時 - 2016-01-02 01:11:06

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-04 20:46:14

ANo.2

日本の経済破綻は十分に考えられます。破綻したからと言って制度そのものが崩壊する可能性はないでしょうが、額は限りなく少なくなる可能性があります。

投稿日時 - 2015-12-31 06:06:28

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-04 20:46:17

ANo.1

あるよん


厚生年金は25年
国民年金は40年
払わないと資格がない

現在30歳
20から働いて10年払ってたことになります
突如会社が倒産し
以後国民年金を一回も払わず(減免の処理もしない)
いれば
払われない

http://g-yukimura.com/nenkin-jukyu/

投稿日時 - 2015-12-31 01:38:51

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-04 20:46:18

あなたにオススメの質問