みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

養育費などについて

友人から相談されたのですが、私は法律や弁護士さんに詳しくないのでお知恵を貸してください。
友人はシングルマザーで6歳の女の子を一人育てています。
父親は私も知っている人(主人の学生時代の先輩)なのですが、妻帯者で友人が子供を産み育てていることは彼の家族は知りません。私の主人はこのことは知っていますが、学生時代の先輩なので知らないフリをしています
どうも産む前に認知してくれると言っていたそうですが、6歳になった今でも認知してくれていないそうです。彼のところにも10歳くらいの子供がいるそうです。友人は来年、小学校入学などもあるので、父親に認知してもらいたいそうですが、そのことを話すとはぐらかされていると言います。金額は知りませんが養育費はもらっているそうです。父親は外資系の会社にお勤めでお金持ちなのかわかりませんが、法律で計算した額より2万円程多いといっていました。ですがくれる金額はマチマチで少ない時もあるそうです。
1カ月ほど前、彼に認知のことで話をしたら、すごくキレられたそうで認知したら養育費を減らすと言われたそうです。彼女自身も怒鳴られ、疲れてしまったようで彼にはもう会いたくないと相談してきました。私も法律のことは全く分からないので弁護士さんに相談しては?と言いました。ですがシングルなので弁護士さんにお願いするには金銭的にもキツイみたいです。思い切って彼に弁護士か司法書士に養育費などのきちんとした文書を作ってほしいといったところ、彼の方が依頼をしてくれるようなことを言ったみたいですが、そうした場合、彼女(友達)は不利になるのでしょうか?
彼は認知しないから、その分、養育費を多く支払うといっているみたいです。ですが友達は毎月もらう養育費だけで子供を将来、大学まで進学させることは無理だといいます。
仕事はしていますが契約社員勤務で関東在住、家賃と食費だけでいっぱいいっぱいだと言っていました。友人は認知しないのだったら、代わりに子供が満足に教育(大学卒業まで)のお金が欲しいと言ってました。学資保険のように入学の際にまとまったお金も欲しいといっていました。
私なりにない知識でですが、認知していないと遺産相続できないと思うよというと、遺産の代わりに貰えるものってあるのかなといっていました。
彼は家族に彼女と彼女の子供の存在がバレたくないから、認知したくないのだとは思います。
彼女は子供にはやはり大学まで行ってもらいたい、自分の力で行かせてあげたいけど、親の介護もあるし自分一人では無理だと思うからと言っていました。
彼が依頼した弁護士だと彼女には不利でしょうか?また認知しないのだったら彼女が月々の養育費以外(子供の教育費など)受け取ることができるのでしょうか。
厳しい意見もあるかと思いますが、友人の私からすると子供を育てている彼女の気持ちもわかりますが、彼が彼の家族(家庭)を守る気持ちもなんとなくわかります。不倫した結果、自分で蒔いた種など厳しい意見もあるかと思いますが、なんとか彼女と彼女の子供が幸せになる方法を私になりに考えてあげたいと思い質問させていただきました。まとまりがない文章ですいません。

投稿日時 - 2015-11-20 10:46:58

QNo.9083202

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

毎月きちんとお金をくれていればいいのでは?友達もそんなのを信じて産むのが悪いです。結婚してから妊娠すればよかったのでは?多分不倫してたんですか?悪いことをすれば罰が当たります

投稿日時 - 2015-11-24 05:16:21

ANo.4

補足を拝見しましたので再度失礼いたします。

認知調停で、相手が弁護士を入れてもあなたのお友達が不利になるなんて事は考えられません。その理由は、先にも申し上げましたが、認知は子どもさんの人権を考慮してのものですので、子どもさん又は代理人、親族が認知の訴えを起こせば、裁判所が父子関係の存在事実を調べてくれます。

又、認知と養育費は別の問題です。調停も一緒にできません。認知を認められた後に、養育費の正しい金額を請求すれば良いのです。(調停でです。)そうすることで生まれたときからの養育費が計算されて支払ってもらうことが可能になります。

何度も申し上げますが、彼が認知を拒否してもご相談のケースは問題の無い話です。例え、養育費を支払う代わりに認知はしない。と、いう約束をしていたとしても、そういう約束は法的には出来ないことになっています。役に立たない約束です。

仮にお2人の間でそういう様に認知をしない。求めない。と、いう約束があったとしても、お友達が現実の生活を考えてやはり認知をしてもらってキチンと養育費を支払ったもらいたい。と、仰ればこれは、子どもさんの為に当然のことですので認知請求は問題なく可能です。

親が如何なる事を約束していても、認知は子どもさんの問題です。大きくなれば子ども自身が認知を求めることも出来ます。お友達は彼に何も引け目を感じたり遠慮したりすべきではありません。そういうように考えるのは、何もせずに生活が楽になる事を考えていることに通じますのでズルイ考えです。自分に責任があることを自覚すべきです。

そうすると何をどの様にすべきかが分かってきます。いつも心正しく生きるようにしましょう。間違った生き方を選択をした場合は、そこから改めて正しく生きれば良いのです。彼のいうことを聞いて、未だ発生していないことを左も発生する事実であるかの様に考えて、不安と恐怖から逃れるために何も行動を起こさないのは最低です。

投稿日時 - 2015-11-20 16:49:47

ANo.3

 文中に、彼は認知しない代わりに養育費を法律で計算した額より2万円程多い、ですが毎月もらう養育費だけで子供を将来、大学まで進学させることは無理、 と書かれています。

 矛盾してるでしょ?彼は法定養育費以上を支払っているんだからそれ以上、支払う義務はないですよ。だから、大学はあきらめるか、子ども本人の努力で奨学金を借りて自力で大学に行くしかないと思います。 
 認知しないなら学費を欲しいって支払う根拠がないでしょ?認知してもらわえば学費が捻出できるのですか?認知が大学進学条件なら認知して欲しいなら理屈が通るけどね。友人は認知をネタに彼の家族に、存在をばらしますよ、と脅迫しようとしているんじゃない?中絶せずに産んだのは偉いけど、認知しない条件だったのだから道義的にアウトでしょ!

投稿日時 - 2015-11-20 14:21:19

補足

わかりにくい文章でスイマセン。私も友人に聞き、自分の中で整理しながら書いたつもりでしたが、うまく書けませんでした。
友人は妊娠がわかった際、彼に話し、彼も生むことを了承しました。また子供さんについてちゃんと認知すると言ってくれたそうです。
ですが、6歳になる今まで何度か認知してほしい話をしてきたそうですが、いつもはぐらかされてしまっていたようです。今回、本当に認知してほしいと彼に言ったところ、彼は認知しないかわりに養育費を2万円多く支払っているのだといったそうです。友人は2万円多く支払ってくれていたのは、子供のことを気遣ってくれていたお金だと思っていたそうです。認知してくれると信じていたのに、してくれない。ということから話し合い?言い合い?になったそうです。なかなか認知してくれない彼になかなか言い出せなかった彼女も悪いと思いますが、家族にバラすことまではたぶん考えていないと思います。

投稿日時 - 2015-11-20 16:04:39

ANo.2

お友達の子どもさん、非嫡出子のままだと経済的にも精神的にも色々と問題が発生する可能性を秘めています。子どもさんの実の父親は、自分の子どもであると認めて、増減はあるものの養育費を払っているとのこと。しかし、こういう約束は相手任せになります。相手の都合で払わなくなったりすることもあり得ます。自由意思に基づく約束ですので。

お友達が仰る通り子どもさんにはそれなりの教育もつけてあげたいでしょう。そうなると安定した収入を始め進学などのときの準備も必要になるでしょう。色々と現実の暮らしを考えると現在の養育費の受け取り方は大変不安定な状況にあります。

今後のことを考えるなら、家庭裁判所に「認知調停」を申し立てられることをお勧めします。認知調停では間違いなく父子関係有りと認められるでしょう。そうすると子どもさんが生まれたときから養育費の請求権もあります。今もらっている養育費よりも多くなる可能性は大です。又、子どもさんが病気になったとき等々色々と相談も可能です。

お友達は子どもさんの父親に、いわば強迫されていて認知の申し立てが出来ないのだと思います。しかし、子どもさんを授かった責任がある上、責任の果たし方が分かっていながら父親の都合で子どもさんが認知されないのは不幸すぎます。子どもさんの人権を守るために、父親が認知を拒否した場合強制認知という制度もあります。ご相談の問題は子どもさんを中心に考える問題です。お友達と彼の駆け引きで子どもさんの権利をないがしろにすべきではありません。

お友達の都合で子どもさんの将来を、狭い世間の中でしか生きられないようにしてしまうのは余りにも親の勝ってではないでしょうか。ここはひとつ、お友達は自分のことと考えると脅されて引っ込んでしまうようになりますが、子どもさんの為に、子どもさんの父親に認知せよ。しなければそれなりの金額を計算して一括で支払え。或いは数回の分割で支払え。と、いう約束をして、それを公正証書にしましょう。

最後に、今回の認知の件で彼が弁護士にどういう理由で依頼するのでしょうか。彼が弁護士に依頼したところで、あなたのお友達が不利になることは何一つありません。お友達は、彼の言葉に振り回されているように思います。

今、そういう不誠実なことを言う彼なので今後においては益々信用出来ません。彼の家庭の子どもさんも大きくなるのですから・・・。今回の問題は、お友達が彼をかばうか、子どもさんに責任を持つかの問題です。又、今回の件は弁護士ではなく家庭裁判所に調停を申し立てる問題です。

お友達がハッキリと、子どもの認知をしてもらいたい。と、いう意思表示をすべきです。お友達も彼の言葉に惑わされている、ということは、子どもさんよりも自分たちのことを優先して考えているからです。非嫡出子の問題は、非嫡出子の人権を中心に考えるように、法律はそうなっています。子どもさんの人生に親は責任を持つべきです。

投稿日時 - 2015-11-20 11:49:01

補足

家庭裁判所に調停また強制認知など詳しくありがとうございます。子供さん中心に考えるべきですよね。友人は養育費をもらっている手前、あまり強く言えないみないです。彼はハッキリものをいう人みたいで・・・。
養育費ですが毎月きちんと決まっているわけく、そういうのも不安みたいです。父親である人が無責任だと私も思います。弁護士さんに相談するより調停が先の方がいいのでしょうか。調停になった場合、彼が弁護士を雇って話をすることになったら不利になることあるんでしょうか

投稿日時 - 2015-11-20 15:54:26

彼の気持ちとしてはある程度罪悪感や責任みたいな物を感じているけど、現在の家庭に飛び火するまでの事は絶対に避けたいだろうね

違う言い方をすると罪悪感や責任の本音には
身の保身があるとも言える

彼女自身も同じ事は言えると思う

どっちも手に追えない本当の責任をもて余してるって状態かな

綺麗ごとを言えばどっちも覚悟せいって話になります

現実的な事を言うと
交渉するしかないと思う、彼女の希望が100%通る事はなくて当然と思った方がいい
今の段階で彼に養育費を払う法的な義務はない
法的に認めさせるにはDNA鑑定をして裁判に持っていく必要がある
そこで認められても今より養育費は少なくなる可能性もある

彼は彼女がお金に困っている事を弱味として握っていて、身の保身を確保している訳ですから
彼と対等に交渉するには家庭にバラすと言うある意味脅しが必要になる

でも実際にバラしても彼女は奥さんに慰謝料請求される可能性もある訳で

彼との交渉に留める事が一番賢明かもしれません

交渉にあたっては、何を一番優先させるのか決める
お金なのか、認知なのか

認知は交渉では難しいかもしれませんね
認知=バレるに等しい為脅しとして通用しませんから

養育費と言うより中身は慰謝料みたいなものですよね
慰謝料を請求できない事もないかもしれませんが多くて300万ほどじゃないですか

今まで通りが一番いいのでは?
ご友人には上記のアドバイスはしにくいでしょうし無料で相談できる法テラスを予約してみるようにお伝え下さい

投稿日時 - 2015-11-20 11:26:30

補足

彼女も認知してほしい反面、養育費とか減らされるもの困っているのだと思いますが・・・。慰謝料を含めて法テラス?の方にすることも話してみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-20 15:42:10

あなたにオススメの質問