みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

天気予報は「天気予想」

  

 ご覧いただきありがとうございます。

 予報は、「前もって知らせること」
 予想は、「前もって想像すること」

 最近よく外れる「天気予報」ですが、予報であれば、例えば「今日の午前中は雨、午後から曇りで、夕方から晴れ」という天気スケジュールを前もって一般に知らせることと思うのです。つまり、予報の内容は気象庁でコンピュータ解析した計算の結果であるということになります。

 しかしながら、「よく外れる」ということは、前述したように厳密に計算したのではなく、「想像」が入っている結果と考えてしまいます。

 これらのことから、「天気予報」ではなく「天気予想」というのが正しいのではないかと思うのですが如何でしょうか。

投稿日時 - 2015-11-19 19:57:15

QNo.9082895

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>これらのことから、「天気予報」ではなく「天気予想」というのが正しいのではないかと思うのですが如何でしょうか。

外れるのは最近のことではなく昔からのことで
予想と言いたいお気持ちも同意できますが、

予報には推測の意味も含まれます。


以下、大辞林による予報の説明です。


(1)前もって推測して知らせること。 「彼の頭はそれを-するかの様に,どんよりと重かつた/それから 漱石」

(2) 天気予報。 「 -では午後雨になる」

投稿日時 - 2015-11-19 20:41:40

お礼

 予報という言葉に「推測」的な意味も含まれているのですね。

 ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-19 21:16:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

捻くれ者・・

それなら 幾らでも 捻くれた考え方が出来る・・

勉強だって 「勉めて強いる」・・勉強が 我が為にする事では無くなる・・

他にも色々あるが とりあえず 捻くれた考えは 辞めましょう・・

投稿日時 - 2015-11-19 20:59:17

お礼

 捻くれたくありませんのでご安心下さい。
 日本語は難しいことは理解します。

 ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-19 21:21:10

ANo.2

その通りです。

投稿日時 - 2015-11-19 20:38:08

お礼

 天気予報の業務は、大型コンピュータに膨大な観測データ等を入力し解析していると聞いています。
 入力データが正確であれば気象は自然科学現象なので計算が可能となります。100年後に日食が起きるなどは良い例です。

 ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-19 21:13:20

ANo.1

天気予報は、70%以上の確率なんで、それ以上を求めるなら『天気予定』です。

投稿日時 - 2015-11-19 20:11:40

お礼

 70%以上の確率があれば「予報」と言えるのですね。

 ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-19 21:03:05

あなたにオススメの質問