みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

トルクレンチの使用方法について

トルクレンチの使用方法について質問をしたいのでよろしくお願いします。
ホイル付きのタイヤを車にセットして、その後ナットをまずは手で回して、その後車載のレンチでナットを締めていくと思いますが、ここまでは合っていますでしょうか?
ある程度、手や車載のレンチでナットを締めた後、トルクレンチを使用すると思いますが
手や、車載のレンチでどの程度までナットを締めれば良いのかがわかりません。
また、トルクレンチの負荷なのですが、排気量1200cc程度から3000cc一般的な普通乗用車と言われている車種にはどの程度の負荷を掛ければよいものなのでしょうか?

また、トルクレンチで出来ることは締めるだけでしょうか?
緩めることも出来るのでしょうか?

トルクレンチを使用したことが一度も無く何もわかりません。
素人が行ってホイルやねじ山を壊してしまわないか等も心配しています。

また、比較的安価でその割には結構しっかりしている、お勧めのトルクレンチが御座いましたら紹介をしてはいただけませんでしょうか?

どなた様かご教示の程よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-10-31 19:48:05

QNo.9072842

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>ホイル付きのタイヤを車にセットして、その後ナットをまずは手で回して、その後車載のレンチでナットを締めていくと思いますが、ここまでは合っていますでしょうか?

 おおむね合っています。
 但し、
「1個のナットをまずは手で回して」→「車載のレンチでそのナットを締めていく」→「そのナットに対してトルクレンチを使用する」→「次のナットに対しても同様の作業を行う」
ではなく
「全てのナットをまずは手で回して」→「次に1個のナットをトルクレンチではない普通のレンチで締める」→「先に締めたナットに対して対角線の反対側にあるナットをトルクレンチではない普通のレンチで締める」→「同様の作業を繰り返し、1つのホイールを固定するための全てのナットをトルクレンチではない普通のレンチで締める」→「1個のナットをトルクレンチで締める」→「先に締めたナットに対して対角線の反対側にあるナットをトルクレンチで締める」→「同様の作業を繰り返し、1つのホイールを固定するための全てのナットをトルクレンチで締める」
という順番になります。
 その際、回答No.3様が

>よく、トルクレンチでカチッカチッと締めるいう人がいるけど、カチッの度に締め込む=測定ではなく増し締めすることになるから、カチッ一発で作業終了です。

と仰っておられる様に、カチッカチッと2回締めると規定トルクよりも若干締め過ぎてしまう事になるのも事実なのですが、もし、トルクレンチではない普通のレンチで締めた時のトルクと比べてあまりにも小さ過ぎて、トルクレンチを使った際に増し締めした量(ナットの回転角度)が多くなった場合、後から締めたナットが取り付け面にホイールを押し付けた事によってホイールがナットを押し返そうとする力が分散し、先に締めたナットに加わる力が小さくなり、その結果、先に締めたナットの締結トルクがトルクレンチで締めた時よりも小さくなってしまう恐れがあります。
 又、トルクレンチで締結トルクを確認した際に、1箇所くらい確認し忘れたナットがあるかも知れません。
 ですから、全てのナットに対してトルクレンチを使用した後で、もう一度だけ全てのナットに対してトルクレンチを使用した方が良いと思います。(若干、締め過ぎになる事は確かですが、仕方ありません)


>車載のレンチでどの程度までナットを締めれば良いのかがわかりません。

 大抵の場合、車載のレンチとトルクレンチでは手で握る位置(力点)とナットの中心(支点)までの長さが異なるため、トルクレンチで締めた時と同じ腕の力で締めたのでは同じトルクとはなりませんので、トルクレンチで締めた際の感覚は参考にはなりません。
 ですから、最初の内は練習としてある程度普通のレンチで締めた後、トルクレンチを使って一旦、規定トルクよりも2~3割小さいトルクでナットを締め、そのナットを再度普通のレンチで締めてみて、そのナットを増し締めするのにどの位の力が必要になるのかを感覚で覚える様にされては如何でしょうか?
 尚、この練習方法で締めたナットは、おそらく増し締めのし過ぎになって規定トルクを上回る力で締まっている事になると思われますから、練習を終えた後は一旦ナットを緩めて作業をやり直した方が良いと思います。


>緩めることも出来るのでしょうか?

 物理的には可能ではありますが、トルクレンチはボルトやナットを緩めるための道具ではありません。
 トルクレンチはナットがどの程度のトルクで締め付けられているのかという事を測定するための精密な測定器であり、用途とは異なる使い方をする事は、測定機としての調整を狂わせてしまい、トルクを正しく測定する事が出来なくさせてしまう事になる恐れが高いです。
 1回や2回でどうなるというものでもないとは思いますが、やむを得ない理由が無い限りは緩めるために使ってはいけません。


>素人が行ってホイルやねじ山を壊してしまわないか等も心配しています。

 手で締める際に、途中で引っかかる事無く最後までスムーズに締める事が出来ていて、トルクレンチの設定トルクがナットの規定トルクの何倍も高く設定されてはおらず、トルクレンチが「カチッ!」という音をたてて柄の先(ナットを掴んでいる部分と柄との結合部分)の関節部が僅かに曲がる手ごたえを見逃さなければ、トルクレンチでホイルやねじ山を壊してしまう恐れはまずありませんので、心配されなくとも大丈夫です。
 尚、ネジが途中で噛んでしまわない様にするには、ネジに砂や細かな鉄片等のゴミが付着していない様にネジ部をきれいに清掃した上で、ナットをはめる際に、まずナットを雄ネジの先端部に押し当てながら、最初は締めるのとは逆方向に回してみて、回転角度の関係でナットがカチッと1山分奥に引っ込む所を探し出して、そこの所からナットを順方向に回して締めて行けば、途中で噛まずに締めて行く事が出来ます。


>トルクレンチの負荷なのですが、排気量1200cc程度から3000cc一般的な普通乗用車と言われている車種にはどの程度の負荷を掛ければよいものなのでしょうか?

 それは車種によって異なりますから、一概に言う事は出来ません。
 下記のURLのページに参考値が掲載されていますが、同ページの注意書にも記されている様に、掲載されている値は目安に過ぎませんので、車種ごとの指定トルクを優先して下さい。

【参考URL】
 KYO-EI > ホイールナット&ボルトについて
  http://www.kyoei-ind.co.jp/sangyo/NUT&BOLT.html

 尚、車種ごとの指定トルクに関しては、もし車の取扱説明書の類に掲載されていなかった場合には、メーカーやディラー、整備工場等に尋ねるしかありませんが、教えて貰えるとは限りません。

投稿日時 - 2015-11-01 04:05:37

お礼

この度は、ありがとう御座いました。
とても詳しく解説頂きまして大変助かりました
ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-17 19:03:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

>トルクレンチの使用方法について質問をしたいのでよろしくお願いします。
>ホイル付きのタイヤを車にセットして、その後ナットをまずは手で回して、その後車載のレンチでナットを締めていくと思いますが、ここまでは合っていますでしょうか?

大丈夫です、間違いありません。

>ある程度、手や車載のレンチでナットを締めた後、トルクレンチを使用すると思いますが
手や、車載のレンチでどの程度までナットを締めれば良いのかがわかりません。

車載のレンチではなく十字レンチの使用をお勧めします。
手でナットを浅めに取り付けて、その後に十字レンチをはめてクルクルと回し、止まったところで、レンチを両手で持ち1回だけ軽く力を入れて締めます。
その後に仰るようにトルクレンチを使います。
負荷につきましては、103N・mが標準です。
私が使っているものはあらかじめセットされており、変える(変わる)ことができないようにテープが貼られてました。

>また、トルクレンチで出来ることは締めるだけでしょうか?
>緩めることも出来るのでしょうか?

勿論、緩めることもできます。
レンチの先に、ダイヤルのようなものがついてますのでそれを切り替えることによって締めたり緩めたりすることができます。

>トルクレンチを使用したことが一度も無く何もわかりません。
>素人が行ってホイルやねじ山を壊してしまわないか等も心配しています。

締めると「カチッ」と音がしますので、音がしたら止めます。
そのようにすれば、ネジ山を破損したりすることはまずないかと思います。

>また、比較的安価でその割には結構しっかりしている、お勧めのトルクレンチが御座いましたら紹介をしてはいただけませんでしょうか?

中国製はお勧めしません。最低でも台湾製の物をお勧めします。
因みに私は台湾製のエマーソンのレンチを使っております。
また、しっかりしている物を求めるのであれば、2万近くはしますがKTC製のものをお勧めします。

投稿日時 - 2015-11-06 12:47:24

お礼

この度はとても詳しく解説頂きましてありがとうございました。
素人の私にはとても参考になりました。
ご連絡遅れました事お詫び申し上げます。
この度は、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-17 18:57:57

ANo.9

>素人が行ってホイルやねじ山を壊してしまわないか等も心配しています。

その通りです。
締め付けが強すぎるとホイールのねじ穴を広げてしまう事もボルトのねじ山を傷めたりボルト自体をねじ切ってしまう恐れもあります。
弱すぎるとねじが緩む可能性も出てきます。
そのためにトルクレンチがあるのです。
車種によって締め付けトルクは指定されていますからその締め付けトルクに合わせて締め付ければいいのです。

個人的な意見ですが締め付けトルクが指定されているとはいえ厳密に〇〇kgで締め付けないと言うわけでなくある程度の締め付けトルク幅があります。
その範囲の力で締め付けられればいいだけですから習熟されている方なら手の感覚で締め付けられる事もあります。

トルクレンチは専用工具ですから本格的なものは高価です。
一般ユーザーが購入され個人のタイヤ交換に使用するならホームセンターで販売されている程度の物で充分だと思います。

投稿日時 - 2015-11-01 22:08:59

お礼

この度はありがとうございました。
とても勉強になりました。

投稿日時 - 2015-11-17 19:06:36

ANo.8

概ね合っています。
まず、全てのナットを手で締め付けできるところまで締め付けます。
(いきなりインパクトレンチなどで行うとねじ山を傷めます。手でしまる所まで閉めることでねじ山を傷めません)
次に、レンチでホイールにガタが無い程度まで締め付ければ良いです。
ジャッキアップした状態で、レンチを使って手で閉めれば良いです。
タイヤが浮き上がった状態では規定トルクまで締め付けることは難しいですので・・・
ジャッキを降ろしタイヤが接地するまで(完全に降ろしても良い)降ろしたらトルクレンチを使います。
締め付けトルクは、85~105N・mぐらいです。
スズキの車だと85N・mです。
他のメーカーは確認してませんが、100N・mぐらいで良いです。
締め付け方は、ゆっくりと締めてください。

投稿日時 - 2015-11-01 19:27:17

お礼

この度はありがとうございました。
ゆっくり締めるのがコツのようですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-17 19:05:57

55歳 男性
トルクレンチは設定した以上の力になるとカクッとなり設定された締め付け力に達した事が
分かりますので、必要な値に設定して作業をすればよいです
ねじは対象になる順番で締め付けましょ
最後に再度確認して均等になっている事を確かめます

投稿日時 - 2015-11-01 08:57:37

お礼

この度は、ありがとうございました。
日々、学習させていただいております。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-17 19:04:54

ついでです。
車載のホイルレンチはおすすめ出来ません。
出来れば、十字レンチを購入して使った方が良いです。
なお、私の使ってるのはこれです。
http://ohnishi.bh.shopserve.jp/SHOP/18100203.html

収納が楽なので、車載でも楽ちんです。

投稿日時 - 2015-10-31 21:54:05

お礼

ありがとうございました。
URLまで掲載いただき参考になりました。

投稿日時 - 2015-11-17 19:00:56

ANo.4

お礼

この度はありがとうございました。
URLまで掲載いただきましてありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-17 19:07:51

ANo.3

まず、トルクレンチは工具というより精密な測定器具。
よく、トルクレンチでカチッカチッと締めるいう人がいるけど、カチッの度に締め込む=測定ではなく増し締めすることになるから、カチッ一発で作業終了です。

>手や、車載のレンチでどの程度までナットを締めれば良いのかがわかりません。
漫然と作業をすれば気がつくことは無いだろうけど・・・

締め付けトルクは外す時のトルクでもある・・・適正トルクで締め付けられたナットを外す時の”手応え”を覚えることで適正トルク(前後)で締め付けるコトが出来る。

あ、ナット(ネジ)が締まるのは、ボルトの山とナットの山が接触することで生じる摩擦だけではない。
僅かならも金属も伸び縮みするけど、ナットを締め込むことで伸びたボルトが縮もうとする力の作用も重要(アルミは簡単に伸びきるから、アルミ製ホイルナットにインパクトレンチは禁物)。
加減が出来ない足などで締め込むと、ボルトが伸びきる=十分な締め込みトルクが発生できず緩みやすくなる=事故の原因となる可能性が高くなるから、「足で締める」なんて無謀なマネはしないでね。

投稿日時 - 2015-10-31 21:30:45

お礼

この度はありがとうございました。
何も知らなければ足で踏んで締めていたかもしれません。
いつも、こちらで勉強させていただいております。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-17 19:00:14

そんなに気になるのなら修理工場で して貰えば良いのに・・

俺なんかレンチに乗っかって踏んづけてたが・・

投稿日時 - 2015-10-31 20:15:00

お礼

この度はありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-17 19:06:56

>ここまでは合っていますでしょうか?
軽く締める程度でOKです。
均等に締め付けてあれば良いですよ。
どれだけで締めれば良いかは、トルクレンチを使ってみて感覚で分かるでしょう。

>車種にはどの程度の負荷を掛ければよいものなのでしょうか?
8kgf・m~12kgf・m 80N・m~120N・mぐらいになります。
10kgf・m、100N・mぐらいで締めておけば問題ないでしょう。

>素人が行ってホイルやねじ山を壊してしまわないか等も心配しています。
ちゃんと手で取り付けて、いくらか締め込んであればOKです。
まずは折れません。
まれに折れることがありますが、そういったボルトは元々劣化しているのであって、最後の引導を渡したに過ぎません。
自動車修理工場で打ち替えが出来ますから依頼してください。1本250円(材料だけ。工賃は別途)ぐらいです。

>トルクレンチで出来ることは締めるだけでしょうか?
緩める方向にも使えますが、おすすめは出来ません。
通常は右ねじですが、左ねじもありますからどちらにも使えます。

>比較的安価でその割には結構しっかりしている
私が使っているのはアストロプロダクツのものです。
校正が出来ない安物ですし、正確にそのトルクかどうかも分かりませんが、均等に締まれば良いので十分使えます。
12.7mmsqの物で良いでしょう。
http://www.astro-p.co.jp/product/880/

投稿日時 - 2015-10-31 20:12:08

お礼

この度は、ありがとうございました。
トルクレンチ挑戦してみようと思います。
万が一、ボルトが折れることがあっても意外とお安く治せるのですね。
もっと高額なものと思っていました。

投稿日時 - 2015-11-17 19:02:51

あなたにオススメの質問