みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

グリムの童話

グリムの童話は200篇と言われており、色々な翻訳本でもそのように書かれています。
実際には最終版ではKHM151の番号の物語が2編ありますね。それなのになぜ200篇といわれているのでしょうか。どなたか詳しい理由をご存知の方居られませんか?

投稿日時 - 2015-10-25 11:01:29

QNo.9069543

wy1

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

1。 グリムの童話集は下記のように86編の1812年の初版から、順次増えています。
 版 年 篇数
 1 1812   86
 2 1815  155
 2.2 1819  160
 3 1837  167
 4 1840  177
 5 1843  193
 6 1850  200
 https://de.wikipedia.org/wiki/Grimms_M%C3%A4rchen

2。151番はおっしゃる通り2種あり、二つで一つの2変種と出版当時考えられていたため、番号は一つです。これを別々に数えれば201になります。

 KHM 151: 1815 65 Die drei Faulen
 KHM 151*: Die zwölf faulen Knechte (ab 7. Aufl. zusätzlich zu KHM 151)
 

投稿日時 - 2015-10-25 11:52:03

お礼

詳しく解答有難うございます。

投稿日時 - 2015-11-02 15:26:50

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問