みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

旅客機のスピード

車とか高速鉄道などは最高速度アップ!というニュースはよく聞きますが、飛行機はほとんど耳にしない気がします。旅客機のこれ以上のスピードアップは難しいのでしょうか? もしくは何か規制があったりするのでしょうか

投稿日時 - 2015-10-07 15:08:45

QNo.9060142

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

スピードアップは出来ますよ。

ただし、スピードアップをするとそれだけ燃料を余分に消費します。
過去にも、コンコルドという飛行機がマッハ2で飛んでいました。

しかし、その速度になると、機体が大きくできない事や、燃料消費のために運賃がとても高くなります。
それだけの運賃をかけてでもスピードを求める人がどれだけいるのか?という話になるわけです。

高速型の飛行機になると、翼の形状や本体形状なども空気圧との関係で今の飛行機の形では対応できなくなります。
また、翼が小さくなると、離着陸速度が速くなりますので、今度は滑走路の長さが今以上に必要になり、利用できる空港などの制限なども大きくなってしまいます。

コンコルドは、事故のために運行停止して、その後対策を行って復帰しましたが、その燃費の悪さ(運賃の高さ)などから、利用者は減っていき、全機商業運行は終了になりました。

規制などではなく、運賃などの方の問題が多いでしょうね。

投稿日時 - 2015-10-07 15:29:47

お礼

ありがとうございます。運賃が高い、燃費が悪い、乗客もたくさん乗せられない・・・。難題ばかりだったんですね

投稿日時 - 2015-10-08 14:45:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

以前はコンコルドというマッハ2で飛行できる旅客機がありました。
軍用機ではSR-71(通称ブラックバード)というマッハ3で飛べる偵察機もあったので技術的には可能でしょう。
しかし、速度が上がるとなると空気との摩擦による熱とそれによる膨張、滑走路の長さが必要になる、衝撃波が大きくなり騒音問題が出る、燃費が悪いなど色々な問題があります。
いくら早い旅客機を作っても着陸できる長さの滑走路が無い、騒音の問題で飛べる場所が限られる、燃料代がかかるので運賃が高くなるなど商用的な問題があれば作っても売れないので作られないということになります。

投稿日時 - 2015-10-07 16:10:45

お礼

ありがとうございます
滑走路の長さや騒音問題もあるのですね。これは速度アップは難しそうですね・・・

投稿日時 - 2015-10-08 14:46:06

ANo.4

飛行機の高速化が行なわれない理由は「過去の失敗例」があるからです。

「コンコルド」でググってみてください。ググれば「コンコルドという失敗例」があるのが判ります。

「同じ失敗は誰もしたくない」ので「高速化は誰もやらない」のです。

投稿日時 - 2015-10-07 15:33:11

お礼

ありがとうございます
乗客100人はつらいですね。いっそ巨大VTOL旅客機を作ったほうがいいのかもしれませんね(笑)

投稿日時 - 2015-10-08 14:49:04

ANo.2

一般のジェット旅客機は、亜音速で、マッハ0.8~0.85程度が一般的な限界でしょう。

超音速旅客機もコンコルドとかありましたが、温策を超えると極端に燃費が悪くなるため廃止されましたね。また、衝撃波(ソニックブーム)が発生するため、陸地の上空では超音速は出せないという制限もありました。

今、日本では超音速(コンコルドほどは早くないけど)の低ソニックブームの研究がJAXAで行われていますね。

http://www.jaxa.jp/projects/aero/sf/index_j.html

投稿日時 - 2015-10-07 15:29:02

お礼

ありがとうございます
音速を超えると燃費が悪化してしまうんですね。空の乗り物はなかなか特殊ですね

投稿日時 - 2015-10-08 14:44:34

ANo.1

快適性、安全性、経済性、環境問題を加味した上で巡航速度が決められています。
スピードアップは可能でしょうが、デメリットが多くなるので上げないでしょうね。

投稿日時 - 2015-10-07 15:27:24

お礼

ありがとうございます
たしかにメリットよりはるかにデメリットが多いみたいですね・・・

投稿日時 - 2015-10-08 14:46:43

あなたにオススメの質問