みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

サッカーとラグビー。ラグビーが日本人向き?

ですか

投稿日時 - 2015-10-04 04:25:37

QNo.9058325

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>サッカーとラグビー。ラグビーが日本人向き?
ですか

個人的にはラグビーが好きですが、競技としての日本人への向き不向きでは→「サッカー」だと思います。

それは、タックルと言った直接&肉体的な接触やスクラム戦のような体重差の差が大きく戦術やゲーム展開に影響するラグビーに比べサッカーでは、比較的走力やパス回しや戦術的位置取りと展開で試合が進む点です。
ただし、ワールドカップや選手編成で外国出身選手が多く所在し出場できるルールから、日本人と言うよりも国別対抗では現在の世界ランキングはラグビー(ワールドラグビー12位)の方がサッカー(FIFA54位)よりも上位です。

また、現実の競技人口やJリーグの隆盛で見ると人気の面でも現状ではサッカーが上位なのでは・・・

※ワールドランク<ラグビー>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

※FIFAランク<サッカー>
http://www.tsp21.com/sports/soccer/fifaranking.html

投稿日時 - 2015-10-04 07:16:50

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2015-10-15 15:54:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

サッカーとラグビー、比較すれば、どちらも英国発祥のスポーツですが、世界的な競技人口で言えばサッカーの方が圧倒的に多いでしょう。

一般的に体格差などの関係から、日本人にラグビーは不向きだ、とされてきましたが、近年はサッカーでも「フィジカル」などと肉体的な面での強靭さが技術と相まって求められるようになってきています。

それらのことを考えれば、競技人口の少ない=戦術面でまだまだ余白がある(これまでの常識的な戦術とは異なる新たな戦術を生み出す可能性がある)ラグビーの方が、日本にとってはまだ有利なのかもしれません。
サッカーの場合、やはり戦術的に確立され過ぎていますし、それら戦術を新たに更新するだけの土壌は、他の国にはあっても日本にはないと思います。
しかしラグビーを見る限り、強豪国の多くが体格的な面を重視したプレースタイルでしかなく、それらとは異なる革新的なプレースタイルは、むしろ日本のようなラグビー後進国で生まれやすいのかもしれません。

国際大会などでどちらがより好成績を残せるか、という比較で「日本人向き」であるのは、世界的な競技人口の少ないラグビーの方が、まだ戦術的余白も多いと推測でき、可能性は高いのではないか、と考えられます。


ちなみに、昨今は国際大会での優勝こそありませんが、バレーボールでは常に戦術面では日本がリードしてきた歴史がありますね。確かに1位か2位か3位か…というような国際大会でのメダル争いこそ体格差が影響してしまうこともありますが、上位の強豪国のひとつ、もしくは要注意な伏兵…という位置付けに日本が位置しているようにも思います。
体格をカバーできるだけの戦術をどのように生み出せるか、またそういった戦術を生み出す余白がどれだけあるのか…というのが、特に球技系のスポーツには重要なことではないか、と思います。

投稿日時 - 2015-10-14 11:20:45

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2015-10-15 15:50:05

ANo.2

一部分に関してはそうかもしれません。
体の小さい日本人は、相手の間をすり抜けるプレイは得意かもしれませんし、テクニックも得意なので、ボールを横に繋いでいくプレイも上手くいくかもしれません。
問題はやはりパワーです。スクラムを組んでも押し負けしてしまいますし、潰された時にフォローができないと奪われてしまいます。

でも全般的には接触プレイが少ない分サッカーの方が向いていると思います。

投稿日時 - 2015-10-06 02:40:52

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2015-10-15 15:54:03

あなたにオススメの質問