みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日銀が買い入れた国債について

日銀 が買い取った国債は、そのまま永久に日銀が持っていれば、日本の借金はなくなったと考えられないのは何故なのですか。(日銀が買った国債が満期になったときは、借り換えるなどして)
日銀が買った国債が大暴落しても日銀の破綻はあり得ないですよね。 何故ならば、日銀が国債を 買って支払う金は日銀が印刷した紙幣であり、他人から借りた金ではないのですから。
それに、日銀がそのまま永久に持っていてくれた方が、国は、国債の償還額が減るのですから、国債の償還が滞ってしまう危険性が少なくなるので、国債所有者の不安も少なくなります。国債が確実に償還されていれば国債の暴落など考えられないです。

金融緩和したお金が回収できないのでインフレにはなりますが、それは当初の目的ですよね。明治時代に比べたら、現在の物価(貨幣価値)や、マネタリーベースは比べ物にならないのですから、長い歴史で見ればインフレになっても、それほど問題にはならないと思います。

自分でもこんな考えはどこかおかしいのでは(これでは錬金術ですからインチキでは)
と思いますが、どこがおかしいのかわかりません。

投稿日時 - 2015-10-03 20:26:28

QNo.9058131

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

今のアメリカFRBが償還債券の再投資をやっていますね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%AD#.E9.87.8F.E7.9A.84.E9.87.91.E8.9E.8D.E7.B7.A9.E5.92.8C.E3.81.AE.E5.87.BA.E5.8F.A3.E6.88.A6.E7.95.A5

このため、マネタリーベースは今のところは上がりも下がりもしない状況。新FRB議長は最初、償還債券の再投資をやめ、マネタリーベースを時間をかけて元へもどすようなことを言っていましたが、立ち消えになっている。EUではたぶん、償還によってマネタリーベースが下がって、大失敗の印象があるのでそのせいでしょう。

つまり、あなたのいうようなことは現実に起こりつつある。そもそも、マネタリーベース(お札の印刷量)がこれまで少なすぎであり、このまま日米の中央銀行が高いマネタリーベースを保持し続けることはありえると思います。

>自分でもこんな考えはどこかおかしいのでは(これでは錬金術ですからインチキでは)
と思いますが、

いや、中央銀行はお金を印刷できるのだから錬金術師なのです。

>日銀 が買い取った国債は、そのまま永久に日銀が持っていれば、日本の借金はなくなったと考えられないのは何故なのですか。

よって、日銀が国債をそのまま永久に持っていることは起こりえるでしょう。ただ、日銀が国債の直接引き受けができない法律があることから示されるように、日銀による財政援助(財政ファイナンス)は政治家による放漫財政への制限がなくなるので、日本の借金がなくなるとみなされるような政治的措置(日銀の国債放棄)はたぶん行われないでしょう。個人的には、様子を見ながら、少しずつ債券放棄するのは可能と思いますけどね(国会の同意が必要)。

投稿日時 - 2015-10-19 03:43:16

ANo.2

日銀が買い入れた国債について

長い歴史で見ればインフレになっても、それほど問題にはならないと思います。


★回答 問題にはならないどころか インフレがあたりまえ正常である

日本が20年近く異常 逆バブル 債券さやとりバブルを推進してきた奴  総括がまだなだけ
日本経済低迷して 政策を推進して 大元の方針アイデアを出してきた人間で
だれか 政府の人間 官僚で クビになったかね?
民間なら会社の経営低迷させた幹部はクビよ 株主からつっこまれる
国政府だと ごまかせる公務委員だから つっこまれない

経済現象は だれが得してるか 人間のおかれる立場での利権で判断するべき

まず 岩田先生の解説  このへん↓から入って
http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2013/ko130828a.htm/
http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2013/ko131018a.htm/
http://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2013/index.htm/
 量的・質的金融緩和 のトランスミッション・メカニズム
 自己学習 して 利権なしで
 論理的に 推定すれば 以下だろう



どだい普通にインフレになれば 日銀は ETFで儲かる

政府は  円安で外為特別会計あたりの 利益も広大 為替介入予算もいらない

全部 国債を購入して 今まで日本国債買って楽してもうけてた デフレ便乗の金融機関(財務省系)を制圧するため
全部日銀で買ってしまえば 債券屋も ほされるわけ 金融機関も株を買うしかない

「日本債券村」 解説↓
https://www.youtube.com/watch?v=yC8VUWW8u20&feature=youtu.be

毎年通貨流通量を増やして行く方法を推進している→もちろん正解だろ

反対する人間は デフレ期に 楽して 得していた人間
債券関係者 それに関係する利権のある人
消費税10パーでデフレ回帰のほうがうれしい人
消費税で財政再建 社会保障と税の一体改革は 大嘘 馬鹿だけそうだと信じる


急激なインフレはない
消費税10パーで以下となるだけ


(1)税収弾性値が平均すれば1程度と言う状況を推進

(2)財政再建は遠のく

(3)社会保障費は出なくなる

(4)クズ役人の天下り先 再拝する予算が増える

(5)日本だけ長期株価低迷 国民資産1/5になったまま 年金基金利回り低下

(6)一般国民おおぞん だまされる奴は馬鹿だった(T_T)/~~~



【仕組みは以下 Q&A ベストアンサー】


何のために財政健全化は必要なのですか ?
http://okwave.jp/qa/q9037637.html
デフレ対策と財政再建は、両立しないということです


国の借金
http://okwave.jp/qa/q8823829.html

★日本の債務超過について★
http://okwave.jp/qa/q9010760.html

消費増税の悪影響は内閣府予測の124倍でしたね
http://okwave.jp/qa/q8984507.html

財務省のキャリアーは日本経済の将来をどう見ているか
http://okwave.jp/qa/q9056121.html

アベノミクス以前、野田総理はなぜ為替介入をしたの?
アベノミクス以前、民主党の野田総理時代に何兆円もの税金(将来の税金も含む)を為替介入で使用し
大手マスコミが賛美していた気がするのですが
あのお金ってどうなったのでしょうか?
http://okwave.jp/qa/q8681414.html
逆バブルを推進する↑日本経済に住むダニの仕組み

★衆院解散について★
http://okwave.jp/qa/q8832571.html


【結論】
よって日本の消費税増税やETFを買わない行為は
一部の中高年  増税原理主義 財務省官僚によって良く練られた
ご自分への 利権誘導作戦と言える。
消費税増税の必要がなくなる プライマリーバランスになることを止める行為である。
デフレ気味にする 暗黒政策である。
海外の消費税 売り上げ税 とまったく 相関はない。
2015年10月 近頃じゃ 安倍政権 側近も
消費税はやらない方向に傾いてきたと言われる
財務省の馬鹿も死んだ

消費税増税を悲願する財務省に変わってもらうには?
http://okwave.jp/qa/q9021198.html

投稿日時 - 2015-10-05 04:10:58

お礼

有難うございます

投稿日時 - 2015-10-05 09:44:34

ANo.1

日本銀行は政府の子会社ですから、おっしゃる通り本来であれば相殺されて0になるべきところです。実際に他国では大抵この手の国債は残高には繰り入れられていません。
償還額についても日本銀行の利益は国庫に繰り入れられますから、利息分が浮きます。
今のところ大胆に金融緩和を行ってもなかなかインフレにならないのでずっと日本銀行が持っていてもだいじょうぶですが、問題はインフレのスピードが速くなってきたときです。当然市場からお金を回収してインフレを抑えなければなりませんが、その時に放出しないとインフレが暴走してしまいます。
さらに毎年多額の赤字がある以上、それを日銀引き受けで賄い続けるには毎年通貨流通量を増やしていかなければならないのでいつかはインフレ率の関係で続行不可能になります。
つまり、すさまじいインフレになるまでは可能です。(日本円の信用は落ちますが)
「インチキでは?」とありましたが、元々日本円を保証・発行しているのが日本政府なので。

投稿日時 - 2015-10-04 17:13:58

お礼

有難うございます。
別の質問で、日銀当座預金の付利について質問しています。

「日銀が2日発表した9月のマネタリーベース338兆4353億円、内訳は日銀当座預金が52.4%増の236兆1564億円。紙幣の発行残高は5.9%増の91兆3980億円だった。貨幣(硬貨)の流通高は0.7%増の4兆6397億円
日銀当座預金236兆1564億円は異常な額です。これではせっかく金融緩和をしても、市場に金が出ていないということで、心理的なインフレ圧力になっても、実体経済への影響力がそがれるのではないではないか」

という質問なのですが、日銀が付利0.1%を続けることにより今のところ、マネタリーベースの半分以下のお金しか市場に出ていないので、極端なインフレは考えられませんが、景気がよくなって、そのお金が市場に出ていくと、インフレが加速し下手をするとハイパーインフレになる恐れがありますね。日銀は、景気がよくなったことを見極めてから、少しずつ国債を買い戻すと考えているのでしょうか。まさに綱渡りですね。

欧州のように付利をマイナスにすると、インフレになる速度が速まり、コントロールできなくなる恐れもなくはないですね。
そう考えると、追加金融緩和で買い上げる国債が減ってきている現在、付利をマイナスにすればよいという選択も危険な金融政策かもしれませんね。

一番良いのは、インフレのスピードが2%、これがしばらく続くことですね
インフレのスピードが2%だと、35年ほどで、物価が2倍、日本の借金も実質半分になります。
 経済は素人ですので間違ったことを書いているかもしれません。

投稿日時 - 2015-10-04 19:21:59

あなたにオススメの質問