みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

うつ病の症状について

旦那がうつ病になって半年ほど経ちます。
夫婦で会社を経営しており、旦那は発病してから仕事を休んでいます。
うつ病になった原因は、私との方向性の違いや仕事への取組み方の違いです。
旦那に1人で抱え込ませてしまっており、そのために発病してしまいました。

発病して最初の頃は、落ち込み、何度か自殺未遂もありました。
基本的には私のことを頼ってくれており、旦那のためにできることはしようと思いました。
精神科に通院しており、病院で処方された向精神薬、抗鬱剤、睡眠薬などを毎日服用しています。
ここ2週間ほど、旦那の調子が良く、本人にも回復の手応えがあり、仕事も少しずつできるようになってきました。
ところが、最近、また自殺未遂をするようになってしまいました。
原因は、今、私が1人で会社を運営しているのですが、その運営の仕方が旦那のイメージと違っていたり、私がしてしまうミスがストレスになっているようです。
本人いわく、症状が改善したきたために以前より考えがはっきりしてきたため、嫌なところにも気が付くようになったとのことです。
そのせいで、旦那は私のことを嫌いはじめ、避けたり、私がふれたところを手で払うなど、色んなことを嫌がるようになりました。
よく、旦那に仕事のことなどで注意されたり叱られたりするのですが、先日、我慢できずに反論をしてしまいました。
もちろん、決してあってはならないことであり、なぜ反論してしまったのだろうと反省しております。
その日も自殺未遂を行い、私も旦那を止めるため、旦那が持ち出した首に巻くためのタオルを取り上げたりしていたのですが、力づくだと叶わず、ふり払われると転んでしまったり、今後ちゃんと旦那を止められるのか、不安です。
その時も旦那は泣きながら「これ以上嫌いにさせるな」「最後くらい好きにさせろ」「死んで思い知らせてやる」と言っており、本当につらそうでした。
旦那を楽にしてあげたいけれど、絶対に死なせたくありません。
もし、旦那のためになるのであれば、別れることも構いませんが、別居すれば生活の世話をしたりする人がいなくなるため、旦那は別居はあまり考えていない様子でした。

自分がうつ病の原因だけに、どうすれば良いのか分かりません。
旦那の症状は良くなっているのでしょうか。
思い切ってうつ病の原因である私は別れた方が良いのでしょうか。
今の状況は病気が原因なのでしょうか。それとも、回復すればするほど本人はつらくなっていくのでしょうか。
主治医の先生には2人で診察してもらうことが多く、あまり旦那の症状を正直に話せないためどう相談すれば良いのか分かりません。

ご経験のある方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけますと幸いです。

投稿日時 - 2015-09-27 22:26:06

QNo.9054990

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

病院の医療ソーシャルワーカーをしています。様々な要因が重なった形のご質問なので、少しずつ切り分けて書いていきたいと思います。長文になると思いますがお許し下さい。
 まずご主人の病気が本当にうつ病だけなのかという問題があります。例えばある程度の年齢なら認知症が見え隠れしてもおかしくはないと思います。
 
 うつ病に限らず、一般的にどのような病気でもいわゆる“バスタブカーブ”での病状の経過が言われています。発病後だんだん病気が病状が悪化して、最悪の状態まで来てからしばらく経過し、その後回復していく。ちょっと書いてみていただければ理解しやすいと思います。つまりご主人の今の状態は最悪の状態ではないということです。“でも現に自殺未遂を起こしているのに何故?”と思われるかもしれませんが、うつ病が最悪の状態なら希死念慮(死にたいといういう衝動)さえ起きにくいのです。あまりよい表現ではありませんが、自殺をしたいという衝動に駆られるくらいまで回復してきたと言えるのです。
 そしてうつ病の原因はikurasakeさんにあると思い込むのは禁物です。夫婦とは言え別の人格ですから、方向性が違って意見が異なることがあるのは当然のことです。ikurasakeさんも肉体的にも精神的にもお疲れのようですが、あまり自分を責めない方がよいでしょう。夫婦共倒れでは元も子もありません。
 いろいろなことが考えられるのですが、少なくともこれだけはやっておいても損はないだろうという項目を書いておきます。

1.ご主人の病気が本当に“うつ”だけなのか?糖尿病や脳血管障害、認知症などはないかを  チェックしてもらうこと。
2.主治医の先生の診察を時間が許せるならば、ご主人だけ・ikurasakeさんだけ・2人でと  分けてもらい、内容を付き合わせた上で治療方針を決めていくこと。
3.セカンドオピニオンを受けること。(嫌がる医師もいますが、自分の診断の方向性の確  認のために積極的な医師もいます。)
4.なにより規則正しい生活を。

 こんな所でしょうか。とにかく迷ったら躊躇なく主治医に相談することが肝要です。

投稿日時 - 2015-09-28 03:23:38

お礼

真剣に考えて下さったこと、本当にありがとうございます。
情報が不足していて申し訳ございません。
私たちは2人とも30代です。
旦那がうつ病になってから、いろいろと勉強したつもりではおりましたが、いざ旦那と生活を共にしていると、自殺しようとするのも回復の兆しであることをすっかり忘れておりました。
悪いことばかりではないのですね。
1の検査は受けているのですが、現状ほかの病気は見つかりませんでした。
今の病院はとにかく混んでおり、5時間待って10分程度の診察という場合がほとんどで、2でご提案いただいた方法は難しそうです。
反対に、今までずっと怖くてできなかった3のセカンドオピニオンを受ける時期だと感じました。
4の規則正しい生活、これが一番かもしれませんね。
旦那がいない分、仕事が忙しく、また旦那が起きている間は私が仕事をしていないと不機嫌になることで、ついつい睡眠不足になっておりました。
でも、きちんと規則正しい生活に戻ることの方が近道かもしれないと感じました。

いろいろとご教示いただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-09-28 21:49:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

元精神科病院事務員です。「本人いわく、症状が改善してきたために以前より考えがはっきりして来た。」この言葉を私は不信に思います。逆にこんな言葉は病気がそう言わせている。と私は思うし病気が改善して来たなら自殺未遂なんかしないと思います。仕事を休んで自宅にいるのは良いのですが、何で精神的病気を抱えながら仕事に口出しして来るのですか?自殺未遂とかの事の起こりはやはり病気でありながら仕事に口出しし過ぎでしょう。全くの安静な場所で療養しない限り、他人の目や様々な他からの情報が多すぎて、これでは治る兆しはありません。療養の方法に問題があるし貴方が何でも構い過ぎだから、旦那が頼る、仕事の事は口出ししない、頼らないこの事を厳しく言わないと、貴方がうつになります。

投稿日時 - 2015-09-28 18:11:11

お礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
入力したつもりが、正しく送信されていませんでした。
うつ病が回復していくと自殺するための行動力が出てくるということを聞いたことがあるので、夫の場合はこれにあたるのではないかと考えています。
おっしゃられる通り、もっと仕事と夫を離した方がよいのかもしれません。
夫の療養の方法について、改善しなければと思いました。
貴重なご意見、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-10-28 01:15:46

精神医学関係の本をすこし齧った程度なので口を挟むのもどうかと思うのですが、感じたことをご参考までに述べさせてください。まず感じたのは自殺未遂がいつも不首尾に終わることです。勘ぐると、あなたが制止するのをあてにして自殺行為をしているのでは。鬱病を訴えて病院に来るひとの多くは「鬱状態」で、四六時中自殺の方法ばかり考えている「鬱病」となると、医師ですら自殺を止めることができないそうです。夫が本当に自殺したいのであれば、あなたがいない時に首でも吊ればいいわけでしょう。
先の回答に「希死念慮」という言葉が出ていますが、自殺願望のある人たちからかかってくるいのちの電話などでは、その自殺意思の強さをはかるために、「どんな方法で死にたいですか」と質問。帰ってくることばが「そこまではまだ考えていません」だと、まだ希死念慮(漠然と死にたいという程度)の段階で、自殺を決行する危険はすくない。これが「ビルの屋上から飛び降りる」だと、危険性が高いと判断するわけです。
夫はあなたを嫌っているよりも、あなたに甘えているのでは。そのように思えなくもありません。鬱病の自殺は、鬱病がすこし良くなる段階で決行するようです。
しろうとの意見でした。



遂行できない

投稿日時 - 2015-09-28 17:44:57

お礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
入力したつもりが、正しく送信されていませんでした。
夫が、私に甘えているだけだとすると少し安心します。
私は、夫が自殺することだけはどうしても阻止したいと思っています。
病気の夫がどんなに望んでいても、どんなに嫌われても良いので、それだけは阻止したいです。
なので、遂行できないのではないかというご意見を頂き、安心できました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-10-28 01:15:50

あなたにオススメの質問