みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

NISA口座を開いたものの

先月地元の銀行でNISA口座を開設したのですが、
(1)取扱商品が少ないこと
(2)手数料のかかる、信託報酬の高いものばかりしかないこと
を理由に銀行でNISA開設してしまったことを
後悔しています。
手数料のゼロの、できるだけ信託報酬の小さい(年率税込0.756%)
インデックス型の
「三井住友日経225オープン」
の積立投信にしようかと思ったのですが、
ネット証券などではもっと信託報酬の小さい(0.4%程度)商品もあり
NISAをやめてネット証券で普通の投信にしようかどうか迷っています。

NISAは一年ごとに口座を変えることができるとのことなので
一年間だけ三井住友の投信を行い、一年後にネット証券のNISA口座を
作るか、それとも一年間待つか。

どちらがよいと判断しますか。
「そんなの勝手にしろ」
と思われるかもしれませんが、ご回答いただければ幸いです。

投稿日時 - 2015-08-30 19:28:00

QNo.9039232

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

インデックスファンドなのに手数料以外でも云々とか書かれている方が、インデックスファンドは実質コストを第一に見て問題ないです。
乖離率にも気を配る必要はありますが、どのインデックスファンドもほぼ乖離0でしょう。

NISAですが、今年も100万円全額投資する方がいいと思います。なぜなら年間0.3%の手数料差と、NISAの5年間利益に対して非課税のメリットを比べたときに、NISAのメリットの方が圧倒的に大きいからです。

また、来年インデックスファンドを購入するならば、それよりもETFを購入する方が信託報酬が安くなります。
TOPIXを目標とするものであれば最高で0.078%の手数料で購入できるものも有ります。
市場価格と基準価額に多少ズレが生じるので購入時には気をつける必要はありますが。

投稿日時 - 2015-09-01 09:50:50

ANo.2

★回答

そりゃ大失敗ですよ

銀行なんかなにもやく立ちません

ろくな金融商品の説明もできません
銀行員は相場感がないです まともにそんするだけと思います
国債で顧客の預金でさやとりする程度のことしかできません
アナリストは消費税に賛成傾向 財務省系のコピペが多い

投信は ネット証券で ETF ETN で分散したほうがお得
使えるアナリストも多い 質問ただ ネットセミナー無料
CEOみずから 顧客回答するとこまであるわけ
金融 分析ツールも無料
NISAは一年ごとに口座を変えることができるので
手数料無料のネット証券で ETF ETN
あるいは 米株(ETF)もNISAで買えるとこ
ETF購入手数料無料のとこ
単位 未満の株もNISAで買えるとこなどがおすすめである
銀行⇔証券 口座間の金の移動も無料

★私なら・・・こうする・・・・・・あくまで参考です 投資は自己責任←これ合言葉です
NISAをやめてネット証券で普通のETFでなれる
ETF購入 保有のキャッシュバックが あるとこもある
その後NISAは一年ごとに口座を変えることができるのであれば 来年
おきにいり ネット証券にNISA移動
口座は無料なので 複数利用する 住民票代金は調査費と思えばOKである
ただし一個だけ 特定口座 源泉徴収アリ と言う仕組み
その後一年ごとに口座を変えることができる
日本株 暴落にそなえ 海外株(ETF)も見る
ETFで金銀 原油もOKだ
インバースETFもあるので下落も利益とれる

投信しかやらないならNISAだけ 澤上投信にするね

。。。。おわり。。。。。。。。。

投稿日時 - 2015-08-31 16:57:57

手数料の違いで良し悪しは決められませんしNISA口座を作ったは良いけど欲しい物が無いから手数料の安い物をとりあえず購入って
この考えはあまりよろしくないと思いますよ。
手数料の低い物ほど値崩れが激しいような気もしないでもなくありません。

無理に買う必要などないのですから欲しくもない物まで買わない方が良いと思います

銀行でも手数料無料のところも結構ありますのでまずは欲しい投信を見つけてから取り扱ってる証券会社と銀行を探すといいです

モーニングスターで投信を検索すると取扱い証券会社や銀行もピックアップされるのでまずは調べてみてくださいね

投稿日時 - 2015-08-30 19:40:59

あなたにオススメの質問