みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

子供向け教室講師。保護者からのクレームにうんざり

子供向け講師をしています。
1クラス5,6名のグループレッスンで
小学校低学年クラスに、非常にヤンチャな生徒が数人います。
目立つためには、あの手この手を使って笑いを取ろうとし
全くレッスンに集中できていません。
学習に遅れが出ることにより本人も困りますが、他の生徒も一緒になって遊んでしまい
クラス全体が集中できなくなることがありました。

毎年、何人かこのような生徒さんがいて、対処法は
親御さんと相談しながら十人十色です。相談の上、退会をお願いすることもありました。

悪ふざけすると、本人への即刻注意は勿論のこと、ひどいときは保護者の方々には
メールや電話で相談、「他の生徒さんの保護者からクレームの恐れがある。」との
こともはっきり伝えながら様子に目を光らせています。

結局、一番心配していた生徒さんのクラスからは今のところクレームもなく、
お母様に暫くレッスンを見学していただき、今後もレッスンを続けることになりました。


私は指導歴の永いベテランですが、実は最近保護者からのクレームが多いのが悩みです。
クレームに神経質になっている自分がいます。

先日は少々元気すぎる?ぐらいのお子さん(この年齢では普通です)
に対してもクレームがありました。
「お月謝支払って貴重な時間をここに預けているのだから
他の生徒の邪魔をする子は即辞めさせるべきでは?そもそも何で習い事させるのだろう?
」と言われます。

おっしゃることはごもっとも。
「お宅のお嬢さんみたいに、皆さん大人しく静かにすわってくれる
子ばかりだと私も確かに楽です。でもね。。。」と口から出かかります。

ここは未熟な子供の集団、お互いに迷惑をかけながらその都度
軌道修正し成長するものだと
私は思っています。

最近あまりに安易にクレームを言う人が増えているような気がします。
保護者の許容範囲が狭くなったのか、
特に一人っ子大人しい女子の親御さんから、やんちゃなお子さんに対するクレーム
細かい要求が多いように思うのです。

クレームの多さは時代の流れで仕方がないのでしょうか?
私も、時代に合わせて習い事では「周囲に迷惑をかける→即退会」と
対応を変えなければいけないのでしょうか?


皆さんの率直なご意見お願いいたします。

投稿日時 - 2015-07-08 00:20:35

QNo.9008162

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

教育には無縁ですが社会の風潮が気になる戦時中生まれです。
現場の真面目な先生方(学校であれ塾であれ)のご苦労は大変なことだと思いつつ 意見も言わずに来た無責任日本人の一人です。
先生方の育った時代を思うと 我々とは社会環境も価値観も様変わりですから 余計な口を出す余地はなさそうにも考えております。

と言いつつ貴質問が気になって一言。
耳に入ることは
 世の親とりわけ母親の信じられない独善
 そして一部?の先生にもまた 信じ難い教育者以前の非社会性
なども多くあります。

小生の観察するに この数十年来の子どもたちは
 ・少子化で親が甘やかしていること。
 ・欲しいものは何でも手に入ること。
 ・食べ物に苦労がないこと。
 ・何をしても責任を追及されない(親が責任の概念教育をしない)。
 ・一人か親しい若干の仲間としか遊ばないこと。
 ・不特定の仲間との付き合い/遊びがないこと。
従って 意見/欲望の衝突経験がない。
    喧嘩をしない。
    自分の責任で行動しない/他人のせいにする。
    他人と自分の相対的関係が身に付かない。
    他人の気持ちが分からない。
    他人への気配りなどは論外。
結果的には
 自分の行動の社会的(子供なりに)意味の判断力も感性も訓練されていないのです。
 モンスターと言われる親自身が既にそのような人格なのです。

評論家的にしか言えませんが
教室や校庭での行動に 子供たち自身で責任を持たせることが必要と考えます。
例えば 話し合いで目標を立てさせて それに反する行為を子供たち同士で指摘させる。
良い行動のできている子を子供たち同士で支持してあげる。
更に言うならば 
かつての大小強弱混在の子供社会での 生きる力を再生しないと改善できません。
本来は長幼混在の教室や活動科目があるのが望ましいのですが...。
かつての日本の武家町民を問わず存在した寺子屋や藩校や私塾の形態です。
これを復古主義などと鼻で笑う前にその形態の効用を真面目に研究なさることをお薦めします。
同じ形態の復活はさすがに現代社会に適合しませんが 本質を理解すると教育現場での役に立つと考えます。
長が幼を指導する自覚の醸成 長への尊敬の育成と弱者への思いやり 子供なりに社会構造の体験と参画意識の芽生え。
ついでに 喧嘩の仕方と治め方も身に付きます。とりわけ男の子にとって喧嘩の体験は重要です。

今の時代の先生はお気の毒で 罰を与えるにも自由度がない。
にもかかわらず責任ばかり追及される!
母親のクレームは所詮情緒的なだけです 具体的ないじめ問題以外は無視して放置するのが最適解ですが 学校全体で取り組まねばできない?

ご参考・・・右がかっているとか復古だとかは無関係に願います
会津藩什の掟[編集]・・・現在も会津人はみな規範として大事にしています
一、年長者の言ふことに背いてはなりませぬ
二、年長者には御辞儀をしなければなりませぬ
三、虚言を言ふ事はなりませぬ
四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
五、弱い者をいぢめてはなりませぬ
六、戸外で物を食べてはなりませぬ
七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです・・・この一句が決め手です
       母親には家庭でせめてこれだけしてもらう!

詳細はこちら・・・10条ないのに10の掟との疑問もこちらを
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%80_(%E4%BC%9A%E6%B4%A5%E8%97%A9)

投稿日時 - 2015-07-08 22:30:53

個人塾の者です。
小学校低学年ではなく、高学年以上を対象にしていますので、参考意見と考えてください。ヒントにはなるかもしれません。


塾だよりを発行していらっしゃるでしょうか。
学習のようすなどを簡単に、日記風に書いて載せてみてください。
できるだけ生徒の良い面を書くようにします。
「今日はいつもより集中力がすごかった」
「正解数が増えてきた」
などです。書くことがなければ
「○○を学習した」
でも良いです。
「いつも私(ご質問者)はあなたを見ているから心配しないでね」
というメッセージを保護者から生徒(子ども)に間接的にでも伝えてもらうようにしてはどうでしょうか。


指導している教科が何かわからないのですが、たとえば百マス計算など取り入れてみてはいかがでしょうか。他の教材が使用できないチェーン塾だとむずかしいでしょうけれど。


いろいろなタイプの本(テキスト)が販売されています。
制限時間があるので、時間内で解けない場合は、次回にチャレンジです。こういうのは、目標ができるので、男子が、特に夢中になるはずです。集中力がつくし、計算力も向上するので、一石二鳥ではないでしょうか。


それと、騒ぐのが男子生徒になら、こんな例がネットに載っていました。直接言う場合です。


電車内で動き回る子ども。親は「静かにしなさい」というだけで効果なし。そこへ女子高生が、その子どもに話しかけて(以下、要旨)


君はかっこいい男の子だよね、
かっこいい男の子は他の人に迷惑をかけないんだよ、
かっこいい男の子はきちんと座ることができるんだよ、
約束しようね、


というような内容でした。

投稿日時 - 2015-07-08 12:18:42

お礼

教室便りのアイディアは素晴らしいですね。うちも不定期で出していますが、
テスト結果、今後の予定など事務的内容がメインになっていましたので、
構成を見直してみます。確かに、子供の日常の素晴らしい面を紙面で保護者に知っていただき、子供に間接的に伝わると子供もやる気を出しますね。

男子は競うことが好きですね。うちは算数ではないのですが、
せっかくの少人数グループ授業ですので、他のお子さんと切磋琢磨できる
ようにゲームも取り入れ参加型の授業にしています。

授業に活気はあるのですが、やんちゃな子が羽目を外しやすい環境でもあります。

やんちゃなお子さんは頭ごなしに叱るのではなく、違った角度から
攻めた方が効果がありそうですね。女子高校生のカッコいい男の子作戦、面白いです。

有難うございました。大変参考になりました。

投稿日時 - 2015-07-10 00:40:25

ANo.1

一人っ子育ちの親が増えたせいなのか、周りに注意される事がなくなった子供時代を過ごした親が増えてせいなのか、自分の望まない環境へのガマンが出来ない親世代が子育て真っ最中なんでしょう。
「切り捨て」と捉えると非常に納得がいかないかもしれませんが、周りに迷惑をかける行動をすると、やがては自分の身に返ってくると知らせるいい機会なのでは?と思います。

投稿日時 - 2015-07-08 06:21:32

補足

私は包み隠さず「周囲に迷惑をかける行動により、保護者からのクレームがありました」と伝えるようにしています。クレームがなくても、問題行動があると早期の段階で具体的に保護者に伝えています。

しかし、殆どの保護者の方が謝罪よりもまず「学校の懇談では特に問題ないと聞いているので、習い事で周囲に迷惑をかけるのは信じがたい。どなたがクレームを言ってきたのか?」を逆切れ気味で質問してきます。
自分のお子さんの迷惑行動が受け入れられない
お母さんたちには参観していただくのですが、子供は親の前では優等生です。

学校で問題ないというのも信じがたいのです。担任の先生も、
一年間受け持ったら次の先生にバトンタッチだし、自分が我慢できる程度なら
波風立てるのが面倒だから保護者に伝えていないのかな?という不信感さえ感じます。

なぜなら、学校で同じクラスの生徒さん達は口をそろえて「○○君は学校で暴れて
毎日注意されている」など、教えてくれるんですよね。
なのになぜ?保護者には「人懐っこいお子さんでクラスのムードメーカー」としか伝えないの?本心なのか、建前なのか。

私も子供を複数育てた身なので、子供を立派に育てようと必死なお母さんの気持ちもわかります。人さまの子育てに踏み込める立場ではないので
指導者として一線を超えないように
毅然とした態度で接してはいるのですが、納得いかないことが多く
悶々考えることが以前よりはるかに増えました。

投稿日時 - 2015-07-08 08:59:52

お礼

ありがとうございます。

欲望を満たすために、周囲に守られて育った世代が
お母さんとして必死に頑張っているのですね。

アメリカみたいに些細なことで告発する社会になってしまいそうで
少し不安です。

投稿日時 - 2015-07-08 09:05:50

あなたにオススメの質問