みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人事業主とバイトの両立の税金について

バイトは年間103万未満なら所得税はかかりませんよね。
いままではバイトしかしてなかったんですが、最近個人事業主で起業しました。

別にバイトも二箇所で働いてます(年間100万以下

つまり個人事業主+A店バイト+B店バイトです


この場合、税金はどうなるんでしょうか?バイトの収入はいくらまで所得税はかかりませんか?

僕が恐れてるのは個人事業主になったことによってバイトの収入の所得税が高くなることです(いままでバイトの収入が年103万未満まで非課税だったのにこのラインが下がるなら死ねます

投稿日時 - 2015-06-29 00:10:23

QNo.9002709

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

個人事業主の所得は事業所得、バイトでの所得は給与所得になります。
バイトの103万円のラインは、給与所得控除の最低限度額65万円と基礎控除38万円の合算で、給与所得は最低でも103万円の控除があるためです。
最終的には合算した所得から、色々な所得控除を差し引いても所得が残った場合に所得税が課税されます。
ですので、バイト収入で所得税がかかるかかからないかは、全体の所得次第です。

なお、個人事業主の所得を主たる所得とするのであれば、二つのバイトは従たる所得になり、源泉徴収が必要になります。(これは103万円のライン関係なくかかります。)
最終的に所得税がかかるほどの所得がなければ、確定申告を通じて還付されることになります。

投稿日時 - 2015-06-29 09:40:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

アルバイトとか関係なく、あなた個人としての「収入」によって税金額が決まります。
つまり、バイトA及びBと個人事業で得た全ての収入が103万円を超えたら所得税がかかります。

個人事業を始めたのであれば、もちろん確定申告をする必要も出てきます。そのため事業の総収入が=あなたの収入ではありません。
事業総収入-経費でプラスになれば収入となります。このあたりは経費などをよく勉強してください。

ですので、当然ながらバイトの収入ラインを下げなければ所得税はかかります。個人事業で50万円の収入があれば、バイトは53万円までがギリギリのラインとなります。
(源泉徴収等で還付があるとギリギリだと超える可能性があります)

投稿日時 - 2015-06-29 00:29:20

あなたにオススメの質問