みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

心療内科で内服中のお薬と病気について

私は今年の2月から1-2週に1回心療内科を受診しています。
受信するきっかけは不安感、食欲不振、不眠、情緒が不安定で毎晩涙がでて止まらない、自分のことを肯定できず何事にも悲観的になるなど、いつもの自分なら立ち直っているはずなのに、なかなか気持ちが持ち上がらず、仕事に支障がでるのではと心配になり心療内科の扉をたたきました。

初めは不安感と不眠に対して、ドグマチールとメイラックスを就寝前に1錠ずつ飲み始めましたが、日中の眠気とドグマチールの副作用(高プロラクチン血症)が出現したため薬剤が変更になりました。

変更後はコントミン、ワイパックス、レンドルミン、頓服薬でデパスが処方になりました。

しかし、不安感などが緩和されずどんどん症状が悪化してしまい、何を考えてもマイナスにしか考えられず気分の落ち込みがひどかったため、2日前からまた処方が変わって、
デパス0.5mg1錠を1日3回
コントミン12.5mg1錠、ワイパックス0.5mg1錠、レンドルミン0.25mg1錠
、アモキサン10mg1錠を就寝前
に飲むことになりました。

現在内服薬は5種類と少し多いような気がします。病名はまだ知りません(聞いたりしたこともありません)。ちなみに、仕事は看護師です。新卒でNICUに配属され3年目になります。
心療内科で処方される薬の量ってこんなものですか?薬がやめられなくなったり、薬の飲み過ぎで肝臓とか悪くなったらと心配になりました。薬だけがどんどん増えるので病名も気になりますが、聞けば教えてもらえるものでしょうか?そもそも病気なのかもわかりませんが。次の受診は1週間後なので、そのときに相談してみようとも思いますが、それまでの間、気になって仕方ありません。相談といってもいつも思ってることうまく伝えられず不完全燃焼で診察が終わっちゃいます。。。

支離滅裂な文章ですみません。
体験談でも構いませんので、ご回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-06-20 19:08:47

QNo.8997738

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

ANo.1です。

まず、医療従事者が職業上責任を負う相手は、患者さん本人又は患者さんのご家族です。
さて、精神疾患は気分の落ち込みや集中力の低下などが伴います。

つまり、集中力が低下した状態でご質問者様が医療行為を行えば、医師から指示された薬剤ではない薬剤を間違えて投薬してしまう医療事故を起こしてしまう可能性が考えられます。

つまり、結果として一人の人間の人生を狂わせる可能性(最悪の場合は患者さんが「死亡」ということもあり得ます。)もある仕事をしているご自覚があれば、いくら職場が人手不足でも「休暇」を申し出ることを決断するはずです。

投稿日時 - 2015-06-28 21:35:22

お礼

適切なコメントありがとうございます。
今主治医と病棟師長と取り合って休暇を交渉中です。
できれば休みたくないという私の身勝手な気持ちが誰かを傷つける前に、正しい決断ができるといいです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-07-11 08:22:15

こんにちは

私は精神科にお世話になっています。
今日も先生にいろいろとお話をしました。
自分の心の状態を漏らさずに全てお話します。
先生を信頼しています。
処方箋も最少限度です。

昨年の9月から通院しています。
お薬はその都度、先生が詳しく説明してくれます。
先生は「何かあったらすぐに電話をして」と言ってくれます。
とても安心します。

どんなことでもお話をしてみては如何でしょうか?

投稿日時 - 2015-06-22 16:48:38

お礼

ステキなお医者様ですね!私も先生を信頼していないわけではないのですが、なかなか、うまく言葉にして伝えられないんですよね。先生の前に行くと緊張しちゃって、しかも、診察の順番が近づいてきただけでドキドキしちゃうんですよね(泣)そんな自分がいやでなりません。

投稿日時 - 2015-06-23 11:41:24

ANo.6

薬だけで、不安感などの症状を治すことはできません。
なので、認知行動療法などを組み合わせる必要があります。

看護師ならば、認知行動療法について、調べてください。

投稿日時 - 2015-06-21 07:42:54

お礼

そうですよね。薬に頼るというよりは、自分の行動、考え方などを変えていかないと治るものも治らないですよね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-06-21 16:36:56

ANo.5

病名は多分ですけど、急性期のうつ病ですね。

>1-2週に1回心療内科を受診しています。
頻繁に通ってますね。薬の選定をされてるんですかね?


>現在内服薬は5種類と少し多いような気がします。
普通ですよ。

>仕事は看護師です。新卒でNICUに配属され3年目になります。
病気の治療に専念するために3ヶ月ほど休職した方が良いですよ。


病院で医師に『自立支援(精神通院)は申請できますか?』と聞いてみてください。
できます。と言われたら症状として重度ですので、本気で休職を考えてください。

投稿日時 - 2015-06-21 01:57:50

お礼

やはりうつ病なんですかね。
薬は普段あまり飲まないので、5種類がとても多く感じてしまいました。普通なのであれば安心して飲めます。
休職も考えていますし、師長からも休んだ方がいいかと聞かれましたが、決断に迷っているところでした。現在、看護研究を複数人でやっているのですが私が休んでしまいと大変迷惑がかかるのではと、踏み切れずにいます。きっとこの考え方が良くないのだとは分かってはいるのですが。周りの反応が気になって仕方ないのです。
自立支援のことは次回の受診時に聞いてみます。正しい決断につながるといいですが。
回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-06-21 16:45:23

こんばんは。

医師の治療思想によって投薬量が大きく変わり、その思想は2つに分かれます。

一つ目は、患者さんの相談内容、状況を医師が把握して、最初は少量の投薬から始めて患者さんの様子を見ながら、薬の効果が少ないと判断されれば、徐々に投薬量を増やしていく方法です。昔はこの方法を嫌味を込めて「逐次投入。」などと言って揶揄されていたものです。ですが、現在では、この方法で治療を進める医師が圧倒的に多いはずです。

二つ目は、最初から多めの投薬をしながら治療を始め、患者さんの状態を見ながら徐々に投薬量を減らすというものです。この方法は、患者さんがこれ以上の投薬を望まず、自ら薬の量を減らす意志があることと、医師にも減薬をしていく自信があることが前提になっています。この治療方法はすぐに効果が表れるものの、減薬という壁があるため現在ではあまり用いられることがないようです。

私がうつ病を患ったときには後者(二つ目)の方法で治療が行われました。最初に処方された薬はあまり書きたくないのですが、トリプタノール、テトラミド、セロクエル、ベンザリン、ロヒプノール、レンドルミン、ドグマチール、ソラナックス、ハルシオン、アモバン、デパス、ネルボン、デシレル、ヒベルナ(・・・あとはもう覚えていません。)などでした。(飲み込むのが大変でした。)

これらの大量の薬を3ヵ月間服用していましたが、うつ病が完治して不眠症だけが残った現在は、ハルシオン、ロヒプノール、ヒベルナの3種類だけ服用している状態です。しかし、こうして書くだけなら簡単なことなのですが、当初は自分は薬漬けになるのでは?と質問者さんと同様に不安になったものです。

今、私が薬漬けになっていないのは、自ら積極的に減薬に取り組んでいたことと、主治医を信頼していたからだと思います。ただ、私が大失敗をしたのは、投薬を開始した時点で、医師から、「薬とアルコールを一緒に飲んではならない。」という、たった1つの指示を無視したことです。

そのせいで2年前に健忘症を患ってしまい、認知症の老人と同じような状態になってしまいました。しかし、健忘症には健忘症の薬がありこれを服用していたら、2ヵ月で健忘症は治ってしまい、現在は普通の生活をしています。毎年定期健診を受けていますが、肝機能は至って正常です。血液検査も問題ありません。

上記が、<<薬がやめられなくなったり、薬の飲み過ぎで肝臓とか悪くなったらと心配になりました。>>の回答というか私の経験談になります。

次に、<<病名も気になりますが、聞けば教えてもらえるものでしょうか?>>の件になりますが、医師が患者に薬を処方する際には、病名をカルテに記入しなければなりません。病名が不明でも薬を処方するためには何らかの病名を医師が適当に考えてカルテに記入します。よって、もうすでに、質問者さんの病名がカルテに書かれているはずです。これを「教えてください。」と医師に問えば、答えてもらえるでしょう。

     お大事に。

投稿日時 - 2015-06-20 21:44:29

お礼

医師のことを信用することも必要なんですね。といっても、信用していないわけではないのですが。いつかは薬も減らせる時がくると信じて、ちゃんと指示通りに内服します。体験談聞かせていただきありがとうございました。
次回の受診の時に病名を聞いてみようと思います。

投稿日時 - 2015-06-21 16:49:12

ANo.3

こんばんは、とても辛そうなので少しでもアドバイスできればと思いました。
お薬けっこう多めですが、現在症状が安定してないようなのでお医者様は色々なお薬で様子を見ている状態なのでは?
確かに肝機能への問題もありますが、ストレスも肝臓へは良くないみたいなので、心配ごとは全てお医者様に打ち明けた方が良いですよ。
ちなみに私も通院したては、ドグマチール飲んでましたがこのお薬って、副作用で母乳が出ることがあるようです。
私は半端なく出ましたよ。
もしそれが嫌なら相談して変えてもらうのも良いと思います。
病名は先生に聞いて今の時点どういったものか教えてもらうといいと思います!
参考になれば幸いです。
辛い時は1人だと尚更不安だと思いますが、抱え込まずになんでも打ち明けてください。
質問したいことなどは、今では携帯があるのでメモ機能を利用してそのまま見せて良いと思います。
私はやってますよ~。

投稿日時 - 2015-06-20 21:34:21

お礼

お薬は探り探りに合うものを探し中という感じなんですね。アモキサンという薬を飲んだら少しだけ考えがマイナスから解放された気がします。
ドグマチールは私も乳汁分泌の副作用で中止になりました。
あと、診察の時にメモを持って行くのやってみようと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-06-21 16:53:54

ANo.2

>現在内服薬は5種類と少し多いような気がします。
>心療内科で処方される薬の量ってこんなものですか?
一見種類は多いですが、どれも少量のようですよ。
先生も、病状に効果があって、しかも仕事ができる程度の
薬と量を探りながら処方しているのが現状ではと思います。
わたしの母は統合失調症の薬と副作用止め、睡眠導入剤を
処方されています。一見種類は少ないのですが、
グラム数を見ると決して少なくはないと先生に言われました。


>病名はまだ知りません。
>聞けば教えてもらえるものでしょうか?
心の病気は表に出る症状は似たり寄ったりで、
病名をハッキリ「○○です」と言えるまでには
まだ情報不足で、時間がかかるかもしれません。
勿論、聞けば何らかの返事はしてくれますよ。
病名が知りたければ、症状をしっかり説明し、
根気よく通い続けるのが大事です。


>相談といってもいつも思ってることうまく伝えられず
>不完全燃焼で診察が終わっちゃいます
メモやノートに、箇条書きでいいので、
診察に間に合うように症状を書き連ねると良いです。
わたしも自分が心療内科にかかった時は
メモいっぱいビッシリ書き込みました。
待ち時間が長いわりに診療時間が短いんですよね、
だからボーッとしてたら診療が終わってしまいます;


内容は、睡眠時間、食欲、体重、薬を飲んでから変わったこと。
日常の不安なこと、人付き合いや仕事でのストレスについて。
看護師さんというお仕事は、ハードでストレスが多いようです、
仕事を今まで通り続けていても平気か、
薬の種類が多いと感じるのでしたら、それも
聞いてみたらいいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2015-06-20 20:19:31

お礼

種類は多くても一つ一つの量はそんなんでもなかったですね。病名もお薬も探り探りなんですね。とりあえず、次の受診の時に聞いてみるだけ聞いてみようと思います。
メモも書いてみようと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-06-21 17:05:42

ANo.1

まず、看護師さんなら、理解されていると思いますが、どんな病気でも共通しますが、完治させるためには「休養」と「治療」の両方が必要です。

つまり、休養(休職や休暇など)を取らずに「治療」することは無意味だと思われます。

そもそも、病気という診断がされているから、医療行為(投薬)が行われているわけです。
まあ、医師に病名を確認することと、ご質問者様がお勤めになっている病院に休暇届けを提出することをお勧めいたします。

投稿日時 - 2015-06-20 19:41:24

お礼

休みが必要なことは重々分かっているのですが、周りへの迷惑とかを考えるとなかなか、休ませてくださいと言えないものですね。こういう考え方がそもそもよくないのもわかっています。今すぐにというわけにはいかなくても、早いうちにお休みいただけるように努力したいと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-06-21 17:11:09

あなたにオススメの質問