みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文の和訳をお願いします!!

A crash cart is a cabinet containing equipment that physicians and nurses need when a cardiac arrest occurs (the heart stops beating). This is obviously a grave situation and requires immediate life-saving steps. These are some of the items found on a crash cart:
Defibrillator - This is an electrical device with two paddles that are placed on your chest. It discharges electricity through your heart when a lethal rhythm is present. The goal is to shock the heart back to normal. "Lethal rhythms" include ventricular fibrillation (rapid, unsynchronized, uncoordinated heartbeat) and ventricular tachycardia (rapid heartbeat that prevents the heart from pumping properly). It can also be used in less dangerous rhythms to return the heart to a normal rhythm.
Endotracheal intubation equipment - Endotracheal intubation is the procedure of placing a tube into someone's trachea (windpipe) when that person stops breathing or is not breathing adequately. The tube allows artificial respiration equipment to take over the job of breathing for the patient. The package includes tubes of different sizes and a laryngoscope -- a special light with a flat metal piece to lift the tongue out of the way so that a tube can be placed into the trachea.
Central vein catheters - These are catheters (small tubes) placed in the large central veins (near the heart) so that medications and fluids can reach the heart and important organs quickly.
•Cardiac drugs - During a cardiac arrest, certain potent drugs are required to restart the heart or return it to a more stable rhythm.
The most common lethal arrhythmias present during a cardiac arrest are:
•Ventricular fibrillation - Twitching of the ventricle (main chamber of the heart), as opposed to an effective contraction that pumps blood out of the heart
•Ventricular Tachycardia - Rapid contraction of the ventricle, producing insufficient blood flow out of the heart
•Asystole - Total absence of electrical activity and therefore no contraction of the heart
•Pulseless electrical activity (PEA) - Electrical activity of the heart but inadequate contraction of the heart
•Bradycardia - Various rhythms that cause the heart to beat so slowly that not enough blood is pumped out of the heart
Some of the drugs that are used to treat these arrhythmias are:
•Epinephrine - Used in ventricular fibrillation, pulseless ventricular tachycardia, asystole, PEA, and sometimes bradycardia
•Atropine - Used in asystole, bradycardia and sometimes PEA
•Lidocaine - Used in ventricular fibrillation and ventricular tachycardia
There are many other pieces of equipment that are used in an emergency department, including the chest-tube tray, which holds the equipment needed to put in a chest tube (a tube placed between the ribs and the lung to re-expand a collapsed lung), and an ear, nose and throat tray, which holds specialized equipment used most commonly for nosebleeds and to remove foreign bodies from the ear, nose, or throat.

投稿日時 - 2015-05-21 22:05:06

QNo.8979444

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおりお答えします。

クラッシュカートというのは、心停止(心臓の脈動が止まること)が発生した時に医師と看護婦が必要とする機器を載せたキャビネットである。これは明らかに重要な状況であり、即時の生命救助の段取りを必要とする。これには、クラッシュカートにある器具の幾つかが必要になる:
除細動器-これは、胸に置かれる2つのパドルを持つ電気機器である。致命的な脈動状況が現れた時に用いて、放電で電気が心臓を通るようにする。目標は、心臓に衝撃を与えて正常に戻すことである。「致命的な脈動」は、心室の繊維攣縮(急速で、同調せず、組織立っていない心拍)および心室の頻脈(心臓が適切な血液汲み上げを妨害するような急速な心拍)を含む。それはまた、心臓を正常な脈動に戻すために、さほど危険ではない脈動でも使用できる。
気管内への挿管機器-気管内の挿管とは、当人が呼吸を停止するか、または適正に呼吸しない時に、管を気道(気管)に設置する手続である。管は、人工呼吸機器が患者のために呼吸という作業を引き継ぐことを可能にする。パッケージには、種々のサイズの管と喉頭鏡-管が気道内に設置できるように、邪魔にならないところに舌を持ち上げる平らな金属断片がついている特別なライト-が含まれる。
中心的静脈カテーテル-太い中心的静脈(心臓近くの静脈)に設置されるカテーテル(細い管)で、医薬品や注入液が心臓や重要な器官へ迅速に到達できるようにするためのものである。

・強心剤-心臓停止の間は、心臓を再スタートさせるか、より安定した拍動に戻すために一定の強力な薬が必要になる。
心臓停止時間内の、最も一般的な致命的不整脈の露見は下記のとおりである:
・心室の繊維攣縮-血液を心臓から送り出す効果的な収縮と対立するような、心室(心臓の主要な隔壁室)のひきつり・痙攣。
・心室頻脈-心室の急速な収縮で、心臓外への血流不足を来たす。
・不全収縮-全体的な電気活動の不在、およびそれによる心臓の無収縮。
・無拍動電気活動(PEA)-心臓の電気活動はあるが、心臓の収縮が不十分。
・徐脈-脈拍が遅すぎて十分な血液が心臓から送り出されない状況を来たす脈拍で、速度差に幅がある。

これらの不整脈を治療するために使用される薬のうちの幾つかが下記のとおりである:
・エピネフリン(アドレナリン)-心室の繊維攣縮、無拍動の心室頻脈、不全収縮、PEA、および時々徐脈に使われる。
・アトロピン-不全収縮徐脈、および時々PEAに使われる。
・リドカイン-心室の繊維攣縮および頻脈に使われる。

そのほかに、緊急事態部門で使われる多くの機器があるが、それには胸管トレイも含まれる。これは、胸管(崩壊した肺を再拡張するために肋骨と肺の間に設置される管)を挿入するために必要な機器である。また、耳、鼻、および咽喉用のトレイも保持するが、これは最も一般的には鼻血のために使われる専門的な機器で、ほかに、耳、先端、または咽喉から異物を取り除くためにも用いられる。

以上、ご回答まで。

投稿日時 - 2015-05-22 19:54:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)