みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

この場合、私はいくらかかりますか?

私は今、パートタイムで働いていて、
2ヵ所から給与が出ています。
毎月多少差はありますが、1月~5月までで合計だいたい毎月100,000円ほどです。年で103万は越し、このままいけば130万未満です。

6月から、もう1ヶ所から収入が増える予定で、合計3ヶ所からになり、6月~12月までで月に166,000円くらいになります。

理由は、1ヶ所は正規にパート。残りの2ヶ所はどちらも身内の会社から。きちんと所属はしていて、顔も出しています。
ただ、時給に換算すると破格ということです。
問題点はここからで、年収にすると1,600,000円を少し越えます。
そして、今は主人の扶養ですが、金額的に外れることになるのは分かっています。
社会保険からも外れますよね。
私自身は、3つの会社のいずれにも社会保険に入ることができません。1ヶ所は時間数も足りないため、残り身内の2ヶ所からは、保険は入れられないと、言われています。

ということは、私自身が国民健康保険と国民年金を支払うということになりますよね?
103万、130万、140万の壁も越えてしまい、保険も自分で入らなくてはいけないということの認識で合っていますか?

この場合、家計にも損をすることになるのでしょうか。
うまく文がまとまらなくて申し訳ありません。
どなたか、ご教示ください。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2015-05-18 23:51:49

QNo.8977704

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

税金の計算ですが、給与所得がやはり有利かと思います。事業所得の概算経費率は廃止され全て記帳義務化になりました(青色申告とほぼ同等の記載義務)。
国保と国民年金は自己負担になります。国保は日雇健保に加入すれば一応は免れますが、健保としての効果は期待出来ず全額自費になります(社保本人・保険成立せず。保険料無くして保険給付無しの制度)。医療費控除は所得の5%が足切りライン。決して低いラインではありません。出来れば国保は加入した方がいいです。因みに国保保険料は前年の所得が市役所で集計される6月に最終確定します。だから4・5の2ヶ月は保険料徴収無しの自治体もあれば概算徴収して6月の本算定で精算の自治体もあります。
因みに社保扶養のラインは厳密には健保組合でも違います。一番厳しい協会けんぽの場合月収総額108333円以内は扶養可、108334円以上の月は扶養不可と決められています(年130万を月割り)。
支払節約を優先するなら年98万以内かつ月108333円以内に抑えるべきですが、がっつり稼ぐのも有効と思います。

投稿日時 - 2015-05-19 01:33:15

あなたにオススメの質問