みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

リクルート

昔リクルートで働いた人で自分で情報誌のようなフリーペーパーの会社を作りホットペッパーやタウンページのライバル会社ぐらいに成長した会社はないのでしょうか

投稿日時 - 2015-05-02 21:00:45

QNo.8967866

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ここに面白いデータがいろいろありますよ。

http://www.jafna.or.jp/freepaper/freepaper_3.html

私がまず注目したのは、「創刊時期」です。いつ発行された媒体が多いか。これを見ると、全体としては1994年以前に発行された「歴史あるフリーペーパー(マガジン)」が全体の1/4を占めています。
2011年以降創刊のものは、全体の8%をとなっています。

フリーペーパー(マガジン)が無料で配れるのも、広告収入があるからこそですが、その広告収入についての質問では、「出稿量の減少(40%)」、「単価下落/価格競争激化」「費用対効果の要望増加」(各37%)、「広告予算規模の縮小(35%)」という回答が出ています。
その広告料収入においては、2015年の見込みについて「増加すると思う」が13.8%であるのに対し、「減少すると思う」は26.8%とほぼ倍の回答となっていますね。

おそらく業界最大手はホットペッパーだと思いますが、その発行部数はWikiによるとピーク時に比べて半減かそれ以下に落ちているようですね。
理由はいうまでもなくIT化、スマホの普及です。今からどんなに頑張っても紙ベースのフリーペーパー(マガジン)でホットペッパーを上回ることは不可能でしょう。そのホットペッパーもここ1、2年はデジタル化を急速に進めていて、その点において他のフリーペーパーに対して非常に大きくリードしているといえるでしょうね。部外者から見ると、他社はリクルート(ホットペッパー)のIT強化を指をくわえてただ傍観しているようにしか思えず、今後はますますホットペッパーの独り勝ちになるのではないかなと思われます。

投稿日時 - 2015-05-03 11:48:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

リクルートには社内起業制度があるので、やめてから起業する人はいないでしょう。

投稿日時 - 2015-05-03 11:38:39

あなたにオススメの質問