みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

腹がたって

今年2月に皮膚の病気があるため、
都内の大学病院の形成外科に足の手術で入院しました。四人部屋に入りましたが、手術後、手術した足の抜糸をしてもらうのに、私は若いしたっばの女の先生がやり、同室でやはり足の手術した患者さんには主治医が抜糸したみたいです。私もその患者と同じ主治医です。患者に対し、主治医は皆平等にしてくれないのでしょうか?私の足の手術を主治医がしてくれましたが、そのあと入院中に1回だけ診て後は先生に任せっきり、同室の患者さんには主治医がみてました。差別ですよね。2ヶ月だったのにいまだに手術した足の状態よくありません。主治医がちゃんと見ないからと私は思っています。腹がたっています。

投稿日時 - 2015-04-28 08:01:00

QNo.8964978

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

こんにちは

ソーシャルワーカーのいる病院であれば
その方に相談を

投稿日時 - 2015-04-28 09:45:43

あなたが腹を立てているのは、足が治らない理由が
判らず、不安でイラついていることが根っこにあると
思います。

あなただって抜糸をしてくれる女医さんを「下っ端」
呼ばわり出来るような知識も経験も持っていないことは
ご自分で理解しているはず。

主治医の先生が偉い、その先生が見てくれないから
治らない、先生は他に患者を依怙贔屓する、私は被害者、
治らないのは先生のせい。

要約すると、そういうことを言っておられますが、元々
あなたは依存心が強い甘えた性格のご様子。

あなたには自覚が乏しいと思いますが、世間ではそれは
性格の悪さの代表的なものなんです。

いかがですか、もし、その性格ゆえに中々病気が治らないの
だとしたら。

根拠も何もないじゃない、と思うのは承知の上で申し上げます。

甘えた人と言うのは、自分は努力せずに他人に努力させて
自分には果実を寄越せ、と考えたがるものです。

義務や苦労は他人に、権利と利益は私に。

そういう性格は、ご自分で考えているよりも遥かに他人には
見えるものです。

見えると言うより、近寄りたくない「嫌な臭い」のような
オーラになって他人を遠ざけるのです。

代わりに近寄って来るのは、「そうだ、お前は悪くない、
悪いのは奴らだ、お前は奴らを糾弾して従わせる資格がある」と
そそのかす悪性の得体のしれないものです。

「魔に魅入られる」という訳です。

主治医の先生があなたよりも素直で感謝の気持ちを持つ他の患者に
知らず知らず引き寄せられているとしても、それは先生の罪でなく、
あなたの「人間的として嫌な臭い」のせいかも知れません。

少なくとも、ご質問通りの態度を取っておられるなら嫌われても
仕方ないかも知れません。

あなたは「医者の義務だろ!」と命令したい気持ちになるかも
知れませんね。

治ったら治ったで「医者なんだから直して当然だろうが!」と
思うでしょう。

不思議なもので、人の体と言う物は心の影響を強く受けます。

他力本願でなく、自分こそが自分の人生の主だ、と考えられる人は
自分の人生の責任者は自分だ、ということを理解しています。

でも、世間や他人に甘えた人は、自分の中の生命力のレベルを
自力で引き上げる意志に乏しいことが多いのです。

他人が自分を元気にさせる義務があると思い込む裏側には、
他人と自分をいつも比べて、どうせ何やったって大した人間に
なれないんだから、と自分を低く見る・・・自分に投げやりというか、
自虐的と言うか、自己評価が低い人が目立ちます。

だから、その裏返しで「自分はどうせダメな奴なんだから、あんたたち
周りの人間がしっかりしなきゃいけないだろう!」と考えてしまう。

、なんてことはありませんか?

あくまで、良くある話、一般論を書いてるだけですが、もしあなたに
思い当たる節が5%でもあるなら、私はあなたが自分で考えているほど
無力でもバカでもないと伝えたい気持ちです。

病気にしても怪我にしても、超人的な能力を持つ先生が、魔法の様に
パパパッとスゴ技と最新医療で治してくれる、訳じゃありません。

基本、生き物の体は自分で自分を治そうとする、極めて高度な仕組みを
持っていますよね。 あなただってご存じのはずです、知識の上では。

医療は、体が自分で治癒しようとするのを手助けしてあげること、
その障害となる物を取り除いてあげることが本来の姿です。

無論、臓器移植や、破壊された器官の再建術などは到底自然治癒には
起こり得ないものですから、医療の力も物凄いものであることは
間違いありません。

でも、病気が治るのに必要なものは薬や手術だけではありません。
それらはもしかすると主役でさえ、無いのかも知れないのです。

術後の状態が悪いと言うことは、感染症を起こしているのかも
知れないし、食物の好き嫌いや過去の不摂生が元で、体が自然治癒
しようとする仕組みを阻害しているのかも知れません。

気力すら、あるとないとでは大違いです。

私はね。

あなたは自分で自分の病気を治そう、と心では思っていないのでは
ないか、とさえ感じているのです。

医者に治させたい、ではなくて、単なる言葉の綾でもなくて、
あなた自身が、言わば主治医として「何とかして、治す。」と
思う気持ちが少ないのではないかと、ね。

どういう機序で、精神的に自立した人間の体の組織の治癒力が
高まるのかは、実際のところまだまだ謎です。

でも、悪い状況を他人のせいにして引っ込み思案になり、
内心では自虐的な被害者意識と劣等感から自信を持てず気力が湧かない
人に比べて、精神的に自立した人、自分の体は自分で治してやる、と
考えている人の生命力には明らかに差があります。

睡眠、栄養状態、運動、患部の清潔さの維持、そういったすべての
バランスを取っているのも精神ですが、それ以上に何か、実際に
肉体に及ぼされている何等かの力-----が、やはりあるように
思えてなりません。

陰を引き付けて陽を遠ざける今までのあなたの精神状態を、
陽を引き寄せ、陰を退ける方に、自力本願な生き方の姿勢に変えて
見ませんか?

長い入院だって、鬱々と過ごすのと、長い人生の間に労働の義務を
猶予されている自由時間と考えれば、学習でも研究でも色んな事が
出来ます。

だから、もし あなたに私の屁理屈が少しでも届くなら、他人を恨む
気持ちの底に潜む、自信の無さ、悪い方に考えてしまって身が竦む
後ろ向きの性格のあなたとは別に、あなたを応援し、自信を持てと
言ってくれる「心の中で造った、もう一人の”陽のあなた”をこしらえて
見てください。

そんなに難しいことじゃないです。

あなただって、子供の頃、おままごとをしたでしょう?
自分の中の人格を違う役割を持つ複数のキャラクターをバーチャルに
「起こす」ことは普通にしていたはずです。

パパの役、ママの役、子供の役。

一つ、ままごとと違うのは、「こういう性格だったらいいなあ」という
モデルを見つけて、こうありたいもう一人の自分、をデザインすることです。

あなたを応援してくれる、励ましてくれる人を近くに呼び寄せなければ
モデルに出来ないじゃないですか。

中々前向きになれない時は、なれない自分はそのままとっといて、
もうひとり作るんですよ。

ちょっと子供っぽいかも知れないけど、ぬいぐるみやフィギュアでも
写真でもイラストでもいいから、その性格を与える「依代(よりしろ)」、
霊性を憑依させるものを具体的に使うといいかも知れません。

あなたがデザインした、理想的な強いあなたの人格を移植された、
もう一人のあなたとなる、依代。

指輪や腕輪などの身に着けるものでもいい。

あなたはもっと自他共に応援されて元気を出すべきだと思います。

そうしているうちに、セカンドオピニオンを求めて他の病院に行ったり、
検査で見落としていた、治らない原因が見つかる可能性だってある。

それらは全て、あなたが元気出せれば開ける扉です。

私には、暗くならないで元気出して、としか言えないけれど、
あなたに出来ることは山ほどあると、伝えたいです。

Good Luck!!

投稿日時 - 2015-04-28 09:25:36

ANo.1

同意する意見をご希望でしょうが、これは完全に質問者の言いがかり。抜糸に下手も上手もありません。手術後の経過が良くないならそれは病状の問題か手術の問題。下っ端を屑呼ばわりして教授や執刀医に媚びまくる人いますけど、正直周囲から見てると失笑ものですよ。クレーマー扱いされると担当医からも大切にされません。謙虚な態度で主治医に相談することですね。抜糸した女医に問題はありません。

投稿日時 - 2015-04-28 08:24:25

あなたにオススメの質問